モンスターアーツ エイリアン ビッグチャップ レビュー
S.H.モンスターアーツ エイリアン ビッグチャップのレビューです。
P00_0906P00_0909
全身。造形塗装など大体の雰囲気は以前のウォーリアと同じ。ただフードの色が薄すぎて頭が白く見えるのが気になります。
P00_0901P00_0895
直立でも一応。
P00_0932
顔。サンプルでは暗めだったフードにほとんど色がついておらず内部が透けすぎておりかなり違和感が。
P00_0924P00_0927
筋が剥き出しのような造形はよく出来てますが、ここまで目鼻がくっきり見えてると映画の印象とはちょっと違った感じに。
P00_0934
口は開閉出来インナーマウスを引き出し可能。ただもここも部分的につや消しになっててやや不自然。
P00_0938
フードは取り外し可能。
P00_0942
各部位など。造形はウォーリアと同じく非常に緻密。ただウォーリアより銀部分が多いせいか生物より機械っぽい印象に。
P00_0945
腰回り。同じエイリアンですがウォーリアとは大きく異なるデザイン。
P00_0912P00_0917
腕や足。四肢はウォーリアよりだいぶ短めで指なども手足ともにそちらより大人しめなデザインに。
P00_0948
背中の触手のようなパーツは全て基部がボールジョイント。首の後ろの突起も上下に可動。
P00_0950
尻尾はウォーリアより短めですが作りはほぼ同じで何節かに分かれておりそれぞれBJで接続。
P00_1135
体の作りはウォーリアとはほとんど別物で可動は首周りと胸が別個に動くので上半身は非常に柔軟。
P00_1137
ただ首後ろの突起が干渉しあまり上は向けず。肩や股関節はウォーリアよりよく動きますが肘膝などはほぼ同じでした。
P00_0884
オプションは指が開いた手首のみ。
P00_0886
ウォーリアと同じようなデザインが施された魂ステージも付属。
P00_0956
特撮リボルテック、同シリーズのウォーリアと。やはり目が見えすぎなのが気になります。
P00_0960
適当に何枚か。
P00_0979P00_0975
1のエイリアンは元々本編内で動くシーンが少ないこともあって可動に関しては文句なし。
P00_1001
定番のポーズなどを含めほとんどの動きを再現出来ると思います。
P00_1047
こんな軽い動きをするイメージはないですが尻尾攻撃。尻尾はペンタブルではないので浮かせて動きをつけたりは出来ず。
P00_1036
膝立ちも綺麗に。
P00_0971
飛びかかり。体の作りはだいぶ違いますが動かした感じはウォーリアとそんなには変わらず。
P00_1057
接地性はかなり高く尻尾が支えにもなるので自立は安定してました。
P00_1077
インナーマウスは引き出しにくいのでピンセットを使うなりした方が良さそう。不意に出てこない点は良かったですが。
P00_1147
猫を探してる後ろから。
P00_1127
このあと滅茶苦茶。
P00_1096
宇宙へ放出。
モンスターアーツ ビッグチャップ レビュー
終わり。以上、S.H.モンスターアーツ エイリアン ビッグチャップのレビューでした。

ウォーリアと同じく全身の緻密な造形や広い感動範囲などはよく出来ており、今回は尻尾もあまり長くないこともあって映画のポーズの再現など遊びやすい出来に仕上がってました。
ただ映画の印象に比べフードの色が薄すぎて中の目鼻が丸見えなのとウォーリアに比べ質感が金属っぽい点が気になり、特にフードは見本と違いすぎてて一般的なエイリアンのイメージとはだいぶ離れた見た目になってたのが残念。
見本は特殊な撮影の仕方をしてるっぽいせいもあるのかもしれませんが、あまり実物との差が出るようなことはないようにして欲しいところです。

S.H.MonsterArts 3式機龍(重武装型/高機動型)、東宝特撮超兵器2、ゴジラ対応エフェクト2など(魂ウェブ商店)



S.H.モンスターアーツ エイリアン ビッグチャップ

S.H.モンスターアーツ ゴジラ(2014)

S.H.モンスターアーツ ゴジラ(あみあみ)