P00_2498
スタチューレジェンド マジシャンズレッドのレビューです。
P00_2404P00_2408
全身。スタチューレジェンドシリーズらしい躍動感のある造形でスタープラチナと同じく足元にはクリアのエフェクト。
P00_2412P00_2414
ポーズはカメオ戦で再登場した時のマジシャンズレッド定番の物で動きの再現度などもばっちりでした。
P00_2424P00_2420
ボリュームはかなりありますが台座はスタープラチナ、チャリオッツなどと同じ小型の円形なので置き場所もあまりとらず。
P00_2439
顔。元々人間ではなくただの鳥なので出来自体は超像可動とそんなに違いはなかったです。
P00_2436P00_2433
口の中もしっかり作り込まれ後頭部の造形なども自然。
P00_2444
各部位など。やや細マッチョ気味な体格も見事な造形で塗装も非常に丁寧。
P00_2447
肋骨の浮き具合などもリアル。下半身との境目も自然でした。
P00_2451
前側とは違って寄った状態になってる背筋も物凄いことに。
P00_2453
爪などもきっちり造形塗装。
P00_2457
腰回り。毛の造形は超像可動と似た感じに。色はそちらより暗めで落ち着いた印象になってました。
P00_2460
足には炎のエフェクトが絡まった状態に。
P00_2465
エフェクトもちゃんとグラデになってるので安っぽさなどもなし。
P00_2725
超像可動と比べると一回り大きく肌や毛の色も変化。
P00_2469
サイズは同シリーズのスタープラチナと大体同じ。隣に並べると殴られてるみたいでシュールな絵に。
P00_2510
適当に何枚か。
P00_2486

P00_2529

P00_2519

P00_2504

P00_2511

P00_2485
終わり。以上、スタチューレジェンド マジシャンズレッドのレビューでした。

サイズ的にそんなに差がないスタープラチナが5千円ちょいだったことを考えるとやはりいつも通り割高感はあるものの造形塗装などは安定しており出来に関しては申し分なかったです。
鳥そのままのような不気味な顔立ちもばっちり再現され固定フィギュアならではのポーズに合わせた筋肉の造形美なども素晴らしく、マジシャンズレッドの立体物としては間違いなく決定版といえる完成度の高さでした。
しばらくはアニメに合わせてか3部の敵キャラが続くみたいですが残りの味方キャラのアブドゥルやジョースター、イギーなどにも期待です。




スタチューレジェンド ジョジョの奇妙な冒険 第三部 51.マジシャンズレッド

スタチューレジェンド「ジョジョの奇妙な冒険」第3部 52.ンドゥール&ゲブ神

スタチューレジェンド「ジョジョの奇妙な冒険」第3部 53.ダニエル・J・ダービー(あみあみ)