HGUC ズサ ZZ レビュー
HGUC ズサ ZZ版のレビューです。
P00_0047P00_0049
全身。黄色を中心とした馴染みのあるZZ版カラー。造形はほぼ以前のユニコーンVer.の流用で前腕部分のみ新規に。
P00_0061
顔。ユニコーン版と同じくモノアイはシールで位置を選んで貼る方式。
P00_0066
各部位など。胸部中央の赤はシール。
P00_0073
胸部ミサイルハッチは開閉可能。ただし弾頭はこちらもシール。
P00_0070
腰回り。こちらの赤は色分け。
P00_0057P00_0059
腕や足。前腕はUC版ではエングレービングでしたが今回は新規で平坦な造形に。手甲パーツにはシールを使用。
P00_0075
腕の裏側にもミサイルを装備。こちらも弾頭はシール。
P00_0078
脚部には太腿と脛にミサイル。太腿はカバーをスライドさせ、脛は前側に引き出して展開。こちらはきっちり色分け。
P00_0240
ちなみに腕の新規パーツはユニコーン版の上にカバーを被せるだけというシンプルなものでした。
P00_0081
背面にはブースターポッド。ユニコーン版ではこちらに結構シールが使われてましたが今回は先端のみ。
P00_0084
ブースターポッドに付いてるミサイルはそれぞれ前後に可動。
P00_0043
オプション。ユニコーン版にあったギラドーガからの流用のビームマシンガンとシールドも付属。
P00_0212P00_0209
一応フル装備で。
P00_0092
ビームマシンガン。ランナーの都合上ブースターと同じ濃いめの黄色なのでちょっと違和感が。
P00_0220
シールド。こちらはそんなに違和感なし。
P00_0103
ブースターポッドは分離出来、単体で展示可能。
P00_0108
後ろ。面倒な変形手順などはなく本体から外してミサイルポッドを前に向けるだけ。
P00_0110
横から。
P00_0112
裏側。
P00_0118P00_0121
ブースターポッド分離後の本体。マシュマーはこの状態でも戦ってたのでUC版の時よりは馴染みのある感じ。
P00_0217
UC版と。造形の違いは腕のみ。
P00_0102
ZZ版カラーの他機体と。今回は売上が見込めなかったのかWEB限定に。
P00_0130
適当に何枚か。
P00_0136
前腕以外はユニコーン版と共通なので当然可動も変わりなし。
P00_0139
スラスターなどが大きく後ろ姿もわりと迫力ありますがHGなのでノズルの内側などは色分けされず。
P00_0153
ミサイル全弾発射。
P00_0162
ユニコーン版も悪いわけではないですがゲームやら何やら含め馴染みのあるのはやはりこの色。
P00_0179
ビームサーベル。腰が回らず肩も若干の引き出ししかないのであまり派手に振ったりは出来ず。
P00_0186
ビームマシンガン、シールドも一応。個人的にはもしUC版とZZ版を同時に出してたらZZ版の方が売れた気が。
P00_0202
劇中でも終盤ライフルを持ってたことはありましたがこの色だとポップすぎてちょっと変な感じが。
P00_0237
ブースターポッド分離。マシュマーは右のミサイルブロックだけ肩に乗っけてましたが当然無加工ではそちらの再現は出来ず。
HGUC ズサ ZZ レビュー
終わり。以上、HGUC ズサ ZZ版のレビューでした。

ユニコーン版のズサやZZ版のドライセン、ドーベンウルフなどが売れなかったからなのか原因は謎ですが、今回はちゃんとアニメに出てきた機体ながらプレミアムバンダイのみでの専売。
出来に関しては前腕以外はユニコーン版からの流用なので見た目、可動ともにそちらとほぼ変わりなかったですが、やはりZZ版カラーのほうが馴染み深い感じで他でも立体物があまりないMSなので満足度は高かったです。
未だにZに出てくるバウンドドックも出ないくらいなので厳しそうですがハンマハンマやRジャジャなどZZのMSは奇抜なデザインで独特な魅力のある物が多いのでそちらもいつかは出して欲しいところです。

MG ヘビー・ガンダム、HGUC 1/144 RGM-89A2 ジェガンA2型(ゼネラル・レビル配備機) など(プレミアムバンダイ)


HGUC 1/144 RX-78-2 ガンダム(あみあみ)

HG 1/144 プロトタイプグフ(戦術実証機)

HG 1/144 高機動型ザクII オルテガ専用機(あみあみ)