スタチューレジェンド ルドル・フォン・シュトロハイム レビュー
スタチューレジェンド シュトロハイムのレビューです。
P00_1158P00_1165
全身。中盤に機械化して再登場した姿での立体化。最近の物と同じくサイズは超像可動に比べてだいぶ大きめでした。
P00_1166P00_1173
正面から見ると少し傾き気味なんですが見本の角度だと特に問題なし。弾帯ベルトは軟質素材で本体とは別に台座に接続。
P00_1174P00_1178
値段が値段なだけあってか塗装は超像可動以上に丁寧な感じではみ出しや跳ねなどほとんどなかったです。
P00_1189
顔。このシリーズの人間キャラでは珍しく動きのある表情。機械化された部分はクリアパーツなども使われ精密な作り。
P00_1185P00_1183
機械の下には右目もきっちり。今回パッケージの上からだと目線がはっきり見えにくく個体差があったかはよくわからず。
P00_1192
各部位など。胴体は腹部から重機関砲が飛び出した状態。
P00_1197
衣装や筋肉の塗装は申し分ないですが機械部分はもうちょい汚れや影があった方がリアルだったかも。
P00_1205
重機関砲上部のレンズはクリアパーツで再現。
P00_1202
腕は左右共に機械で元絵通り頭の後ろへ回した状態に。
P00_1207
腰回り。太腿横が不自然に膨らんでますがこちらも元絵の通り。ズボンの塗装も非常に綺麗。
P00_1211
腹部左からは弾帯ベルト。軟質素材ですが元絵通りの動きがついてて一箇所太腿横へ接着されてました。
P00_1216
覗きこまないと見えないですが腰の機械部分などもきっちり再現。
P00_1219
靴はブーツで両足ともにつまさき立ち。
P00_1222
弾帯にもダボ穴があり台座のピンを差すことで位置を固定。
P00_1225
サイズは超像よりだいぶ大きめ。ポーズのせいもありますがリサリサと並べると小さく見えたりスケールは適当なようです。
P00_1265
適当に何枚か。
P00_1237

P00_1244

P00_1243

P00_1275

P00_1259

スタチューレジェンド ルドル・フォン・シュトロハイム レビュー
終わり。以上、スタチューレジェンド シュトロハイムのレビューでした。

いつも通りの丁寧な造形塗装で顔もほぼ元絵のイメージ通りで機械化された部分のディテールや弾帯ベルトなども細かく再現されており出来に関してはかなり良かったです。
ただ1つ前のリサリサとボリューム的にそこまで変わってるわけではないのに更に値上がりしてとうとう1万円を超える大台に。
他からは出そうにないですし2部でも特に好きなキャラで出来も良かったので満足感はあるもののやはり値段と内容は釣り合ってない気がするのでその点だけはもうちょい改善して欲しいところです。




スタチューレジェンド ジョジョの奇妙な冒険 第2部 41.ルドル・フォン・シュトロハイム

スタチューレジェンド ジョジョの奇妙な冒険 第5部 42.ブラック・サバス

スタチューレジェンド ジョジョの奇妙な冒険 第三部 14.空条承太郎(あみあみ)