HG ベアッガイ3 レビュー
HGBF ベアッガイIII(さん)のレビューです。
P00_4811P00_4808
全身。基本的な作りは以前出たベアッガイと同じで頭部や前腕、背中が新規に。カラーリングもぬいぐるみっぽい黄色に。
P00_4832
顔。モノアイとか付いてた以前のベアッガイがまだマシンっぽかったと思えるほど完全なくまのぬいぐるみ顔に。
P00_4828P00_4826
目の黒はシールで再現。耳は前後に可動させたり向きを変えることも。
P00_4835
怒り顔の顔パーツも付属。アクションフィギュアではよくあるギミックですがガンプラでこういうのはかなり珍しい気が。
P00_4855
口は開閉可能で中には機銃が。銃口にはサーベル刃を取付可能。
P00_4842
各部位など。体は以前のベアッガイと変わりなし。
P00_4814P00_4817
腕や足。前腕部分は新規でより兵器っぽさが薄れ肉球のような見た目に。
P00_4862
中央にはビーム発射口がありこちらもサーベル刃を取付可能。
P00_4845
背中はノーマルベアッガイはランドセルでしたがこちらではリボンに。
P00_4848
各パーツは基部がBJで向きや角度など調節出来ます。
P00_4799
オプション。
P00_4795
シール。以前と同じく目のシールが付いてますが数は倍以上に。
P00_4865
ノーマルと同じく腕の延長パーツも付属。
P00_4871
リボンは取り外し出来、付属のジョイントを使うことでビルドブースターをはじめ各ストライカーユニットなどと交換することも。
P00_4872
どっちも違和感が凄いですが。
P00_4859
ノーマルと並べると以前より頭がかなり大きめになってました。
P00_4881
適当に何枚か。
P00_4893
キック。可動範囲は見た目のわりには広めで足など結構上がります。
P00_4897
膝立ちも余裕。
P00_4926
ぬいぐるみっぽく座らせることも。
P00_4900
ビームサーベルで。どう見てもマスコットですがシリアスなバトルをすることがあるのかは謎。
P00_4906
サーベル刃は口の機銃にも取り付け可。
P00_4929
延長パーツは以前と変わらず連結なども出来ます。
P00_4919
下校中の小学生をカツアゲ。
P00_4941
目のシールも何枚か使って。出来ればずっと使えるようにパーツ交換で変えられる方式だったら良かったんですが。
P00_4935
この目はどうも鶴瓶さんっぽく見えるような。シールは端を少しだけ浮かせて貼れば数回くらいは使えそう。
P00_4959
ロボコンのような目も付属。こっちを使うとまた1つキャラクター性が変わる気が。
P00_4976
ジト目で監視。
HG ベアッガイIII レビュー
EDっぽいポーズで終わり。以上、HGBF ベアッガイIII(さん)のレビューでした。

大部分はアッガイ、ベアッガイの流用なので基本的な作りはそちらと変わりないですが以前より更に頭部の悪ふざけが度合いを増しており変わったデザインのMSが多いBFの中でも特に異色の見た目に仕上がってました。
ただ新規の頭部は表情パーツの交換が出来たり、シールも使えば更に多くの表情のバリエーションを増やせ、背中のリボンもストライカーユニットと交換出来るなどギミック面はしっかりしており元々色数も少なめなので色分けもほとんど完璧で出来に関してはかなり良かったです。
どう見てもマスコット的な機体ですが劇中でどういった活躍をするのかなども気になるところです。

MG デスティニーインパルスガンダムR(リジェネス)、 HGUC バイアラン・カスタム2号機など(プレミアムバンダイ)



HGBF 1/144 ベアッガイIII(さん)

HGBF 1/144 戦国アストレイ頑駄無

HGBF 1/144 スタービルドストライクガンダム プラフスキーウイング(あみあみ)