RG ストライクフリーダム レビュー
RG ストライクフリーダムガンダムのレビューです。
RG ストライクフリーダムP00_1510
全身。フレームはこれまでのSEED系と共通なので体型などは概ね同じ。複雑なデザインですがRGだけあって色分けも完璧。
P00_1531
顔。いつも通りマスクのスリットは開口。アンテナの黄色部分がやや太長いせいか顔立ちはMGの方が格好良かったような。
P00_1527P00_1522
頬のグレー、バルカン、ダクトなど色分けは見事。シール貼ってますがメインカメラなどは無色のクリアパーツでした。
P00_1535
各部位など。胴体も色分けは完璧。フレームの金は至る所から見えるので成型色に持つ印象で好き嫌いが大きく分かれそう。
P00_1548
コックピットは開閉可能。
P00_1537
腰回り。上部がグレーだったりモールドが増えてるなどRGならではの要素が追加。
P00_1514P00_1518
腕や足。肩中央や前腕にもフレームが露出するなどこの辺もRG独自のアレンジが。脚部は特に目立った特徴はなし。
P00_1603
肩は中央と上部の赤い部分が展開可能。
P00_1597
スネのカバーは開閉出来、内部のスラスターを引き出すことが。
P00_1552
これまでの立体物同様サイドアーマーは可動式でライフルを左右に装備。角度の調節も可能。
P00_1561
後ろ側にはサイドアーマーとクスィフィアス3レール砲。
P00_1573
ビームライフルを取り付けてるジョイントは後ろへ折り曲げて収納出来、サイドアーマーは前方へ移動させることが。
P00_1575
リアアーマーはサイドアーマーの動きに合わせて上下に位置をずらすことが出来ます。
P00_1588
サイドアーマー、レール砲を横に持ってきた状態。サーベルラックも回転可能。
P00_1586
レール砲はそのまま展開出来砲身は伸縮可能。今回はグリップは付いてなかったです。
P00_1565
バックパック。スラスター内部も細かく色分け。
P00_1591
ウイング基部は前後に可動し翼もそれぞれ大きく展開することが。
P00_1607
ビームライフルを手に持ちウイングを展開させた状態。
P00_1610
ウイングはかなり大きめに作られており形状もシャープ。
P00_1613
RG独自のフレームを強調した特殊な展開の仕方も可能。ここだけメッキが使われてるので他よりえらく見栄えが良いです。
P00_1619
全てこの状態にすると非常に派手。肩やスラスターも展開。
P00_1623
後ろ。この状態のドラグーンはギリギリ引っ掛けてる程度でいつも通り普通に取り外すことも出来ます。
P00_1500
オプション。スタンド用ジョイントは今回から3mm穴が追加されてアクションベース以外も使えるように。
P00_1496
マーキングシール。
P00_1698
ビームライフル。専用の持ち手が付属するので保持は安定。
P00_1703
いつも通り連結も可能。
P00_1746
ビームシールド。デスティニー同様色はシールで再現。
P00_1505
フレームは共通なので腰の高さは同じですが今回上半身が長めでフリーダムより少し大きくなってました。
P00_1692
適当に何枚か。
P00_1676
フレームが共通なので可動はこれまでと変わらず。フレームもそろそろ変化があってもいいような…
P00_1754
SEED系のMSは背負い物が重くて腰が後ろへ仰け反ることが多いのでロック出来るようになってくれたらいいんですが。
P00_1715
連結などのギミックも数ある他の立体物とほぼ同じ。連結時に出てくるセンサーはクリアパーツの上からシール。
P00_1745
ビームシールドはデスティニーと同じシール形式。おそらく出るであろう∞ジャスティスも同じになりそう。
P00_1664
レール砲展開。いつもながら普通のフリーダムより短いのでちょっと迫力不足。
P00_1671
腹ビーム。金の成型色は昔よりは良くなったものの今回ウイングがメッキで明確な差があるので見劣りする感は否めず。
P00_1791
ビームサーベルはいつも通り連結可能。
P00_1777
手首にピンで固定する形式なので逆手持ちも可。
P00_1643
ドラグーンは付いたままですがフルバースト。メッキのフレームを露出させると非常に派手。
P00_1648
MGやPGなどストフリのプラモは昔から決まって冬に出てるような気が。
RG ストライクフリーダム レビュー
終わり。以上、RG ストライクフリーダムガンダムのレビューでした。

サイズ的に厳しかったのかアンテナのバランスやマスクのスリットが太めな点など頭部はMGの方が格好良かった気がしますが、プロポーションなどは良好でフレームの露出やモールドなどRGならではのオリジナル要素もふんだんに盛り込まれておりかなりの格好良さに仕上がってました。
フレームは共通なので種系特有の時間が経つと仰け反ってきそうな不安はあるものの可動などはこれまで同様優秀で、過去にもかなりの数の立体物が出てるだけあって腰アーマーやウイングなど各ギミックもよく出来てると思います。
ただ今回ウイングのフレームだけ金メッキでそこと比べると他がどうにもしょぼく見えてしまうので、フレーム類は無理としてもMGの時みたくもう少しメッキが多い仕様の別バージョンなんかも同時に出すなりして欲しかったところです。

RG ストライクフリーダム用 拡張エフェクトユニット“天空の翼”、MG ガンダムエクシア リペア2など(プレミアムバンダイ)



RG 1/144 ZGMF-X20A ストライクフリーダムガンダム

MG 1/100 GX-9900 ガンダムX

HGCE 1/144 エールストライクガンダム(あみあみ)