RG ストライクフリーダム 光の翼 レビュー
RG ストライクフリーダム 天空の翼のレビューです。
P00_2490
セット内容。翼はデスティニーと同じく凹凸のあるPETシートにグラデーションプリントとホログラム加工された仕様。
P00_2480
スーパードラグーン射出再現ユニット一式。
P00_2485
デスティニーと同じスモーククリアのアクションベース2も付属。
P00_2497
天空の翼を取り付けた状態。デスティニーと同じで光の当たり方によって変わりますが前回同様ホログラムはあまり目立たず。
P00_2509
後ろ。
P00_2513P00_2515
取り付けはドラグーンを外した状態でフレームの形に沿うようにはめ込み。
P00_2519
ホログラムは今回も角度によってだいぶ見え方が変わるようです。
P00_2493
スーパードラグーン射出再現ユニットを射出状態で組み立てドラグーンをセットした状態。
P00_2521
本体付属のスタンドジョイントを取り付けられるようになっておりちょうどいい位置に本体をセットすることが。
P00_2629
ユニットの支柱やアームは取り付け位置によって角度調節が可能。
P00_2579
ドラグーンを取り付ける支柱も取り付け方によって向きや角度を調節することが。
P00_2582
ドラグーン接続部もボールジョイントになっており向きなど微調整出来ます。
P00_2586
別の支柱パーツを使って攻撃状態にすることも。
P00_2590
向きや角度は細かく調節出来ますがこちらは基本的に前方へ向けた状態になります。
P00_2561
適当に何枚か。
P00_2557
翼パーツはデスティニーより小さめですがドラグーンをユニットにセットするとかなりのボリュームに。
P00_2602
ドラグーン射出再現ユニットの接続はどこもしっかりしておりポロリなどもほぼなかったです。
P00_2601
今回は元々特殊な展開の仕方が可能だったのでMGの時より有難みは減ってますがそれでも全てセットするとやはり豪華。
RG ストライクフリーダム 光の翼 レビュー
終わり。以上、RG ストライクフリーダム 天空の翼のレビューでした。

デスティニーの時と同じくホログラムは特殊な光の当て方が必要になるので見本に比べると地味な感じでしたが、どちらかというと今回はドラグーン射出ユニットの方がメインでそちらに関しては文句無しの出来でした。
ユニット基部が上手く本体で隠れるようにセット出来るので見栄え良く、また支柱の組み合わせ方で射出と攻撃両方の状態を自然に再現することが出来、パーツのポロリなどもほとんどなく遊びやすかったです。
置き場所はかなり取るもののMGの時のフルバーストモードに比べるとそこまでではなく実用性もあるので躍動感のあるディスプレイがしたい人なんかにはなかなかオススメです。

RG ストライクフリーダムガンダム用 拡張エフェクトユニット“天空の翼” 【2次:2013年12月発送分】 (プレミアムバンダイ)



RG 1/144 ZGMF-X20A ストライクフリーダムガンダム

MG 1/100 GX-9900 ガンダムX

HGCE 1/144 エールストライクガンダム(あみあみ)