メタルビルド デスティニーレビュー
METAL BUILD デスティニーガンダムのレビューです。
P00_1062P00_1066
ウイングなしで全身。同じSEED系でもフリーダムほど細身ではなく前腕や太腿などごつめで力強さのあるプロポーション。
P00_1070
ウイング、アロンダイト、ビーム砲を付けた状態。足はダイキャストで安定感あるので自立は問題なし。
P00_1077
後ろ。白部分はかなり暗めでグレーに近い色合い。
P00_1119
顔。デスティニー特有の悪役顔をさらに強調した感じのきつめな顔つき。
P00_1113P00_1108
マスク部分がやや長いのと目の下の赤が大きめでアニメの印象とは若干異なるので多少好き嫌い分かれそうかも。
P00_1121
下からも。
P00_1124
各部位など。フリーダムと同じく色のついてる部分はほとんどがメタリックでコクピット周りが黒くなってるなどアレンジ多数。
P00_1132
腰回り。この辺も白と二段階のグレーが使い分けられてて立体感が強調された見た目に。マーキングも綺麗。
P00_1554
フロントアーマーは左右に展開可能。
P00_1135
サイドアーマーも大きめにアレンジ。滑り止めがあり斜め位置に固定しておくことも。
P00_1102P00_1105
腕や足。二の腕や太腿、ふくらはぎなど曲線的で肉感的なフォルムに。モールドやパネルラインなどディテールも緻密。
P00_1149
左肩にはFAITHのマーク。
P00_1144
脚部スラスターは上下に可動。内側の塗装もきっちり。
P00_1156
バックパック。
P00_1255
スラスターは可動式。
P00_1085P00_1087
右側にはアロンダイト、左側にはビーム砲。こちらもかなり大きめで色形ともに本体に負けず劣らず複雑。
P00_1092
ウイングはかなり大きめにアレンジ。基部が引き出せ、上の黒い部分も開くので広げた時は更に大きく見せることが。
P00_1212
基部はクリック関節になっておりこんな感じで引き出すことが。
P00_1545P00_1540
ウイングを広げきると物凄いボリュームに。
P00_1530
ディテールもオリジナルのアレンジが。
P00_1254
背中と腰にはスタンド用ジョイントを差す穴。
P00_1187P00_1190
可動はこれまで以上に力が入ってるようで胴体のスイング幅などかなり広め。コクピットは腰の動きに連動して動き襟も可動。
P00_1485
腰は横にも捻ることが。ただ回転は写真の位置くらいまででそんなには回らず。
P00_1196
肩も大きく引き出し可能。肩アーマー前後の板は開くことが出来るので腕を上げなくても前後へ動かせます。
P00_1198
肘も隙間がなくなるほど曲げることが出来、また今回は前腕中央も軸可動するので独特な動きをすることが。
P00_1210
股関節や膝も完璧。ただ接地性はそこそこでした。
P00_1056
オプション。
P00_1059
スタンドはいつもと同じ形式の物が付属。ただ色が赤と黒でえらく毒々しい雰囲気。
P00_1165
フル装備状態。
P00_1219
アロンダイト。取り出して伸ばしただけの状態。
P00_1223
ビーム刃を取り付け。先端はスライド式で更に長くすることが。
P00_1216
持たせやすいようグリップガードも可動。
P00_1224
ビーム砲。普通に前に持ってきただけの状態。
P00_1230
砲身は上下に展開。
P00_1231
後部も下側に展開しかなりボリュームが増します。
P00_1236
グリップは可動式で向きや角度など調節可能。
P00_1238
なので無理なく握らせることが出来、ビーム砲の位置なども調整しやすいです。
P00_1167
ビーム・ライフル。フォアグリップ、スコープは可動式。
P00_1182
腰にマウントすることも。
P00_1172
シールド。
P00_1175
裏側。接続はそのまま前腕横のパーツに被せるだけ。
P00_1179
展開は付け替え式。赤部分がメタリックで開くとかなり派手。
P00_1248
ビームシールド。グラデ塗装されたクリアパーツが非常に綺麗。
P00_1250
裏側。取り付けは手甲パーツと交換する方式。
P00_1245
肩のフラッシュエッジ用のビーム刃も付属。こちらは投擲時の動きを再現した感じの短めタイプ。
P00_1242
かなり大きめなビームサーベルタイプも。
P00_1260
パルマフィオキーナ用の指が大きく開いた手首も付属。
P00_1160
フリーダムと比べると体型などかなり違いが。フリーダムは今見るとちょっと細すぎたような…
P00_1162
かなり古くて関節が緩く立ち方変ですがMGもあったので参考程度にこちらとも。
P00_1272
適当に何枚か。
P00_1292
ビームシールド。流石メタルビルドなだけあってオプション類もどれも徹底した作り込み。
P00_1313
可動も前述の通り肩など柔軟に動き、肘膝もこれ以上ないくらい曲がるので不満を感じる箇所は全くなし。
P00_1338
フラッシュエッジもビーム刃の造形など細かく塗装もグラデになってて見栄え良好。
P00_1348
投擲。
P00_1379
高エネルギー長射程ビーム砲。
P00_1406
背負い物の武装2つはおそらく過去の立体物の中で最長だと思うので迫力も十分。
P00_1430
アロンダイト。このポーズは既存の立体物の中で一番アニメに近い感じに再現出来る気が。
P00_1451
肩可動が優秀なので両手持ちも楽に。手首は角度付きの物も付くので左右の位置も合わせやすいです。
P00_1435
今回は光の翼の情報は全くないみたいですがどうなるのか謎。ここまでウイング大きいならもういいかなという気もしますが。
P00_1415
片手持ちだと流石に肩が負けますが一定の角度なら構えておくことも可。
P00_1461
最後はパルマフィオキーナで。
メタルビルド デスティニー レビュー
終わり。以上、METAL BUILD デスティニーガンダムのレビューでした。

頭部が多少癖がある造形になってるのと全体的にアレンジがかなり強めなので人によっては好き嫌いあるかもしれませんが、悪魔的なシルエットや力強いプロポーションなどデスティニーらしさをより強調したような見た目になっており個人的には非常に格好良かったです。
可動も今回は特に力が入ってるようでどこも柔軟に動き関節も合金玩具らしい硬さで遊びやすく、また前腕の可動やウイングの展開の仕方など普段見かけないようなギミックも盛り沢山で、これまでのメタルビルドとはまた一味違った遊びが出来る内容に仕上がってました。
次はかなり意外なチョイスでフルメタのレーバテインが出るみたいですが、SEEDもフリーダム、デスティニーだけで終わりということはないと思うので順当にストフリなども続けて出して欲しいところです。

SDX 皇騎士ガンダム、魂SPEC ブラックサレナ -FIERCE BATTLE-、ギルガザムネ(ドルチェノフ仕様)など(魂ウェブ商店)



METAL BUILD デスティニーガンダム

ROBOT魂 -ロボット魂-〈SIDE MS〉 Hi-νガンダム

ROBOT魂 -ロボット魂-〈SIDE MS〉 クシャトリヤ(あみあみ)