figma ガッツ 鷹の団 レビュー
figma ガッツ 鷹の団ver.のレビューです。
P00_3742P00_3740
マント無しで全身。プロポーションなどは黒い剣士に近いですが流用はなく完全新規。
P00_3761
顔。黄金時代編の物にしては微妙に目が小さい気がしますが黒い剣士とは差別化が図られててまあまあの出来。
P00_3755P00_3754
アイプリなんかは正確で鼻の傷などもきっちり再現されてました。
P00_3776
別表情の叫び顔。
P00_3777
こっちは正直かなり微妙で叫んでるというより泣いてるみたいに見えます。
P00_3781
各部位など。鎧は見た目は黒い剣士と似た感じですが今回は前面が軟質素材になり可動に配慮した作りに。
P00_3785
腰回り。この辺はほぼ変わらず。
P00_3747P00_3751
腕や足。肩当ても軟質素材。筋肉造形や肌の質感、ズボンのしわなどどこも丁寧で見栄え良く作られてました。
P00_3731
オプション。左上のは鞘の形状維持パーツでスタンド延長用の支柱も付属。
P00_3792P00_3789
兜とマントを装備した状態。今回マントはPVC製なのでスタンドを使わないと自立は厳しめでした。
P00_3797
兜は前髪、後ろ髪パーツと交換して取り付け。開閉ギミックはないですがちゃんと隙間から目も見えてて見栄えは良好。
P00_3805P00_3802
ただ前面の作りが脆くて外す時にヒビが入ったので扱いには注意した方が良さそう。
P00_3796
首周りのマントはダボなどはなく首にかけるだけの方式。
P00_3808
剣は大きいですが黄金時代編なのでドラゴン殺しよりはだいぶ小さく片手での保持も余裕。
P00_3810
鞘は軟質素材で抜いた後そのままでも可動の妨げになるようなことはなし。
P00_3815
これで少年時以外の姿は大体コンプリート。単発モノがと思ったらこんなに充実するとは。
P00_3823
適当に何枚か。
P00_3832
今回は胸部の鎧が軟質素材になったので腕を内側へ曲げやすく両手持ちもだいぶ楽に。
P00_3839
手首もいつも通り角度付きの物と2パターンあるので剣の持ち方に色々変化をつけることが。
P00_3915
兜の見た目はよく出来てるので顔の出来が気になる人はこの状態にしておけば良さそう。
P00_3942
接地性も良好。足を適度に開けばマントが地についてスタンド無しでも自立出来ます。
P00_3958
斬り払い。やはり叫び顔はかなり微妙。
P00_3985
長時間は厳しそうですが片手で腕を伸ばした状態でも肩がへたれることはなかったです。
P00_4011
マントを外すと更に動かしやすさがアップ。
P00_4024
ワイアルド戦などマントを外してる時も結構あったのでこの状態でも特に違和感もなし。
P00_4033
衣装は違いますが黄金時代編の2人が揃ったので旅立ちの朝の決闘。
P00_4078
撃ち落とし。
figma ガッツ 鷹の団 レビュー
終わり。以上、figma ガッツ 鷹の団ver.のレビューでした。

通常顔はともかく叫び顔の出来がかなり微妙なことになってたのが惜しかったですが、他は特に気になるような所はなく黒い剣士でいまいちだったマントもちゃんとしたPVC製で見栄え良くなり兜なんかも格好良くてなかなかの出来に仕上がってました。
可動も黒い剣士と違って胸部の鎧が軟質素材になったことで剣の両手持ちがしやすくなり、より作中に近い動きが再現出来るようになってると思います。
映画に合わせた短い企画だと思ってたのでキャスカまで出たりとえらくラインナップが増えたのが意外でしたが、ここまできたら髑髏の騎士やフェムトなど今後もシリーズ化する勢いで続いていって欲しいところです。




figma 映画「ベルセルク」 ガッツ 鷹の団ver.
figma 映画「ベルセルク」 キャスカ
figma ガールズ&パンツァー 西住みほ(あみあみ)