グリモア レビュー
HG グリモアのレビューです。
P00_9644P00_9642
全身。ぼってりした体型や地味なカラーリングなどいかにも量産機といった感じの風体。
P00_9661
顔。首がなく胴体の上に円盤が乗ってるような独特な見た目に。白いのもここだけなので特に目立ちます。
P00_9658P00_9657
ピンク部分はシールの上からクリアパーツ。一応2つ並んだ部分が目のような形に。
P00_9668
各部位など。胸部のピンクはシールで再現。腹部は円形になっており体型や色も相まって狸みたいな印象。
P00_9671
腰回り。この辺は比較的普通。フロントアーマーや股間はきっちり色分けされてました。
P00_9650P00_9652
腕や足。肩も腹部と同じく円形に。腕はわりと普通ですが脚部はかなり太短い形に。
P00_9676
滑走してるようなシーンがありましたが足裏にタイヤなどは特になし。
P00_9677
背中。バックパックは上に伸びた形になっており内側にはアンテナのような物が。
P00_9720
関節は今回もオールガンダム~共通の物ですが体系的に膝膝などは90度程度。球体状の腰上側は左右に可動。
P00_9725
首や腰、股関節などは柔軟で接地性もまずまず。手首の軸差込口が可動するのでそちらもかなり動きをつけることが。
P00_9633
オプション。
P00_9685P00_9689
フル装備状態。
P00_9697
サブマシンガン。形は少し変わってますが量産機らしい小ぶりな射撃武器。
P00_9729
銃口下部にはビームワイヤーを取付可能。
P00_9730
ワイヤーは軟質素材なのである程度動きをつけることが。
P00_9699
シールド。
P00_9706
裏側。取り付けはジョイントを腕に挟むだけ。
P00_9716
プラズマナイフ。
P00_9707
リアアーマー内側に収納可能。完全に隠れるので写真はリアアーマーを外した状態。
P00_9934
頭部クリアはUV発光素材らしいのでブラックライトだといまいちですがビームワイヤーは派手に反応。
P00_9692
サイズはGセルフよりひと回り小さめ。
P00_9747
適当に何枚か。
P00_9750
体型的にあまり動かなそうに見えますが最新キットだけあってマシンガンの両手持ちくらいは余裕。
P00_9767
首は見えないですが頭はちゃんと動くので横を向いたりも可。
P00_9788
エフェクトを使って滑走。
P00_9816
ジャンプ。
P00_9826
一応膝立ちは出来るものの足がそんなには上がらないので劇中ほど自然にはいかず。
P00_9861
ナイフ引き抜き。
P00_9880
ビームサーベルとかに比べると地味ですが刀身はそこそこ大きめでまあまあ格好はつく見た目に。
P00_9848
Gセルフにパンチ。
P00_9834
反撃。
P00_9887
ワイヤー攻撃。
P00_9890
軟質素材なので何かに巻きつけたりすることも。
HG グリモア レビュー
終わり以上、HG グリモアのレビューでした。

ずんぐりむっくりなプロポーションや地味なカラーリングなどいかにも量産機といった見た目ですが流石今の技術での完全新規だけあって合わせ目は前腕くらいしか目立たず色分けも優秀で非常によく出来てました。
可動も肘膝などはそんなに曲がらないですが手首の可動でフォローされてたり、肩の引き出しもあるのでマシンガンの両手持ちも出来、頭もちゃんと動くので意外と動きの幅も広く、ナイフにビームワイヤーなど武装も充実しててプレイバリューも高かったです。
Gレコの量産機は今の所まだ未登場のジャハナムという機体が決まってますが、キャピタル・アーミィ側の量産機のカットシーもよく出てきてるのでそちらも出して欲しいところです。

HGUC ジェガンBタイプ(F91Ver.)、MG トールギスIII、トールギスIIなど(プレミアムバンダイ)


HG 1/144 グリモア
HG 1/144 モンテーロ(クリム・ニック専用機)

HG 1/144 ガンダム G-アルケイン(あみあみ)