HG ガンダムX魔王 レビュー
HGBF ガンダムX魔王のレビューです。
P00_8114P00_8118
全身。パッと見はGXとそんなに差は無いように見えますが頭部や肩、腰、膝、リフレクターなど意外と新規部分が多め。
P00_8137
顔。色使いやアンテナの形状など微妙に面影は残しつつも全く新しくなっておりGXより曲線的なシルエットに。
P00_8131P00_8128
アンテナはよりX字に近い形にしたとか。額や頬部分の水色、ダクトの黒などシールは結構多かったです。
P00_8139
各部位など。胴体はGXそのままでした。
P00_8144
腰回り。この辺りはほぼ新規でアーマー類が大きめに。水色部分はシール。
P00_8121P00_8124
腕や足。腕は前腕以外のほぼ全て、脚部は膝とスネ側面が変化。肩が大きくなったことでマッシブな体格に。
P00_8152
背中もバックパックからリフレクターまで全て新造。サテライトキャノン含めそれぞれ角度が変わってるので印象もだいぶ変化。
P00_8173
リフレクター基部は可動式で向きや角度など自由に変えることが。開くだけで展開も出来ます。
P00_8160
ハイパーサテライトキャノンは多重関節のアームで接続。
P00_8164
先端をスライドさせ基本の展開状態に。2箇所のグリップを掴むという独特な持ち方。専用の角度が付いた左手首も付属。
P00_8168
アームは長めで柔軟に可動するのでGXと同じように肩に構えることも。グリップは後ろ側は軸可動、前側は前後に可動。
P00_8177
ビームソードはサテライトキャノンの後ろに、サーベルはバックパック左下に装備。
P00_8111
オプション。
P00_8371P00_8374
ライフルを装備してアームの位置を調整した状態。
P00_8183
シールドバスターライフル、ライフルモード。こちらはHGAW GX付属の物と同じ。
P00_8188
シールドモード。
P00_8190
バルカンポッド。ノーマルGXの流用で肩と脚部のマウントラッチを開いて接続可能。
P00_8194
ミサイルポッド。こちらは新規で取り付け方はミサイルと同じ。
P00_8378
GXと並べてみるとシルエットや細かい部分が色々変化。青の成型色はノーマル、ディバイダーのどちらとも違ってました。
P00_8203
適当に何枚か。
P00_8207
可動は新型ポリパーツではないものの元々のXが良かったので最近の物と比べてもそんなには見劣りせず。
P00_8211
ビームソード抜刀。サテライトキャノンが鞘のようになってるいうのがなかなか面白いです。
P00_8219
肩が引き出し式で腰もよく回るので近接戦ポーズもばっちり。
P00_8228
普通のサーベルも付属。ガンダムXのMSがサーベル持ってるというのは新鮮な感じが。
P00_8367
ミサイルポッドやバルカンポッドは各部のマウントラッチに。
P00_8234
こちらは劇中未登場でしたがちゃんと戦うときには出てきそう。
P00_8256
プラフスキー粒子を圧縮して放出。
P00_8265
スーパーマイクロウェーブ受信。
P00_8269
何でもスーパーとかハイパーつけてるのかと思ったらスーパーマイクロウェーブは公式設定だそうで。
P00_8286
ハイパーサテライトキャノン。
P00_8301
取り回しやすいアームと専用の左手首のおかげで保持も安定。
P00_8313
肩に乗せて構えるポーズも普通に。
HG ガンダムX魔王 レビュー
終わり。以上、HGBF ガンダムX魔王のレビューでした。

まだ本編が始まる前にガンダムX魔王というネーミングだけ見た時はやばそうな雰囲気が漂ってましたが、実際はガンダムXをベースに普通に格好良い改造がなされてて名前から受けるイメージとは全く違った正統派な感じに仕上がってました。
流用部分もそこそこあるものの頭部や肩など目立つ部分が新規になっており、可動も特に古さを感じることもなく、劇中でも出てきたばかりということもあって満足度高かったです。
本編の方もガンプラメインでダンボール戦機みたいな話になるのかと思ったらギャグの割合がかなり高く突き抜けた内容で面白かったので今後の展開にも期待です。

PG ガンダムアストレイ ブルーフレーム 、BB戦士 LEGENDBB 武者號斗丸(最終決戦Ver.) (プレミアムバンダイ)



HGBF 1/144 ガンダムX魔王

HGBF 1/144 ビルドガンダムMk-II

HGBF 1/144 ウイングガンダムフェニーチェ(あみあみ)