ロボット魂 ダブルオークアンタ(トランザムVer.) レビュー
ROBOT魂 ダブルオークアンタ(トランザムVer.)のレビューです。
P00_5530P00_5534
全身。造形は普通のクアンタと変わりなし。ジンクス4と同じくメタリックカラーでトランザムを再現。
P00_5537
GNドライブやシールドなどクリアパーツの部分はグリーンからイエローに。
P00_5542
メタリックレッドはジンクス4とほぼ同じですが今回の方が微妙に青みが減ったような色になってました。
P00_5547
GNシールド。クリアイエローは明るめの色合いで発光してるようトランザム状態をうまく表現出来てると思います。
P00_5562
ツインドライブなどギミック面は変わらず。
P00_5527
オプション。
P00_5553
GNソード5を装備した状態。
P00_5556
GNソード5、ソードモード。
P00_5611
ライフルモード。
P00_5673
バスターモード。
P00_5723
バスターライフルモード。
P00_5727
付属のフレームにGNソードビットを取り付けた状態。魂ステージは別売り。
P00_5729
オリジナルギミックのビット用刃パーツが付くのもノーマルと同じ。
P00_5570
一応ブラックライトを当ててみましたが当然クリアの部分しか反応しないのであまり意味はなし。
P00_5552
造形はクアンタと変わらず。塗装はジンクス4とほぼ同じでした。
P00_5608
適当に何枚か。
P00_5628
クアンタ自体は3年前に出た物ですが元々かなり出来いい方だったので可動もそんなに見劣りする部分はなかったです。
P00_5623
スタンドジョイントを差すと股関節はちょっと窮屈になりますが、首や肩周りなどよく動き腰も回るので特に不満はなし。
P00_5617
ただ大部分がメタリック塗装なので動かす時は塗装剥げに注意した方がいいとか。
P00_5809
トランザム表現はやはりこの塗装表現が一番劇中のイメージに近い気が。
P00_5858
クアンタは登場シーン自体が短くトランザムするシーンはほんの僅かでしたが…
P00_5666
最後はバスターモードで。
ROBOT魂 ダブルオークアンタ トランザム レビュー
終わり。以上、ROBOT魂 ダブルオークアンタ(トランザムVer.)のレビューでした。

ジンクス4と同じメタリック塗装によるトランザム表現が美しく、クアンタは発売されたのは3年も前ですが造形などは元々かなり良かったこともあり今でも特に見劣りすることなく格好良かったです。
可動も気になるのはスタンドジョイントを付けた時に股関節が動かしにくくなるくらいで他は最近の物に比べてもそんなに変わらず、ギミックなども豊富でプレイバリューも十分でした。
00の劇場版機体はクアンタだけやたらとバリエーション豊かで今回のトランザムで劇中出てきた全ての状態を出しきりましたがそろそろ他のガンダム3機なんかも出て欲しいところです。

ROBOT魂 バーザム、Gファルコン、シャドウ(狙撃仕様)、アレクサンダType-02(リョウ機&ユキヤ機)など(魂ウェブ商店)



ROBOT魂 -ロボット魂-〈SIDE MS〉ガンダムデスサイズヘル
ROBOT魂 -ロボット魂-〈SIDE MS〉リーオー(飛行ユニット装備)

スーパーロボット超合金 マジンカイザー(あみあみ)