フィギュアーツ 新サイクロン号 レビュー
S.H.フィギュアーツ 新サイクロン号のレビューです。
P00_9966
全体像。旧サイクロン号に比べデザインが軽くなり白の色味も明るくなってよりスタイリッシュなイメージに。
P00_9969
質感は旧版同様マットな仕上がりで安っぽさなどは全くなかったです。
P00_9972
横から。
P00_9976P00_9979
ハンドルはいつも通り可動。カウルも一緒に動くタイプでした。
P00_9982
上から。
P00_9985
下から。今回は裏側にスタンド穴がついてました。
P00_9991
各部位など。フロントカウル、フロントライトはクリアパーツ。中央のマークも綺麗にプリント。
P00_9994
計器周りのディテールもしっかりした作りに。ハンドルは最近の物と同じく本体付属、予備ともに硬質。
P00_9999
エンジンなどはほぼ外装で隠れてて露出せず。ボディの塗装やマークなども正確。
P00_0007
ボディ右側のステップの上のパーツは固定。
P00_0012
シートは黒の成型色。旧サイクロン号と違って付け替えギミックなどはなし。
P00_0013
旧サイクロン号はマフラーが特徴的でしたがこちらは全く異なる形に。
P00_0019
前輪。タイヤは旧版同様リアルな作り。
P00_0021
後輪。サスペンションギミックもいつもと同じでした。
P00_9962
オプション。
P00_0030
サイクロンカッターは元からあるダボ穴にピンを差し込むだけ。
P00_0031
新1号と。旧サイクロン号と違って高さがあるので並べた時の見た目も自然に。
P00_0035
乗せた状態。セット版と両方出てますが1号はバリエーションも多くこれ以上はいらないので今回は単品版を購入。
P00_0025
旧サイクロン号と。色なども含めデザインは大きく変化。
P00_0051
適当に何枚か。
P00_0060
新1号が比較的新しく股関節や腰の可動が優れてるのでぴったり自然な姿勢で搭乗させることが。
P00_0067
2号でも問題なし。旧サイクロン号は搭乗姿勢がほぼ固定でしたがこちらは普通なので最近の他のバイクなどと変わらず。
P00_0075
ジャンプ。今回は裏側にスタンド穴があるので浮かせるのは非常に楽。
P00_0083
サイクロンカッター展開。
P00_0137
滑空飛行。
P00_0120
サイクロンアタック。
SHF 新サイクロン号 レビュー
終わり。以上、S.H.フィギュアーツ 新サイクロン号のレビューでした。

個性的なデザインだった旧版に比べこちらは最近の平成ライダーのバイクと変わらない形になっており扱いやすく、曲線的なフォルムなども綺麗で白の質感も美しく堅実な出来に仕上がってました。
かなり古い作品の物ながらディテールなども凝ってて格好良く、バイクでは珍しく取り付けオプションが付くなど作りも凝っててスタンド穴も付いてたりと見た目、遊びの両面で不満点などは一切なかったです。
1号は流石元祖なだけあってバイクが非常によく似合うのでそちらを持ってる人ならかなりオススメです。

S.I.C. 仮面ライダーオーズ スーパータトバ コンボ、S.H.フィギュアーツ 白いカラス、ブラックビートなど(魂ウェブ商店)



S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー新1号&新サイクロン号 セット

S.H.フィギュアーツ 新サイクロン号

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー新2号