P00_0968
S.H.フィギュアーツ ジョーカー(INJUSTICE ver.)のレビューです。
P00_0924P00_0929
全身。こちらはバットマンとは異なり長身細身でアレンジはされてるものの色やシルエットなど原作に近いイメージ。
P00_0889
顔。大きく口を開いて笑っているジョーカーらしい狂気じみた表情。
P00_0875P00_0872
しわ造形も細かく重要な唇部分などの塗装も丁寧でよく出来てました。
P00_0892
口を閉じた表情の別頭部。
P00_0897
口を閉じてると顔のシワのみが強調されて老けすぎてるように見えちょっと微妙。
P00_0887
ガスマスクを被った別頭部も付属。
P00_0878P00_0883
こちらは顔が完全に隠れてクリーチャーっぽい雰囲気になるので素顔が気に入らない人はこれで飾るのが良さそう。
P00_0901
各部位など。刺々しい形の襟や胸の花、複雑なデザインのインナーなども全て細かく再現。
P00_0904
腰回り。垂れた裾は軟質素材。
P00_0863P00_0869
腕や足。スーツのしわ造形などもリアルで生地の質感なんかも自然に再現されてました。
P00_0853
オプション。
P00_0908
ナイフ。
P00_0914
バール。
P00_0910
拳銃。ナイフとバールは兼用ですがそれぞれ専用の持ち手も付属。
P00_0917
ジョーカーのトランプ。こちらも専用の持ち手付き。
P00_1031
チャタリング・ティース。こちらは2つ付属。後ろのネジなどまで細かく造形。
P00_1032
口は開閉可能。ただ口を最大まで開けると後ろに重心がかかって自立出来なくなります。
P00_0921
マスクに両手武器装備でバットマンと。幅は負けてますが高さはこちらのほうが上。
P00_0931
適当に何枚か。
P00_0936
可動は肩がダブルジョイントでかなり柔軟に動かすことが。手首も可動するもののBJではないので突き刺すような動きは不可。
P00_0963
特に干渉する箇所もないので首周りも広く可動。口閉じ顔は何か企んでるような動きと合わせるのにぴったり。
P00_0942
腰のスイング幅も広く回転も問題なし。股関節は引き出し式で接地性もかなり高めでした。
P00_0972
拳銃装備。こちらも足にはダイキャストが使われてますがバットマンより接地面が細く長身なので安定感は多少劣る感じに。
P00_0968
ガスマスク装備。バットマンのフルフェイスと同じく人間味を消すことが出来るオプション。
P00_0987
チャタリング・ティース。ゲームではもっと数がありましたが今回は2つ。
P00_0994
自立もするので一緒に並べて飾ることが。あまり腰を落とすと裾が下に干渉しますが軟質なので特に動きに制限はなし。
P00_1002
バットマンと対決。
P00_1009
バール攻撃。元々同じ作品内のキャラなので組み合わせても様になります。
P00_1028
終わり。S.H.フィギュアーツ ジョーカー(INJUSTICE ver.)のレビューでした。

こちらもバットマンと同じくゲームでの印象そのままの作りで顔のしわや肌、髪色などの再現度も高く、衣装の細かいデザインなども全てきっちり再現されてて全体の塗装レベルも高く非常に完成度の高い仕上がりになってました。
可動も肩がダブルジョイントになってるなど配慮された作りになっててどこもよく動きオプションも豊富でプレイバリューも高く内容的にも申し分なかったです。
バットマンに比べかなりアクの強いデザインなので好き嫌いが分かれそうですが同じ作品のキャラだけあって並べると絵になる感じなのでそちらが気に入った人ならこちらもなかなかオススメです。

S.H.Figuarts ハーレークィン(INJUSTICE ver.)、仮面ライダーブレイド ブロークンヘッドVer.など(魂ウェブ商店)



S.H.フィギュアーツ バットマン(INJUSTICE ver.)

S.H.フィギュアーツ ジョーカー(INJUSTICE ver.)

S.H.フィギュアーツ キン肉マン(あみあみ)