HG ビルドアカツキ レビュー
HG ビルドアカツキガンダムのレビューです。
P00_2641P00_2642
全身。本体は元のアカツキガンダムそのままで色以外の変更点はなし。そこまで古くはないので今見てもそこそこの出来。
P00_2662
顔。最近の小顔の物に比べると若干バランスが異なりますが造形自体は悪くなくそこまで見劣りする感はなし。
P00_2657P00_2653
色は元々単色ですがアンテナや顎などはちゃんとパーツ分けされてました。
P00_2665
各部位など。元々大部分がメッキのキットだったので基本色のグレーはほぼ全てアンダーゲート。
P00_2668
腰回り。左右にはサーベルを装備。
P00_2646P00_2651
腕や足。SEED系のキットの中でもかなり後期の物なので脚部などはほとんど合わせ目が目立たない作りに。
P00_2671
背中には各種ユニットを装備できる穴が。
P00_2673
そして今回はオオワシ、シラヌイではなくビルドブースターが付属。
P00_2676
こちらはビルドストライク付属の物と同じで色は本体と同じホワイトグレーに。
P00_2632
オプション。ビルドブースターは単品版からの流用のようで各種ジョイントパーツも付属。
P00_2679P00_2685
ビルドブースターと合体&フル装備状態。色のせいもあってか違和感は全くなし。
P00_2687
ブースターの作りは変わらず合体後も色々形を変えることが。
P00_2708
ハイドラショット。基本はグリーンフレームからの流用ですがサーベル刃を取り付けられるリボルバー状のパーツが追加。
P00_2821
付属する通常のサーベル刃4本にアカツキ用のビーム刃2本を取付可能。サーベル用の穴は計8つありあと4本差すことも可。
P00_2715
サーベルと組み合わせて銃剣のように出来る通常のアカツキガンダムに付属するライフルも付属。
P00_2703
シールド。こちらも変わらず。
P00_2697
ビルドブースターを他のMSに取り付ける各種アタッチメントも付属。
P00_2700
ただ色のせいか他の機体につけてもいまいち似合わず。
P00_2689
最新のビルドストライクと並べるとプロポーションなどはだいぶ違ってました。
P00_2734
適当に何枚か。
P00_2725
可動に関しては最近の物とは違ってかなり微妙で股関節があまり開かず肘膝も90度くらいが限度。
P00_2744
肩だけは2軸のBJになってて柔軟に動くんですが胴体側はポリキャップじゃないのですぐ緩々になるのも厄介。
P00_2746
ビルドブースターは翼を横に広げると元々のオオワシとほぼ同じシルエットに。
P00_2755
サーベルは連結させてナギナタ状にすることも。ただ持ち手がスカスカなのが残念。
P00_2771
通常のライフルで。機体色がグレーなのは塗装しやすいようにだとか。
P00_2768
本体の可動はいまいちですがレールガンは何とか構えることが出来ました。
P00_2824
最後はハイドラショットの近接戦型で。
HG ビルドアカツキガンダム レビュー
終わり。以上、HG ビルドアカツキガンダムのレビューでした。

元が7年ほど前のキットなので可動に関しては最近の物に比べるとかなり差があり肩もすぐ緩くなるなど遊びの面ではいまいちでしたが、見た目は色分け率も高く合わせ目も目立たない作りで今見てもそんなに見劣りしないなかなかの出来でした。
川口名人のオリジナルというグレーカラーも塗装しやすいようにという配慮からだそうですが機体のデザインともあってて普通に格好良く、また新装備のハイドラショットも他ではあまり見ない独特な形で迫力があり面白かったです。
プロショップ限定品ということで普段よりちょっと買いにくいのが厄介ですが元が古いわりに色や武装など意外と満足度の高い内容になってたのでなかなかオススメです。

MG デスティニーインパルスガンダムR(リジェネス)、 HGUC バイアラン・カスタム2号機など(プレミアムバンダイ)



MG 1/100 ビルドストライクガンダム

HGBF 1/144 スタービルドストライク プラフスキーウイング

HGBF 1/144 ケンプファーアメイジング(あみあみ)