SHF ブルースペイダー レビュー
S.H.フィギュアーツ ブルースペイダーのレビューです。
P00_0193
全体像。ブレイドと同じく完全新規ということでカラーリングや全体のシャープな造形など劇中再現度の高い仕上がり。
P00_0197
色数が多くクリアパーツもふんだんに使われ非常に派手。
P00_0202P00_0208
ハンドルは可動しますがカウルは固定。少し玩具っぽさはありますがブレイドに合ったデザインでなかなかの格好良さ。
P00_0212
上から。シートは赤という変わった色使い。
P00_0213
下から。今回スタンド用のジョイントがないので底に穴でも開けてくれてれば良かったんですが。
P00_0224P00_0217
各部位など。フロントカウルはブレイドと同じ尖った形で下部分のライトとともにクリアパーツで再現。
P00_0228
計器周りのディテールはちょっとチープですが、カード挿入口のモビルラウザーはきっちり再現。なおハンドルは硬質パーツ。
P00_0231
エンジン部分は細部までリアルに再現され精密な見た目に。
P00_0234
反対側。チューブなども細かく再現。
P00_0240
シート。赤色で絨毯のような品のある雰囲気。
P00_0242
マフラーとバックライト。バックライトはちゃんとクリアパーツに。
P00_0247
前輪。隙間が少なく一部にクリアパーツが使われてるのが独特。
P00_0251
後輪。スタンドもいつも通り可動。これまで通りサスペンションギミックも搭載。
P00_0190
オプション。グリップは予備も硬質で軟質の物は付属せず。
P00_0253
新規なだけあってブレイドと並べた時も違和感のないサイズ。
P00_0270
乗せた状態。
P00_0262
1つ前の新規造形のマシンウィンガーとサイズは大体同じでした。
P00_0298
適当に何枚か。
P00_0315
本体の可動は良いので座らせるのは問題ないんですがハンドルが硬質のみなので少し位置がずれると抜けやすいのが厄介。
P00_0326
予備はあるものの差し込む側の軸が折れる可能性もあるので扱いには注意した方が良さそうです。
P00_0421
横で適当にポーズをつけるとOPの演舞っぽい感じに。
P00_0342
使用頻度は低めでしたがカードの効果をバイクにも付加出来るという特殊な設定も面白いです。
P00_0321
マッハのカードでマッハスペイダー。
P00_0351
サンダーのカードでサンダースペイダー。
P00_0359
ジャンプしてからの。
P00_0383
電撃タックル。
P00_0394
バイクを浮かせるのは結構面倒なので新しいバトルホッパーに付いてたジョイントが標準搭載になってくれたらいいんですが。
フィギュアーツ ブルースペイダー レビュー
終わり。以上、S.H.フィギュアーツ ブルースペイダーのレビューでした。

完全新規だけあってブレイド本体とサイズもピッタリ合っており、各部のクリアパーツやメカディテールなども劇中のイメージに近い感じに再現されておりかなりの格好良さに仕上がってました。
ハンドルが硬質のみなので動かす時に気を使ったり、スタンド用ジョイントがないので浮かせる時面倒だったりするなど派手に遊びたい人にはやや不満の残る内容ですが、普通に乗せて飾るだけが目的という人には特に問題はないと思います。
次のギャレンはバイクとセットという特殊な販売形態で賛否分かれそうですがカリスやレンゲルもそうなるのかも気になるところです。

S.H.フィギュアーツ ロードセクター、ライドシューター、仮面ライダーサイガ、マシンデンバードなど(魂ウェブ商店)



S.H.フィギュアーツ ブルースペイダー

S.H.フィギュアーツ オルタナティブ・ゼロ

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーZX(あみあみ)