P00_0559
S.H.フィギュアーツ バットマン(INJUSTICE ver.)のレビューです。
P00_0473P00_0477
全身。ゲームのインジャスティス版ということで装甲剥き出しのゴツゴツしたスーツが特徴。マントはプラ素材で再現。
P00_0491
顔。正直あまり格好良くないですがインジャスティスでは元々こんな顔なので忠実といえば忠実。
P00_0490P00_0488
元々こちらで飾る気はなかったので良いですが微妙に塗料のダマっぽいのや小さい傷があるのがちょっと気になりました。
P00_0495
フルフェイスの別頭部も付属。
P00_0499P00_0498
塗り分けなども正確でメタリック塗装でキラリと光る目も格好良くこちらは文句なしの出来。
P00_0503
各部位など。胸にはバットマーク。装甲部の金属的な質感もメタリック塗装でリアルに再現。
P00_0507
腰回り。ベルトは可動に配慮して別パーツに。
P00_0509
サイドもきっちり再現。
P00_0480P00_0484
腕や足。腕のトゲは指に刺さるほどシャープ。この辺もディテールの造形や質感の使い分けなどよく出来てました。
P00_0511
背中。スーツ部分のしわなどもきっちり。
P00_0587
可動も見た目のわりに良好で首周りや腰のスイング幅も広く肘も深く曲げることが。
P00_0588
肩も大きく引き出せ接地性もかなり高め。膝だけは他に比べると多少劣りますが90度以上は曲がるので概ね問題なし。
P00_0468
オプション。
P00_0471
アクション用マント。
P00_0522
フルフェイスでアクション用マントを取り付けグラップルガンを装備した状態。
P00_0519
後ろ。マントは全てプラ素材でしわ造形なども細かくシャドーも吹かれてて見栄え良好。
P00_0523
3パーツ個別に可動し。中央は前後と左右に若干、アクション用は前後、左右にも大きく開くことが。
P00_0540
グラップルガン。
P00_0543
ワイヤーを伸ばした状態の物も付属。
P00_0547
バットラング。専用の持ち手も付属。
P00_0551
マフェックス、リボルテック版と。ゲーム独自のアレンジになってるのでデザインは別物。
P00_0549
同時発売のジョーカーとも。同じゲームのキャラだけあって並べると絵になる感じに。
P00_0559
適当に何枚か。
P00_0569
可動は前述のとおりかなり良好で足は大キャスト製なので安定感もばっちり。
P00_0573
腰も柔軟に動くので蹴りポーズなどもほぼゲームに近い動きが再現可能。
P00_0577
バットラングもゲーム中の技通り2つ付属。
P00_0582
同時投げ。超技用のスタンガンもあれば更に良かったですが。
P00_0634
フルフェイスに交換。
P00_0598
グラップルガン装備。頭部はやはりこちらの方が俄然格好良くなる印象。
P00_0596
ワイヤーを使ってジャンプ。ダイキャストも使われ重量があるのでスタンドはちょっと外れやすいです。
P00_0605
ジョーカーと対決。ワイヤーはリード線なので動きをつけることも。
P00_0618
顔面に膝蹴り。このゲームは映画の知識が主だと超人達に混じるバットマンにかなり違和感を覚える気が。
P00_0640
終わり。以上、S.H.フィギュアーツ バットマン(INJUSTICE ver.)のレビューでした。

インジャスティス版ということで映画版などに比べるとかなりアレンジの強いデザインになってますが、装甲部分の質感など非常にリアルに再現されており頭部も通常の方は個人的にはいまいちだったもののフルフェイスの方は文句なしの出来で全体的に非常に格好良く仕上がってました。
可動もゴツゴツしたデザインのわりにどこもかなりよく動き足も大キャスト製なので安定感があって遊びやすくオプションも重要なアイテムはきっちりカバーしてるので内容的にも申し分なかったです。
オリジナル色が強いので多少好き嫌い分かれそうですが見た目、可動ともに出来に関してはかなり良いのでゲームをやったことないという人でもバットマンが好きならなかなかオススメです。

S.H.Figuarts ハーレークィン(INJUSTICE ver.)、仮面ライダーブレイド ブロークンヘッドVer.など(魂ウェブ商店)



S.H.フィギュアーツ バットマン(INJUSTICE ver.)

S.H.フィギュアーツ ジョーカー(INJUSTICE ver.)

S.H.フィギュアーツ キン肉マン(あみあみ)