超像可動 K・クリムゾン レビュー
超像可動 キングクリムゾンのレビューです。
超像可動 キング・クリムゾン レビューP00_4545
全身。関節の作りなどは他の5部系スタンドと同じですが胴体が独特な形で背が高くなり肩幅も広めでラスボスらしい風格に。
P00_4561
顔。外向き気味な瞳や食いしばった歯、額の小さい顔なども元絵のイメージ通りでほぼ完璧な出来。
P00_4558P00_4554
白部分はいつも通りグラデ塗装。瞳の個体差は少なかったようですが額のエピタフの目はずれてる物が多かったようです。
P00_4571
叫び顔の別頭部も付属。
P00_4572
元々攻撃的な顔つきが更にきつめに。額のエピタフもちゃんと表情が変わってました。
P00_4565
各部位など。赤部分はミスタの服と同じような菱型模様で艶消し仕上げ。よく見るとキラキラ光って見える塗装が非常に綺麗。
P00_4567
腰回り。腹部がエヴァみたく蛇腹になってるのが特徴。
P00_4548P00_4551
腕や足。プロポーションは概ね他の5部と同じですが上半身の幅や肩当てが大きくごつめに。
P00_4534
オプション。手首だけというシンプルな内容。
P00_4578
終盤の矢に貫かれたかのように見えた手首が付属。
P00_4580
他の5部系スタンドと並べると高さ、幅ともに大きめ。
P00_4591
適当に何枚か。
P00_4584
関節の作りは共通なので可動はこれまでと大差なし。
P00_4604
くじなどでもお馴染みのポーズで。篭手のようなパーツは腕と手首の間に挟む形式なので手首の動きは他より若干制限。
P00_4626
また手首を交換する度に外れるのでその点でもちょっと面倒でした。
P00_4632
肩当ては腕側についており基部がBJで柔軟に動くので干渉はほとんど気にならず。
P00_4639
股関節周りは何もないので非常によく動き足を組んだりなんかも。
P00_4665
いつも通り指差し手首も付属。
P00_4672
色もイメージ通りで所々にメインカラーと反対色の緑が使われてる点もアクセントになってて良かったです。
P00_4736
お前のトリッシュ護衛の任務はこれにて終了だな。血しぶきエフェクトはリボルテックの2号機ビーストから。
P00_4787
これが「キング・クリムゾン」の能力だッ!
超像可動 キング・クリムゾン レビュー
ウ。キングクリムゾンは腹を貫通させる描写がやたら多かった気が。
超像可動 K・クリムゾン レビュー
貫いたぞッ!で終わり。以上、超像可動 キングクリムゾンのレビューでした。

5部では初の敵スタンドでしたが関節の作りなどこれまでとの統一感は維持しつつ、胴体のバランスを変えることでラスボスらしい風格ある体型を再現しており、顔やカラーリングなどもイメージ通りで個人的には完璧と言っていい出来に仕上がってました。
可動もこれまでの5部系と同じでどこもよく動いて有名な腰をくねらせる独特なポーズなんかもばっちり再現出来、オプションは特別変わった物は付いてないものの手首のパターンは豊富で遊びの面でも申し分なかったです。
まだ色のついた画像も出てないくらいなのでかなり先になりそうですが本体のディアボロも早めに出して欲しいところです。




超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第5部 59.K・クリムゾン
超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第5部 60. ブローノ・ブチャラティ・セカンド
超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第二部 61.シーザー・アントニオ・ツェペリ・セカンド(あみあみ)