フィギュアーツ マーク42 レビュー
S.H.フィギュアーツ アイアンマン マーク42のレビューです。
P00_2227P00_2231
全身。がっしりしたプロポーションや落ち着いた色合いの金など劇中の印象に近く、ディテールなども精密に再現。
P00_2249
顔。いつも通りシンプルなデザインなのでこちらも問題なし。
P00_2246P00_2243
塗装も正確でムラなども一切なかったです。
P00_2252
各部位など。胸板の厚い体型も映画の印象そのままで胸のアークリアクター内部もきっちり造形。
P00_2256
腰回り。影になる部分なので目立ちにくいですが股関節は隙間があるので軸が見えます。
P00_2234P00_2238
腕や足。関節部のディテールも細かく、金が2色使われて複雑な塗り分けも綺麗に仕上がってました。
P00_2276
肩は引き出し式。
P00_2259
背中。
P00_2212
オプション。
P00_2270
リパルサーレイエフェクト。専用のダボ付き手首を使って使用。
P00_2269
小さいサイズの物も付属。
P00_2278
足用のエフェクトも付属。こちらはエフェクト側にダボがあり手に比べると外れやすめ。
P00_2217
初回特典の社長のソファ。プラ素材ですが質感も自然でクッションはちゃんと別パーツに。
P00_2221
後ろ。
P00_2265
マーク6と並べると赤や金の色味などかなり変わってました。
P00_2284
適当に何枚か。
P00_2300
ソファは結構大きめなので寝転んだり色んな姿勢で使うことが。
P00_2508
本体の可動は腰はそんなには回らないものの不自由さを感じるほどではなく肩の引き出しなどどこもよく考えられた作りに。
P00_2529
股関節も大きく引き出せるので足もかなり上げることが。
P00_2432
足首はダイキャスト製で接地性も高く安定感もばっちり。
P00_2532
飛行。マーク7では下半身に重さが集中してて浮かせると腰がへたれやすかったですが今回はそれも改善。
P00_2384
関節はどこの部分も全てかなり硬めに調整されててどんな動きをしても重さで負けたりすることは一切なかったです。
P00_2444
手足それぞれエフェクトが付いてるので飛行ポーズも様になる感じに。
P00_2471
ただ今回唯一の欠点として手甲パーツが外れやすかった点だけは残念。
P00_2343
空中でマスク装着。
P00_2485
股関節の引き出し、腰のひねりなどのおかげで床パンも自然な体勢で再現することが。
フィギュアーツ アイアンマン マーク42 レビュー
終わり。以上、S.H.フィギュアーツ アイアンマン マーク42のレビューでした。

胸板の厚いごつめのプロポーションや関節部までこだわった各部のメカディテール、特徴の金も落ち着いた感じの上品な色合いがきっちり再現されてて非常に格好良く仕上がってました。
手甲パーツが外れやすかった点だけは惜しかったものの可動も肩、股関節の引き出しなどどこも配慮された作りになっており定番の床パンポーズなどもばっちり再現することが出来、また今回は関節もかなり硬めに調整されててマーク6の時以上に遊びやすかったです。
初回特典のソファなんかもよく出来ててこのサイズのマーク42としては決定版と言っていい出来になってると思うのでアイアンマン3が好きな人ならかなりオススメです。

S.H.フィギュアーツ 人造人間16号、セーラーネプチューン、仮面ライダーデューク レモンエナジーアームズなど(魂ウェブ商店)



【特典】S.H.フィギュアーツ アイアンマン マーク42

S.H.フィギュアーツ アイアンパトリオット

S.H.フィギュアーツ バットマン(INJUSTICE ver.)(あみあみ)