SHF ブルーローズ レビュー
S.H.フィギュアーツ ブルーローズのレビューです。
P00_5281P00_5287
全身。これまでと違って女性キャラでほとんど生身なのでサイズはかなり小さめ。足も非ダイキャストに。
P00_5305
顔。特徴的な口元など似せようと頑張ってる感はあるものの元絵が繊細すぎることもあってかやや微妙な感じに。
P00_5302P00_5297
横顔なんかはまあまあ。髪や肌などは最近の物と同じくきっちりつや消しされてるので質感の安っぽさなどはなかったです。
P00_5330
別表情の笑顔。目が大きすぎるのかこの表情はサンプルより劣化してる印象。
P00_5332
別表情の睨み顔。通常顔とそんなに変わらないですが出来に関してはこれが一番かも。
P00_5337
別表情のウインク。笑顔よりはマシですがこちらも口元などちょっと違和感があります。
P00_5311
各部位など。関節も比較的上手く処理されており衣装も劇中のイメージ通りきちんとクリアパーツを使ってる点なども丁寧。
P00_5314
腰回り。裾は曇ったクリアパーツ。股関節の見え方なんかも自然。
P00_5319
後ろ。桂正和絵では重要なポイントなだけあってか肉感的な造形などかなりこだわって作られてる感じが。
P00_5290P00_5294
腕や足。どちらもかなり細身で両方にペプシのスポンサーロゴがプリント。足はヒールで非ダイキャストなので倒れやすいです。
P00_5325
左右の太腿にはフリージングリキッドガン。
P00_5322
腰から出てるクリアパーツの尻尾は基部がボールジョイントで可動。
P00_5277
オプション。
P00_5354
いつも通り専用の台座も付属。
P00_5340
フリージングリキッドガンはホルダーから抜いた状態の物が別途付属。
P00_5343
銃を抜いた後のホルダーもきっちり。
P00_5352
微妙な違いはあるようですがサイズ差も大体それっぽくは再現。
P00_5393
適当に何枚か。
P00_5472P00_5477
接地面が小さく非ダイキャストなので立ちポーズ時の安定感はなく長期で飾る時はスタンドが必須な感じ。
P00_5410
裾が固定なので足は上げにくいですが股関節は引き出し式なので膝立ちなんかはわりと自然に。
P00_5468
肩周りは柔軟ですが肘は一重関節で90度よりやや深めくらいまでしか曲がらずちょっと窮屈。
P00_5415
肩はかなり内側まで引き出すことが出来るので銃の両手持ちはほぼ劇中通り再現可能。
P00_5457
足元を凍らせてスケート。胴体の可動は胸の下1箇所なのであまり屈んだりは出来ず。
P00_5460
OPのキック。付属スタンドのクリップは他と同じく太い物なので他から細型を借りた方が使いやすいです。
P00_5486
口を尖らせてる顔が角度によってはレントンのあれみたいに…
P00_5539
お前の悪事を完全ホールド。今度の映画は予告だと新キャラとルナティックがメインっぽいのであまり見せ場はなさそうかも。
フィギュアーツ ブルーローズ レビュー
終わり。以上、S.H.フィギュアーツ ブルーローズのレビューでした。

若干ケバい感じの化粧や尖った口元など複雑な元絵を似せようと頑張ってる感はあるもののやはりこのサイズだと難しいのかアニメの印象そのままとはいかずまあまあくらいの出来でした。
ただ衣装などはライン塗装など正確で細かいクリア部分などもきっちり再現されるなど手の込んだ作りになっており、可動も肘だけはいまいちなものの肩や股関節など引き出し式でなるだけ劇中の動きを再現出来るよう配慮された作りになっており手抜きと感じるような部分はなかったです。
完璧とまではいかないものの致命的に悪いということもなく少し距離を置けば十分見れる出来だったので最後のドラゴンキッドにも期待です。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーインペラー、ライドシューター、ロードセクター、キョウリュウゴールドなど(魂ウェブ商店)



12”PM TIGER&BUNNY(タイガー&バニー) バーナビー・ブルックスJr.

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーZX

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーアギト バーニングフォーム(あみあみ)