ねんどろいど 撫子 レビュー
ねんどろいど 千石撫子のレビューです。
P00_4703P00_4707
全身。今だともうちょっと懐かしい感のある化物語時の帽子を被りジャケットを羽織ったスタイル。
P00_4697P00_4700
デフォルメな上に大きい帽子を被ってるので頭が普段以上に大きめ。スタンドはジャケットの着脱に配慮して隙間を通す形に。
P00_4709P00_4713
帽子、ジャケットは着脱可能。
P00_4718
顔。帽子を被ってると眉が隠れるのでわからないですが外すと困り顔に。
P00_4720
精度の高いアイプリや髪の丁寧なグラデ塗装など出来に関してはいつも通り安定してました。
P00_4725
別表情の照れ顔。
P00_4727
撫子らしい伏し目がちな表情で出来に関してはこちらも問題なし。
P00_4730
別表情の笑顔。
P00_4734
他2つが影のある表情なので可愛さではこちらがダントツ。
P00_4738
衣装は基本のお出かけスタイル。リボンやポーチ、七分袖の先の形などもきっちり再現。
P00_4746
帽子。頭の大きいねんどろに合わせてるのでかなり大きめ。
P00_4743
ジャケットはピンなどはなく肩と頭の間に挟みこむだけ。
P00_4748
ジャケットは袖や裾など後ろへ広がった形に。
P00_4692
オプション。
P00_4795
畳んだ状態のスクール水着。ダボなどはなく平手の上において使用。
P00_4753
彫刻刀。専用の持ち手も付属。
P00_4788
ヒロイン4人目。初期の姿なのでちょっと古さはありますが並べるとそれぞれ色鮮やかで綺麗。
P00_4856
帽子は基本的に撫子ぴったりに作られてるので大抵は無理ですが頭の小さい一部のキャラには被せることも。
P00_4758
適当に何枚か。
P00_4766P00_4773
別表情2種に各種ポーズを再現する腕パーツなどがつくという標準的なセット内容。
P00_4806
スク水。どちらかといえば交換用ボディとして欲しかったですが…
P00_4820
彫刻刀。神社でのシーンを再現する為の座った状態の下半身パーツも付属。
P00_4832
座りパーツは彫刻刀シーンの再現用なので前傾気味になっており普通に座り用として使うにはちょっと癖があります。
P00_4837
彫刻刀は照れ顔なんかと組み合わせるとちょっとヤンデレ風に。
P00_4852P00_4847
表情はいつも通り互換性あり。慌ててる感じと囮物語の豹変シーンっぽいので。
ねんどろいど 千石撫子 レビュー
終わり。以上、ねんどろいど 千石撫子のレビューでした。

化物語の時の衣装でfigmaなどではかなり昔に出てたので今となってはちょっと古い感はありますがいつも通りの特徴をバッチリ掴んだ安定したデフォルメで可愛く仕上がってました。
オプションも特別変わったような物はないですが表情や座りパーツなど劇中の印象的なシーンを再現出来るものが各種揃っておりシンプルで遊びやすい内容になってると思います。
前髪上げや制服は個人的には別にいいですがセカンドシーズンでのインパクトが凄かったメデューサの方はねんどろでも何でもいいのでどれかで出して欲しいところです。




ねんどろいど 化物語 千石撫子

ねんどろいど 化物語 羽川翼

ねんどろいど 化物語 阿良々木暦(あみあみ)