Portrait.Of.Pirates NEO-DX 鷹の目 ミホーク Ver.2 レビュー
POP NEO-DX 鷹の目 ジュラキュール・ミホーク Ver.2のレビューです。
P00_7895P00_7889
全身。Ver.2ということでサイズや等身のバランス、ポーズなど色々と今風の基準に変更。
P00_7901P00_7896
ポーズはマリンフォード編で白ひげを迎え撃つ時の腕組みで原作の雰囲気そのままな感じ。
P00_7903P00_7908
4年も経ってるだけあって造形塗装の質も大幅にグレードアップし以前の物とは全く別物といっていい仕上がりになってました。
P00_7910P00_7916
原作に出てきた帽子を外した状態の頭部も付属。
P00_7922
別の腕パーツも付属し剣を持たせることも。首もボールジョイントで動かせます。
P00_7927
ただ肩や手首は動かないのでポーズは固定。
P00_7947
顔。細かく見ればヒゲが完全に左右非対称じゃなかったりといったこともありますが肉眼ではほぼ気にならず。
P00_7957P00_7955
瞳孔のみメタリックになってるなどアイプリもかなり気合が入ってて顔自体も元絵の印象そのままでした。
P00_7951
下から。角度によっては若干寄り目気味に見えることも。
P00_7969
帽子をとった状態の別頭部。
P00_7961P00_7967
原作に比べると若干髪のボリュームがアップしてる気もしますがこちらも出来に関しては特に問題なかったです。
P00_7973
各部位など。ペンダントは以前と同じく別パーツで着脱可能。襟元や袖の柄は色使いなど以前より見映えが向上。
P00_7976
腰回り。ベルトのバックルもディテールアップ。
P00_7981
脚部も以前より太くなりピシっと生地が張ったような造形も相まって力強さが増した印象。
P00_7984
ブーツは光沢仕上げになり質感もメリハリがついた感じに。
P00_7986
黒刀・夜は背中に装備。柄の凹んだ部分が塗り分けられより立体感が強調。
P00_7883
オプション。
P00_7935
腕パーツを交換してペンダントを外した状態。筋肉の造形なども完璧。
P00_7930
黒刀・夜。以前ほど派手ではないですが今回も光の加減によって緑と紫に色が変わる独特な塗装表現に。
P00_7938
ペンダントの仕込み刀と専用の持ち手も付属。
P00_8100
台座。こちらも剣と同じ光加減で色が変わる仕様。
P00_7943
元にした原作の絵柄自体が変わったこともありますが以前の物とは何から何まで別物に。
P00_8104
sailing againのゾロと並べても違和感のないサイズに。
P00_8001
適当に何枚か。
P00_8012

P00_8025

P00_8083

P00_8067

P00_8054

P00_8041

P00_8028

P00_8040

Portrait.Of.Pirates NEO-DX ミホーク Ver.2 レビュー
終わり。以上、POP NEO-DX 鷹の目 ジュラキュール・ミホーク Ver.2のレビューでした。

以前の物から4年も経ってるだけあってサイズやプロポーション、造形塗装の質など何から何まで全くの別物といっていいくらいグレードアップしており個人的にはこれまでのPOPの中でもトップクラスの格好良さに仕上がってました。
顔自体が原作のイメージ通りでアイプリも凝ってたり、ポーズも理想的でオプションもほどよい量で上手くまとめられてたりと今の時点でのミホークの立体物としては決定版と言っていい出来に仕上がってると思います。
最近は原作で長らく出番がないこともあってか出来良いわりにローの時みたく品薄ということもないようなのでミホークが好きな人ならかなりオススメです。

Portrait.Of.Piratesワンピース“LIMITED EDITION” センゴク11月8日13時~(メガトレショップ)



エクセレントモデル Portrait.Of.Pirates ワンピース NEO-DX “鷹の目”ジュラキュール・ミホーク Ver.2
Portrait.Of.Pirates ワンピース“EDITION-Z”ロロノア・ゾロ
Portrait.Of.Pirates ワンピース“MAS”トニートニー・チョッパー ホーンポイント(あみあみ)