HG ウイングガンダムフェニーチェ レビュー
HGBF ウイングガンダムフェニーチェのレビューです。
P00_5779P00_5789
全身。元になってるのはウイングですが頭部や肩、脚部など新規が多く色のイメージも異なるのでかなり違った印象に。
P00_5809
顔。アンテナ以外大体流用かなと思いましたがマスク周りはほとんど新規で尖った顎もきっちり再現。
P00_5802P00_5798
あえてそうしてるのかアンテナやヘルメットはダメージ痕が残ったままで左右非対称。目もオッドアイという珍しいデザイン。
P00_5811
各部位など。胴体は色以外はウイングそのまま。元々の出来が良いので色分けも優秀。
P00_5815
腰回りも同じ。
P00_5791P00_5795
腕や足。頭部同様肩も非対称で右肩は小さめに。脚部は膝やアンクルアーマー、靴部分などが新規。
P00_5821
左肩は通常のウイングより大型化。
P00_5824
前腕裏側にはビームレイピアを装備。
P00_5829
膝も左右非対称。
P00_5833
バックパックは共通ですがウイング2枚を片側に寄せ、ライフルをマウントするジョイントが新規で追加。
P00_5839P00_5836
ウイングは片側に寄ってるだけでちゃんと2枚あります。反対側にはバスターライフルを装備。
P00_5842
ウイングを広げた状態。赤いパーツは新規ですが他は流用。
P00_5776
オプション。
P00_5851
バスターライフル。こちらは下部分が新規でウイング付属の物より大型化。
P00_5852
2丁に分離することも。ただゼロのツインバスターライフルとは違い縦に分離。
P00_5856
なので左右で大きさはだいぶ異なります。
P00_5860
ビームレイピア。刃部分は普通のサーベルと特に変わらず。
P00_5864
左肩下側にはビームマントも取り付け可能。色は薄めですが闘牛士のようなイメージに。
P00_5846
サイズなどは基になってるウイングと変わりなし。
P00_5883
適当に何枚か。
P00_5901
特に干渉する部分が増えたりもしてないので可動は元になってるウイングと変わりなし。
P00_5913
バスターライフルは分離部分のグリップが可動するので両手持ちすることも。
P00_5934
2丁に分離。
P00_5939
HGのウイングゼロも近々出るそうですがBFの放送が続いてればそちらを基にした機体も出そうかも。
P00_5961
肩周りが優秀なのでレイピアはそのまま引き抜き可能。
P00_5985
ビームレイピアとビームマント装備。決めポーズ用に左平手がなかったのはちょっと残念。
P00_6004
マントはちゃんと波打つような形状になっており色もついてるので見栄え良好。
P00_5992
主人公と因縁のあるキャラが増えてますがトーナメントで全員当たることはなさそうなのでライバル同士の戦いもありそう。
HG フェニーチェ レビュー
終わり。以上、HGBF ウイングガンダムフェニーチェのレビューでした。

元になってるウイングがオールガンダムプロジェクトの共通関節にも対応したごく最近のキットなのでこちらも色分けや可動などレベルが高くプロポーションも良好でこのサイズのキットとしてはほとんど完璧と言っていい出来でした。
武装も一新され珍しいビームレイピアやマントなどが付いてるので新鮮味もあり、本体も頭部や肩など目立つ部分が新規になって印象もガラリと変わりオッドアイや片翼といった中二的な要素も盛り込まれ独特な個性があって格好良かったです。
本編ではまだ本格的に戦ったりはしてないですが、キャラの立ち位置やOPなどを見ても今後も確実に見せ場はありそうな機体なので作品にはまってる人ならオススメだと思います。

MG デスティニーインパルスガンダムR(リジェネス)、 HGUC バイアラン・カスタム2号機など(プレミアムバンダイ)



HGBF 1/144 ウイングガンダムフェニーチェ

HG BUILD CUSTOM 1/144 メテオホッパー

HGBF 1/144 戦国アストレイ頑駄無(あみあみ)