HGUC ヴィクトリーガンダム レビュー
HGUC Vガンダムのレビューです。
P00_1298P00_1300
全身。完全新規ということでプロポーション色分けともに良好。サイズも小型MSらしく平均的な物より小さめに。
P00_1323
顔。かなり小さめですがパーツ分けはいつもと変わりなし。ただ首は他より少し短く見えるような。
P00_1318P00_1315
ダクトなどまでは流石に色分けされてないですが顔つき自体も格好良く出来は申し分なし。
P00_1327
各部位など。胴体はシールを一切使わずほとんどの部分を色分け。
P00_1330
腰回り。こちらは中央の黒のみシールでした。
P00_1304P00_1309
腕や足。関節はオールガンダムプロジェクト共通の物なので肘は設定と違う色に。四肢は程よくがっしりした形。
P00_1333
バックパック。サイズがサイズなので合体ギミックは全てオミット。スラスターの角度なども固定。
P00_1280
オプション。
P00_1347
ビームライフル。
P00_1342
ビームシールド。派手めな色がついたクリアパーツが綺麗。基部の赤パーツは可動式。
P00_1338
ビームサーベルはVガン特有の扇状のビーム刃も付属。
P00_1282
コアファイター。変形合体ギミックはないですが単体の物は付属。
P00_1287
キャノピーやメインカメラなど一部色は足りないですがこちらも色分けは概ね良好。
P00_1292
裏側。ランディングギアはなし。スタンド穴もないので浮かせて飾るのはやや面倒。
P00_1349
関節は共通でもそれぞれのサイズ差もきっちり再現されてました。
P00_1360
適当に何枚か。
P00_1368
可動はオールガンダムプロジェクトの共通関節で干渉する部位なども特にないので他と変わらず。
P00_1376
シールド展開。少し分厚いですがサイズが大きく色も綺麗でこれを付けるとぐっと見栄え良くなる感じが
P00_1421
コアファイターと。もうちょい値段上がってもいいので平手や握り手も付けてくれたら更に良かったんですが。
P00_1435
サーベルは通常の方も根本が独特な形になってたり凝った作りに。接地性もかなり高く安定感ばっちり。
P00_1437
太腿ロールなどもあるので膝立ちも綺麗に。
P00_1466
最後はビームハリセンで。
HGUC ヴィクトリー レビュー
終わり。以上、HGUC Vガンダムのレビューでした。

首が若干短めなのと目立つ肘が色分けされてなかった点だけちょっと気になったものの、このサイズと値段ではかなりの色分け率でプロポーションなども今風で格好良くスケールもちゃんと合わせられててよく出来てました。
可動もウイングなどと共通の関節で干渉する部分なども特にないデザインのMSなのでよく動き、オプションもシンプルな内容ながらシールドやサーベルのビームエフェクトなど派手で飾り映えする感じに作られててカッコ良かったです。
オールガンダムプロジェクトは主役機をコンプするのが目的ということで後継機のV2ガンダムは出るのが決まってますが、ダッシュやヘキサなどは大部分流用で作れるのでついでに出しそうな気もしますしどうなるのか気になるところです。

MG ガンダムエクシア リペアII、トランザムライザー 、PG ガンダムアストレイ ブルーフレーム(プレミアムバンダイ)



HGUC 1/144 ヴィクトリーガンダム

HGUC 1/144 V2ガンダム

HGUC 1/144 ガンダムF91(あみあみ)