ドライツバーク(ガンダムエース付録)レビュー
RGウイングガンダムゼロ(EW)用ウェポンパーツ「ドライツバーク」のレビューです。
P00_7442
セット内容。メッサーツバーク×3、ドライツバークの基部、各種ジョイント、肩固定アシストパーツ、スタンドなど。
P00_7445
メッサーツバーク。小型のライフルでグリップにはダボがあり右手用×1、左手用×2の合計3丁が付属。
P00_7446
砲口部分にはサーベル刃を取付可能。
P00_7452
グリップの付いた基部パーツに3丁合体させたドライツバーク。こちらは右手専用。
P00_7456
結構な重量で片手での保持は厳しい為専用のスタンドも付いてました。
P00_7463
元々RGウイングゼロに付属するツインバスターライフルにジョイントを取り付け、
P00_7466
そこにメッサーツバーク3丁をセットすればドライツバークバスターに。
P00_7470
スタンドはこちらにも使用可。なおメッサーツバーク取り付け穴はあと3箇所余裕があるので2個買いすれば6個付けることも。
P00_7474
肩を固定するアシストパーツも付属。
P00_7477
ただ肩を固定した所でドライツバークバスターの重さには手首が負けてしまうのでどの道片手での保持は不可。
P00_7457
なおスタンドは組み替えればツインバスターライフルをまとめておくパーツとして使うことも。
P00_7484
ドライツバークバスターは本体よりもかなり大きく立てて持たせるだけでもかなりの迫力。
P00_7574
適当に何枚か。
P00_7545
パーツのポロリなどはほぼなくRGウイングゼロはRGの中でもかなり動かしやすい部類なのでストレスは少なめ。
P00_7532
ドライツバークは今回のセットだけで組めるので元々のツインバスターライフルと両手持ちすることも。
P00_7538
ビームサーベルを付けるとビルドアカツキの物と似た武器に。色が違いますがサーベル刃もそちらから流用可能でした。
P00_7493
合体してドライツバークバスターに。かなりの重量ですが左手を添えるなりすれば補助なしでの保持も可能。
P00_7584
各武器は他のHGなどにも使用可能。
P00_7566
ただグリップにダボがあるのでちょうどいい位置に穴があるか持ち手の隙間に余裕がある物じゃないと無理でした。
P00_7524
挿絵によるとフローズンティアドロップでドライツバークを使うのはこっちのゼロになるよう。
P00_7531
メッサーツバークの位置は変えることも。成型色はグレー一色で癖がないのでガンダム以外でもそれほど違和感もなし。
ドライツバーク(ガンダムエース付録)レビュー
最後はもう一度ウイングゼロに持たせて終わり。以上、ドライツバークのレビューでした。

この手の雑誌付録として発売されるギミック重視のオリジナル武器はよくありますが今回は基本的にRGウイングゼロ専用ということで成型色も揃えられててデザイン的な統一感もあり特に完成度の高い出来に仕上がってました。
合体させた形態では流石にかなりの重量があって片手での保持は厳しかったですがRGウイングゼロがRGにしてはかなり動かしやすく、今回はギミックもシンプルなのでポロリなどもなく遊びやすさの面でも上々でした。
雑誌付録ということでこちらのみが欲しい場合少し高くつくのが厄介ですが本体と一緒に立てて飾っておくだけもかなりの迫力なのでオススメです。

MG ドズル専用リック・ドム、PG ユニコーン用 FA拡張ユニット、RG Wゼロ EW用“セラフィムフェザー”など(プレミアムバンダイ)



RG 1/144 XXXG-00W0 ウイングガンダムゼロ EW

月刊ガンダムエース 2015年02月号 付録:RGウイングガンダムゼロ(EW)用ウェポンパーツ(雑誌)

月刊ホビージャパン 2015年03月号(雑誌)