ねんどろいど 4号戦車 レビュー
ねんどろいどもあ IV号戦車D型のレビューです。
P00_9668
箱から出したままの状態。扉や細かなパーツなどは別になっており自分で取り付けていく方式。
P00_9670
後ろ。
P00_9664
細かなパーツはランナーのままになってるので自分で切り取る必要があります。
P00_9660
シールも付属。
P00_9676
各パーツを組み付けた状態。扉が閉まりライトなども付いてちゃんとした形に。
P00_9678
後ろ。ねんどろいど仕様なので形状はデフォルメされてますが色なども渋くなかなかの格好良さでした。
P00_9682
横から。プルバック方式で走らせることが出来る作りになってますが裏にタイヤが付いてる形式で履帯は固定。
P00_9687
裏側。前輪はせり出して回るようになっており走らせると上下に揺れて走行。
P00_9691
砲塔は回転可能で砲身も若干上下に可動。
P00_9698
ねんどろいどぷちと並べるとサイズ差もほどよい感じに。
P00_9714
5人全員乗せた状態。各扉は付け替えで開いた状態にすることが。
P00_9717
後ろ。内部にはピンが出ており各キャラの上半身に差して固定する方式になってました。
P00_9730
みほは砲塔中央。こちらの扉は左右に開くタイプですが若干外れやすめ。
P00_9728
右側には秋山優花里。体を斜めにして敬礼するというシュールな絵に。
P00_9723
左側には五十鈴華。こちらはポーズや目線も自然。
P00_9720
前は武部沙織と冷泉麻子。武部沙織は髪のボリュームがあるので真正面向けるのはちょっと厳しめ。
P00_9798
続いて通常のねんどろいどでも。こちらは車体に比べて頭が大きすぎてやや不自然。
P00_9799
乗せる時は西住みほに付属の砲塔ごと付け替える方式でした。
P00_9802
ただそのせいで車体と砲塔の色が違っておりこちらの面でも通常のねんどろいどだとちょっと微妙な見た目に。
P00_9708
適当に何枚か。
P00_9766
発進。単体でも見栄えしますがやはりねんぷちを5人乗せした時の見た目がベストな印象。
P00_9777
元々のねんぷちの出来が良かったこともあり可愛らしさもばっちり。
P00_9787
後ろから。ただ走らせて遊ぶには大きいのでプルバックのギミックは個人的にはいらなかったような…
P00_9792
下半身や台座が余剰になってしまいますが当分はこの状態で飾ることになりそう。
P00_9744
細かいパーツは後からはめ込んでいく形式ですがみほの扉以外は不意に外れたりもなかったです。
P00_9734
さおりんは正面向きにくいですがこれはこれでキャラに合ってる感じが。
P00_9808
ねんどろいどに交換。
P00_9824
発売済みの2体と一緒に。
P00_9847
やはり戦車に乗ってる時はパンツァージャケットの方が合うので体を秋山殿から拝借。
P00_9831
みほのこちらのバージョンも出るのか出ないのかそろそろ明らかにしてくれたらいいんですが。
P00_9867
体の形が合う物なら他のキャラも搭乗可能。
P00_9876
ぷちも同様。最後は使えなそうな5人組を乗っけて。
ねんどろいど 4号戦車 レビュー
終わり。以上、ねんどろいどもあ IV号戦車D型のレビューでした。

一部自分で組み立てる必要があるのが多少面倒なものの流石グッスマだけあってデフォルメでも作りなどは本格的で単体でも見栄え良く、専用の物だけあって先に出ていたねんぷち、ねんどろとの相性もばっちりでよく出来てました。
個人的にはプルバックのギミックはいらなかったような気がしますが、やはりねんぷち5体を乗せて飾った時の満足度はかなりのものでまたサイズの合う物限定ですが全然関係ないキャラを乗せたりしても面白かったです。
肝心のねんぷちガルパンの方が今では品薄になってしまったようですが、そちらを持ってる人ならかなりオススメです。




ねんどろいどもあ ガールズ&パンツァー IV号戦車D型

ねんどろいどぷち ガールズ&パンツァー 12個入りBOX

figma ガールズ&パンツァー 冷泉麻子(あみあみ)