BB クスィー レビュー
BB戦士 クスィーガンダムのレビューです。
P00_6331P00_6334
全身。リアル等身だと白部分が多くてちょっと間延びした所もある機体ですがSDなので凝縮された感じに。
P00_6338
顔。最近の物と同じく昔に比べ小顔気味でアンテナや額、顎の赤もきっちり色分け。黒部分は一部シールに。
P00_6343
サイズが大きいのでダクトなどディテールも細かく目やマスクのバランスも良くなかなかの格好良さでした。
P00_6344
目は最近の物と同じくパーツを裏返すことで瞳の有り無しを交換可能。
P00_6349
いつもながら瞳がある方の後でこっちを見ると妙に寂しい感じがするので瞳ありの方が何となく良く見えます。
P00_6352
レジェンドBB基準の作りなので体もかなり色分けされてますが細かい部分はシール。
P00_6356
バックパック。
P00_6370
サーベルを収納し肩や胸部、背中のミノフスキークラフトを展開して飛行形態に。肩は基部がBJでそのまま展開可能。
P00_6375
胸部と背中も普通に引き上げるだけ。
P00_6302
オプション。
P00_6307
いつものスタンドも付属。
P00_6359
フル装備状態。
P00_6361
ビーム・ライフル。
P00_6365
シールド。赤と白以外は全てシール。
P00_6367
裏側。グリップを差す穴は3箇所あり持つ位置を調節出来ます。
P00_6388
ファンネル射出エフェクト。Hi-νやサザビーと違いファンネルも一体に。造形はよく出来てますが白一色なのが残念。
P00_6483
裏側。肉抜き穴が結構目立つので使えるのは片面限定な感じ。
P00_6320
マフティー・ナビーユ・エリンの仲間の機体、「メッサー」もおまけで付属。腕は可動しますが左右は芯で繋がった状態に。
P00_6325
単色で本当におまけといった感じですが立体化自体が貴重でライフルは別パーツになってるなど地味に凝ってたり。
P00_6315
サブフライトシステム「ギャルセゾン」も付属。
P00_6310
こちらも単色ですがディテールなどは結構しっかりしてました。
P00_6316
裏側にはクスィーのライフルとサーベルを収納可能。
P00_6327
メッサーを乗せた状態。グリップを握ってるので固定はバッチリ。付属のスタンドで浮かせることも出来ます。
P00_6518
クスィーとは元々結構サイズ差ありますがおまけなので実際以上にかなり小さめでした。
P00_6384
クスィーの方はBB基準で揃えられてるので1つ前のHi-νと変わりなし。白の成型色が若干青寄りなのが特徴。
P00_6410
適当に何枚か。
P00_6403
飛行形態は簡単に再現出来、目立つ肩や胸部が大きいのでSD体型でも様になる感じに。
P00_6390
関節はこれまでと同じなので可動も基本的には変わらず。肩の板も基部がBJなので干渉もあまり気にならず。
P00_6493
ただ個体差か首の胴体側のポリパーツが緩くてグラグラだったのでそこだけは瞬着などでの補強が必須な感じでした。
P00_6508
そこ以外は気になる点はなく腰もよく回りBBながら派手に動きをつけることが。
P00_6424
ファンネルミサイル射出。
P00_6398
メッサーの腕はHGのフロントアーマーみたいな感じで中央部を切ることで左右別々に動かすことが出来るように。
P00_6435
クスィーと一緒に。単色で地味ですが背景的に使うならなかなか雰囲気出るかも。
P00_6470
Hi-νの漫画でネタとして出てきてましたがまさか本当にこんな早い段階で出るとは。
BB戦士 Ξガンダム レビュー
終わり。以上、BB戦士 クスィーガンダムのレビューでした。

サザビーやHi-νと同じくレジェンドBB基準でリニューアルされた作りなので色分け、可動性ともに良好で飛行形態への変形ギミックなども簡単に行えるようになっており顔の出来もよくBBながらかなりの格好良さに仕上がってました。
多少値段が上がってるだけあって普段よりもオプションも豊富でいつものエフェクトに加えメッサー、ギャルセゾンなど特殊な物も付いて内容もこれまで以上に充実してる点も良かったです。
最初にサザビーが出たりHi-νに先を越されたりと変則的な順番でしたが次はようやく普通のνガンダムということでそちらも楽しみです。

BB戦士 LEGENDBB 武者號斗丸(最終決戦Ver.)、HGUC バイアラン・カスタム2号機など(プレミアムバンダイ)



BB戦士 386 クスィーガンダム

BB戦士 387 νガンダム

MG 1/100 MSN-04 サザビー Ver.Ka(あみあみ)