FW ガンダム コンバージ EX03 ディープストライカー レビュー
FW GUNDAM CONVERGE EX03 ディープストライカーのレビューです。
P00_1372
全身。フルアーマーユニコーンから更に値段が上がっただけあってこれまでのEXの中でも最高のボリューム。
P00_1375
MS本体は通常シリーズと同じですが装備が圧倒的。造形塗装の雰囲気はこれまでと同じでした。
P00_1378
横から。浮いてるので高さもかなりあります。
P00_1386
顔。メインカメラなど少し違ってますが大体は13弾のSガンダムと同じ。
P00_1387
マーキングは同じですが体の色は赤に。腰から下はブースターユニットになってるので脚部は見えず。
P00_1399
左手にはマルチセンサー。塗装も概ね正確で銀部分の色なども綺麗。
P00_1396
右手にはビームスマートガン。手首はいつも通り軸可動。
P00_1393
ブースタユニット下部にはランディングギア。
P00_1404
右上には主砲。普通のコンバージ3体分くらいの長さがあり特に迫力のある部分。
P00_1403
左上には大型ディスクレドーム。
P00_1409
背中。主砲後部から伸びてるケーブルは軟質素材でテールバインダーに接続。
P00_1410
下部のプロペラントタンクもかなり大型のものに。
P00_1415
下から。スラスターのノズルなどはメタリック塗装で重厚感のある仕上がりに。
P00_1418
スタンドは黒のクリアパーツ。
P00_1424
1つ前のフルアーマーユニコーンよりも更に大ボリューム。
P00_1364
MS形態への換装パーツと装備を展示するスタンドも付属。
P00_1475
MS形態。組み換えは頭部、上半身、右腕以外を外し換装用パーツを取り付けるだけ。
P00_1478
バックパックなどはそのままなのでこの状態でもなかなかのボリューム。背中が重いですが自立は大丈夫でした。
P00_1482
横から。
P00_1485
バックパックのノズルの色はブースターユニットのものと同じ。
P00_1465P00_1471
余剰パーツはディープ・ストライカー時のスタンドと付属のスタンドを組み合わせた物にまとめておくことが。
P00_1491
スタンド前部の窪みはMS時の踵と合った形になってるので組み合わせて展示可能。
P00_1496
こちらの状態でも砲身が上に伸びてることなどもあってかなり豪華な雰囲気に。
P00_1499
横から。奥行きもディープ・ストライカーの時以上。
P00_1517
13弾のSガンダムと。大部分は流用ですが頭頂部や胴体、バックパックに武装など違いも多数。白の色味も変化。
P00_1510
適当に何枚か。
P00_1503

P00_1457

P00_1452

P00_1430

P00_1442

FW ガンダム コンバージ EX03 ディープストライカー レビュー
終わり。以上、FW GUNDAM CONVERGE EX03 ディープストライカーのレビューでした。

クシャトリヤ、フルアーマーとユニコーン物が続いてた所にいきなりディプストライカーという意外なチョイスでしたが、値段もこれまでよりさらに上がってるだけあってボリュームも最高クラスでかなりの迫力に仕上がってました。
パーツの大部分はディープストライカー用の装備ですがそちらもMS同様モールドなど細かく精密な造形で塗装もいつも通り落ち着いた上品な仕上がりになってて見栄え良く、またMS形態用の換装パーツも付属し、余剰パーツもまとめておけるのでそちらでも無駄なく飾れる点なんかも良かったです。
EXは次の予定はまだ決まってないみたいですが今が旬のネオジオングや今回のディープストライカーを見ると連想してしまうデンドロビウムなんかも出して欲しいところです。

FW GUNDAM CONVERGE EX03 ディープストライカー、FW GUNDAM CONVERGE16など(プレミアムバンダイ)



FW GUNDAM CONVERGE EX03 単品(食玩)

FW GUNDAM CONVERGE 15 10個入りBOX (食玩)

FW GUNDAM CONVERGE 16 10個入りBOX (食玩)(あみあみ)