FW ガンダム コンバージ EX 01 クシャトリヤ レビュー
FW GUNDAM CONVERGE EX 01 クシャトリヤのレビューです。
P00_4990
全身。大型機体1体に絞った新しいシリーズということでボリュームはこれまでに出た全ての中でダントツ。
P00_4994
造形塗装などはいつも通りでエングレービングやダクトなどまで細かく塗り分けられてました。
P00_4999
モノアイは別パーツですが内側が可動を制限する形になっており位置は中央で固定。
P00_4995
肩とバインダーのアーム両端は軸可動。バインダーの広げ具合など調整することが出来ました。
P00_5007
裏側のファンネル造形もきっちり。
P00_5273
取り付ける位置を変えればバインダーを上げた状態にすることも。
P00_4985
ユニコーンep.6に登場した「クシャトリヤ・ベッセルング」を再現するオプションパーツも付属。
P00_5036
ベッセルングに換装した状態。あちこち破損した痛々しい姿に。
P00_5037
後ろ。
P00_5040
頭部はモノアイと頭頂部を交換。モノアイの色は緑に変化。胸部もコックピットが剥き出しの物に付け替え。
P00_5056
左肩は腕が破損したパーツに交換。バインダーのアームは両腕とも後ろ側のみに。
P00_5051
右足は膝から下がフレームだけのような状態に。
P00_5046
1基のみになったバインダー。裏側はちゃんとファンネルが空になってました。
P00_5048
左側はフレームだけの無残な状態。
P00_5060
クリアの補助パーツはちゃんとフレームのみになった右足に対応した物が付属。
P00_5073
ちなみにベッセルングに換装するとこれだけの余剰パーツが。こっちで飾るのはちょっと勿体無い気も。
P00_5005
他の機体と比べるとボリュームは圧倒的ですが本体に関してはそこまでは変わらず。
P00_5011
適当に何枚か。
P00_5023
全身がサイコフレームで出来ているのか!?これでUCに出てくる主要機体は大体揃ったような。
P00_5027
コンテナを広げようとすると腕が上がってしまうのでちょっと間抜けな感じに。
P00_5063
ベッセルングにするとモノアイは多少動くようになりますがそれでも下側の凹みの範囲内のみ。
FW ガンダム コンバージ EX 01 クシャトリヤ レビュー
終わり。以上、FW GUNDAM CONVERGE EX 01 クシャトリヤのレビューでした。

初の単体のみでの大型機体ということで通常の物に比べると圧倒的なボリュームで迫力があり、また造形塗装のレベルもいつも通り食玩とは思えないほど緻密でかなりの格好良さに仕上がってました。
また初の立体化となるベッセルング用の換装パーツも付属するのでそういった意味でも貴重な1体になってると思います。
次のEXはフルアーマーユニコーンということでプロペラントタンクなどもきっちり再現されて値段的に見ても今回を更に上回るボリュームになってそうなのでそちらも楽しみです

FW CONVERGE OPERATION REVIVE【プレミアムバンダイ限定版】、ガシャポン戦士NEXT SAGA03など(プレミアムバンダイ)



FW GUNDAM CONVERGE EX(ガンダム コンバージEX) 01 単品(食玩)

FW GUNDAM CONVERGE OPERATION REVIVE (食玩・仮称)

FW GUNDAM CONVERGE 14 BOX (食玩)(あみあみ)