HG メテオホッパー レビュー
HG メテオホッパーのレビューです。
P00_6051
全体像。フェニーチェ用の支援機でこれまでの物とは違ってタイヤが付いた完全に乗るのが目的のマシン。
P00_6055
カラーリングは乗り手のフェニーチェに合わせた感じに。支援機としてはそこそこの値段なのでボリュームも結構あります。
P00_6045
横から。前側のスタンドが自立を補助出来るようになっておりタイヤ用の支えもあるので単体でも安定して飾ることが。
P00_6058
前面にはシールドが取り付けられておりウイングのバード形態を模した形に。
P00_6069
ハンドルは軸可動し位置を調節可能。
P00_6071
左右には砲門っぽいものが。
P00_6075
サイドバインダーも軸可動し角度を調節出来ます。
P00_6078
本体搭乗スペース。中央にはスライドして取り外せる3mm径に対応したジョイントパーツが。
P00_6082
変形してMA形態に。
P00_6086
変形はスタンドを後ろに倒してサイドバインダーを広げるだけの簡易なもの。
P00_6089
アームは3箇所可動しバインダー基部はボールジョイント方式。
P00_6093
フェニーチェと並べて。白、緑ともに色合いは違いますが同系色なので概ね統一感もあります。
P00_6095
ジョイントを介してフェニーチェのバスターライフルを先端に取付可能。よりバード形態に近い形に。
P00_6100
逆にメテオホッパーのシールドを本体に装備させることも。
P00_6103
なおグリップはメテオホッパーには付いてないですがフェニーチェに余剰パーツとして入ってました。
P00_6107
シールドを外すと本体は見栄え良くなりますが取られたホッパー側はかなり微妙なことに。
P00_6111
乗せた状態。中央のジョイントでガッチリ固定できるのでぐらつきなどはほとんどなく安定して乗せることが。
P00_6114
後ろ。ハンドルの位置も調整出来るので乗せるのはかなり楽。
P00_6121
MA形態にしても変わらず。
P00_6128
なおサイドバインダーのアーム先端は3mm経でウイングやライフルのジョイントを差してた穴に取付可能。
P00_6244
またスタンド部分はバックパック取り付け穴に対応しておりバインダー用のボールもあるのでそちらを使っても取付できます。
P00_6247
スタンドが取り付けられるのでそこに本体も付ければ奇妙な合体形態にしたりすることも。
P00_6130
メテオホッパー自体は普通の乗り物なので他のMSも普通に乗せられます。
P00_6145
流石に不安定にはなりますがジョイントがしっかりしてるのでかなり大型の機体でも乗せることが。
P00_6140
色が似てたのでワイルドタイガーを。ジョイントを使わなくてもハンドルを握れれば十分固定は可能。
P00_6163
適当に何枚か。
P00_6185
そこそこサイズが大きいのでなかなかの迫力。
P00_6263
ジョイントがしっかりしてるので安定して乗せられますが手首は時々バラけるので接着した方が気楽に遊べるかも。
P00_6219
フェニーチェ用の武器だけを使う分には特に接着しても困ることはないようです。
P00_6221
本人がバイク好きということでこういうメカを使うことにしたとか。
P00_6235
ビルドファイターズは色々パロディ多いのでバイク乗り魂とか言い出しそうかも…
P00_6210
ちなみに飛行形態では立ったまま搭乗することもあるそうです。
HG メテオホッパー レビュー
終わり。以上、HG メテオホッパーのレビューでした。

これまで支援機の方は本体に付属してるパーツの使い回しにジョイントだけという構成だったのであまり興味なかったんですが、今回は正式な乗り物で乗り手のフェニーチェも出来が良かったので購入。
基本的にはただの乗り物で多少武装を交換出来たりするくらいですが、専用機だけあってちゃんと本体に合わせたカラーリングでボリュームも結構あるので組み合わせるとなかなか迫力があって格好良かったです。
支援機は今後もちょくちょく出るみたいですが使い回しが多いとちょっと面白みに欠けるので今後もこういう独自の要素を持った物を増やしていって欲しいところです。

MG デスティニーインパルスガンダムR(リジェネス)、 HGUC バイアラン・カスタム2号機など(プレミアムバンダイ)



HG BUILD CUSTOM 1/144 メテオホッパー

HGBF 1/144 ウイングガンダムフェニーチェ

HGBF 1/144 ケンプファーアメイジング(あみあみ)