ROBOT魂 デスサイズヘル レビュー
ROBOT魂 ガンダムデスサイズヘルのレビューです。
P00_1819P00_1817
全身。他のW系同様がっしりしたプロポーションと落ち着いた質感で見栄え良好。特徴的なシルエットもほぼ劇中通り。
P00_1802P00_1807
アクティブクロークを閉じた状態。差し替えなしで綺麗に閉じることが出来こちらの状態でも特に違和感などもなし。
P00_1836
顔。ヘルメットのラインなど特に複雑なデザインのガンダムですが塗装も綺麗で顔立ちも格好良かったです。
P00_1832P00_1829
目はメタリック塗装。モールドなどのディテールも程よいバランスで金のバルカンも良いアクセントに。
P00_1841
各部位など。肋骨が剥き出しになったようなアニメチックなデザインのリブジャマーも忠実に再現。
P00_1844
腰回り。長めのサイドアーマーが特徴。今回リアアーマーが後ろへ可動する仕様になり股関節周りの可動がさらにアップ。
P00_1822P00_1825
腕や足。関節の作りや四肢のバランスも他のガンダムと同じ。膝アーマーが別パーツで単独可動するのが特徴。
P00_1847
左腕にはバスターシールド。
P00_1851
裏側。取り付けは単純なダボ接続。なお裏には3mm穴もあり魂ステージなどで浮かすことも。
P00_1861
バックパック。上部のハイパージャマーは軸可動。腰には収納状態のツインビームサイズを装備。
P00_1856
アクティブクロークは襟横から出てるアームで接続。基部はBJである程度動きをつけることが。
P00_1799
オプション。
P00_1877
ツインビームサイズを展開させて持たせた状態。
P00_1869
柄の長さやビーム刃部分などほどよいバランスでなかなかの迫力。
P00_1870
ビーム刃はそれぞれ大きさが異なり基部も別々に可動。上側は多重関節でかなり複雑な動きをつけることが。
P00_1873
柄は劇中の躍動感を出す為の反った状態の物も付属。持ち手も通常と角度付きの2パターン付いてました。
P00_1865
バスターシールド用のビーム刃も付属。先端の刃を開いて取り付け。
P00_2255
今回バックパックに取り付けられる専用のスタンドジョイントパーツも付いてました。なお股間には普通に3mm穴もあります。
P00_1892
これでようやく後期ガンダムチームが勢揃い。プロポーションや質感など統一感もバッチリ。
P00_2250
適当に何枚か。
P00_1918
可動はいつも通り肩など大きく引き出すことが出来、基本の両手持ちも余裕。
P00_1934
股関節はメリクリウス、ヴァイエイトのような引き出しはなく他のガンダムと同じ形式でした。
P00_1946
バスターシールド。こちらもちゃんとビーム刃がつくなど凝った作りに。
P00_2217
裏側にスタンド用の穴があるので浮かせるのも楽。バスターライフルを相殺出来るなにげに凄い武装。
P00_2013
アクティブクロークも基部が動いたりするおかげで特に干渉などはなく可動を妨げることもなし。
P00_2001
腰もしっかり回ります。
P00_2109
メリクリウス、ヴァイエイトと対決。
P00_2130
デュオは五飛のように宿敵がいなかったせいか終盤の見せ場を作るために戦ったような気も。
P00_2139
今度作る時は俺のデータを組み込むんだな。
P00_2235
死神と疫病神のお通りだっ!
ROBOT魂 デスサイズヘル レビュー
終わり。以上、ROBOT魂 ガンダムデスサイズヘルのレビューでした。

プロポーションや質感などはこれまでのW系同様安定した出来で顔なども格好良く、アクティブクロークも差し替えなしで開閉出来、どちらの状態でもシルエットなども崩れず全体的に完成度の高い仕上がりになってました。
可動もいつも通り肩が大きく引き出せるのでビームサイズの両手持ちなども楽に出来、一見干渉が多そうなデザインですが各部細かく動くようになってるのでそういったこともなく、また今回はより劇中に近い動きを再現出来る反った状態の柄が付いてる点なんかも有難かったです。
これでようやく後半5機のガンダムが揃いましたが、今後も前半の残りの2機や敵の量産機などどんどんラインナップを増やしていって欲しいところです。

ROBOT魂 アレクサンダType-02(レイラ機&アヤノ機)、シャドウ(狙撃仕様)など(魂ウェブ商店)



ROBOT魂 -ロボット魂-〈SIDE MS〉ガンダムデスサイズヘル

ROBOT魂 -ロボット魂-〈SIDE MS〉 ウイングガンダム

ROBOT魂 -ロボット魂-〈SIDE MS〉リーオー(飛行ユニット装備)(あみあみ)