ROBOT魂 マスターガンダム レビュー
ROBOT魂 マスターガンダムのレビューです。
P00_3744P00_3747
全身。関節など基本的な作りはゴッドと同じですがこちらは脚部などややごつめに。色は黒主体でアニメより暗めな印象。
P00_3765
顔。大きく左右に広がった形状が独特。目つきも鋭く敵ガンダムらしい迫力ある顔立ち。
P00_3759P00_3761
目はいつも踊りメタリック塗装。マスクのスミ入れなんかも多少滲みはありますが概ね綺麗でした。
P00_3769
下から。
P00_3771
各部位など。胴体はゴッドに近いバランス。腹部など引き締まった体型で赤黄の塗装も正確。
P00_3774
腰回り。黒の成型色は真っ黒とグレー寄りの2色使われてますがどちも暗めなので安っぽさなどはなし。
P00_3750P00_3754
腕や足。曲線の多いデザインですがフォルムなども自然。脚部はゴッドより少し太めに。
P00_3783
背中。ウイングシールドは結構大きめですが自立は大丈夫でした。
P00_3784
基部と内側の小羽はそれぞれボールジョイント可動。ただマント状にして体を覆うギミックはオミット。
P00_3799
可動はゴッドと同じで腰や股関節が引き出し式に。ただ肩はデザイン的にそちらほどは上がらず。
P00_3798
肘膝足首などは完璧。今回も肘膝関節が回転するギミックもありましたが干渉があリ回るのは少しだけ。
P00_3742
オプション。
P00_3791
主だった物はマスタークロスのみというシンプルな構成。
P00_3792
ダークネスフィンガー用の平手も付属。
P00_3780
サイズはゴッドとほぼ同じですが体型は結構な違いが。
P00_3818
適当に何枚か。
P00_3830
蹴り。可動はゴッドほどではなかったですが単体で見れば十分なレベル。スタンド穴は背中と股間2箇所に。
P00_3851
ゴッド同様見る角度にもよりますが腕組みもまあまあそれっぽい感じには。
P00_3863
今回も指を伸ばした平手が付くので演舞っぽい動きも再現可能。
P00_3867
マスタークロスは伸ばした状態に固定で形状を変えることなどは不可。
P00_3886
そんなに長さもないので真っ直ぐ伸ばした状態でも支えなどは必要なし。
P00_3901
十二王方牌大車併。エフェクト無しでやってもちょっと微妙。
P00_3917
ダークネスフィンガー。
P00_4022
流派東方不敗が最終奥義。
P00_4050
石破天驚拳。エフェクトは先端が平たいのでちょっと無理がありますがνの拡張セットから。
P00_4066
ゴッドガンダムと定番のやつ。今回股関節がかなり緩く足を開いて立たせるとそのまま股が開く時があるのが厄介でした。
P00_3981
お前と遊んでいる暇はない!マスターがただのやられやく役ですが個人的にかなり好きなシーン。
P00_3943
ゴッドフィンガー対ダークネスフィンガー。
ROBOT魂 マスターガンダム レビュー
終わり。以上、ROBOT魂 マスターガンダムのレビューでした。

アニメだと結構紫の印象があったのに対して黒とグレーの配色になってるのでこの辺は賛否分かれそうですが、造形は今回も作風にあったメリハリのついた感じで格好良く仕上がってました。
可動もゴッドほどではなかったのと股関節が緩かったのがちょっと気になりましたが基本的にはよく動く方でオプションも少なめなものの特殊なエフェクトを使うような技以外は再現出来るのでそこまでは不満もなかったです。
いつも通り結構タイムラグがあるのが惜しいですが、マスターもゴッドと同じくオプションセットが出るみたいで収納状態のウイングシールドやらはその中に入るみたいなのでそちらにも期待です。

ROBOT魂 マスターガンダムオプションパーツセット、クロスボーン・ガンダムX1改(フルアクションVer.)など(魂ウェブ商店)



ROBOT魂 -ロボット魂-〈SIDE MS〉 マスターガンダム

S.H.フィギュアーツ 東方不敗

ROBOT魂 -ロボット魂-〈SIDE MS〉 シャイニングガンダム