ねんどろいど ドロッセル チャーミング レビュー
ねんどろいど ドロッセル チャーミングのレビューです。
P00_5551P00_5554
全身。元々曲線的だったデザインがデフォルメされたことで更に丸みが強調されてツルンとした印象に。
P00_5563P00_5560
色や質感などは過去のねんどろいどやfigmaと共通。自立出来ない上にスタンドがクリップ式なのがちょっと厄介。
P00_5568
顔。デフォルメされて目が大きくなってるので子供みたいな感じに。
P00_5570
目はクリアパーツ。発光ギミック内蔵ですが明るめの色なので点灯させなくても特に違和感はなし。
P00_5575
頭は後ろに突き出てますがデフォルメなのでわりと短め。
P00_5581
後頭部のメカディテールもあっさりめ。下の方には発光ギミックのスイッチが。
P00_5653
中央部分は可動。マーキングも綺麗にプリント。
P00_5588
目を点灯させた状態。光の強さはほどよい感じでちゃんと水色に光るようになってました。
P00_5577
体もデフォルメされて太ましい体型に。腰はBJですが肘や膝は固定で可動は普通のねんどろと同じ。
P00_5542
オプション。
P00_5594
知覚ユニット「ペルディータ」。取り付けは頭のパーツを交換しメガネをはめ込むだけ。
P00_5599
顔のパーツは共通なので発光ギミックもそのまま使えます。
P00_5603
横顔。こちらもマーキング類は非常に綺麗。
P00_5772
後頭部左右についてるパーツ軸可動し角度の調節が可能。
P00_5606
メガネも少し引き出すことで位置をずらしたり出来ます。
P00_5615
書物型記録装置「プロスペロ」。
P00_5611
中央がヒンジになっておりページを開くことが出来、開いた状態で固定する専用スタンドも付属。
P00_5619
青いバラ(とよく似た植物)の入った培養器「501622731」。先端部にダボがあり専用の持ち手で保持することが。
P00_5633
サイズや質感はノーマル版と変わりなし。スタンドのタイプが変わってるので並べると段差が。
P00_5650
適当に何枚か。
P00_5654
頭頂部は平らなので見本の通り本を置くことが。
P00_5679
肘や膝が固定なのであまり動かせずポーズの幅は狭め。
P00_5717
figmaや超合金にも付かなかった本が付くのは地味に有難かったです。
P00_5728P00_5736
スタンドはクリップ式なので使い勝手はいまいち。せめてマグネットとかならまだ良かったんですが。
P00_5752
特に意識してなかったですがfigma版から1年半も経ってたとは…
ねんどろいど ドロッセル チャーミング レビュー
終わり。以上、ねんどろいど ドロッセル チャーミングのレビューでした。

通常のねんどろいどより若干高めになってるだけあって質感など高級感のある仕上がりでオプションもそこそこ多く、発光ギミックも搭載とデフォルメながらなかなか豪華な内容になってました。
フル可動仕様ではないので再現出来る動きは限られますが、頭が大きくてもちゃんと知覚ユニットが付属してたり、他の立体物にはなかった書物がある点なんかも良かったです。
ただスタンドの使い勝手が悪く立ちポーズ以外の動きだと固定しにくかったり、クリップ式だとしっかり挟むと傷が付く心配もあるのでその辺はもう一工夫して欲しかったところです。




ねんどろいど ファイアボール チャーミング ドロッセル(チャーミング)

ねんどろいど ペルソナ3 アイギス P3・エディション

ねんどろいど 幻影ヲ駆ケル太陽 太陽あかり(あみあみ)