ROBOT魂 グルーン レビュー
ROBOT魂 グルーンのレビューです。
P00_7274P00_7281
全身。HM特有の奇抜なデザインで頭部の角や肩など非常に鋭角的。色やプロポーションもほぼ劇中のイメージ通りでした。
P00_7297
顔。見るからに敵メカという感じの悪魔みたいなデザイン。ケーブルの作りはカルバリーテンプルなどと共通。
P00_7294P00_7290
角の独特な形状もきっちり再現。逆さに落としたら確実に破損しそうなくらい鋭く尖ってました。
P00_7301
各部位など。胸部左右はメタリック塗装。全体的につやが整えられてるようで質感も良好。
P00_7307
腰回り。いつも通りケーブル用の穴が3つ。
P00_7283P00_7285
腕や足。肩は水色部分がBJ、緑が軸可動。肩関節も新しくなってますがそこ以外は他のHMと大体同じでした。
P00_7315
前腕にはセイバーを収納。腕を曲げると先端が浮き上がり取り外せる仕組みに。
P00_7309
背中。ケーブルは可動を妨げないように軟質素材。
P00_7271
オプション。
P00_7313
ロングスピア。バッシュについてた物と同じようですが今回は接着されておりバラすのは不可。
P00_7354
バスターランチャーも付属。こちらは色以外はいつもと同じ。
P00_7420
今回は付属してませんがカルバリーテンプルのパワーランチャーを取り付けることも。
P00_7326
サイズはバッシュやエルガイムと大体同じ。
P00_7409
適当に何枚か。
P00_7411
基本的に常にロングスピアを持っててあまり使ってなかった気がしますがセイバーも装備。
P00_7418
パワーランチャー。元々腕からビームが出るのでこちらもほとんど使ってなかったような。
P00_7395
胸から鉄球みたいなのが飛び出す武器までは流石に再現されてなかったです。
P00_7388
可動はバッシュのような引き出しはないですが肩と胴体それぞれにBJが仕込まれてて柔軟に動きます。
P00_7359
スピアの両手持ちも楽に。胴体はエルガイムのように大きくスイング可能。
P00_7352
股関節や足首など下半身はこれまでと特に変わりなし。ただ太腿側面のサイドアーマーが外れやすいのは厄介でした。
P00_7335
接地性はそこまで高くないですが踵の爪が動くので安定感はばっちり。
P00_7455
エルガイムと対決。大体リィリィの専用機みたいなイメージでしたが最後の方はわらわら大量に出てきて価値が薄れた感が…
P00_7471
急所の股間を狙い撃ち。
ROBOT魂 グルーン レビュー
終わり。以上、ROBOT魂 グルーンのレビューでした。

カラバリやリデコが多いHMシリーズですが今回は久々の完全新規でほぼ劇中の印象通りのプロポーションや鋭角的なフォルムが再現され、微妙に古さを感じさせるような水色の色合いや安っぽさのない質感などどこも非常によく出来てました。
可動も太腿横のアーマーが外れやすかった点だけ惜しかったですが、肩関節が新しくなってこれまで以上に動かしやすくなり、背中のケーブルも軟質素材なので腰の回転も妨げず、各関節の硬さもちょうど良くて遊びやすかったです。
SIDE HMはかなりのんびりしたペースで続いてますが今後も今回のグルーンと同じく登場シーンの多かったオージェや同じA級で終盤目立ってたアトールあたりなんかも続けて出して欲しいところです。

ROBOT魂 バーザム、Gファルコン、シャドウ(狙撃仕様)、アレクサンダType-02(リョウ機&ユキヤ機)など(魂ウェブ商店)



ROBOT魂 -ロボット魂-〈SIDE MS〉ガンダムデスサイズヘル
ROBOT魂 -ロボット魂-〈SIDE MS〉リーオー(飛行ユニット装備)

スーパーロボット超合金 マジンカイザー(あみあみ)