MG ガンダムアメイジングレッドウォーリア レビュー
MG アメイジングレッドウォーリアのレビューです。
P00_0702P00_0706
全身。フレームなど一部はMGガンダムVer.2.0からの流用ですが大半の部分は新規でMGだけあって色分けも完璧。
P00_0589
顔。RX-78に似たシルエットですが流用はなく完全新規。目つきが鋭くマスクにへの字もなく引き締まった印象に。
P00_0586P00_0581
目はシールを貼ってますが下は透明のクリアパーツ。MGなのでアンテナもシャープでした。
P00_0712
各部位など。MGオリジナルギミックとしてコクピットハッチが追加されてるので腹部はHGと違った形に。
P00_0715
ハッチはシャッター状に上に開く仕組みに。
P00_0713
腰回り。こちらもHGよりディテールが増え中央のグレーも色分け。
P00_0724
胸部ミサイルは背中のスイッチを押すことで腰部の方はスライドして展開。またサイドも装甲が開きマウントラッチを露出可能。
P00_0708P00_0710
腕や足。四肢の長さや適度に膨らんだふくらはぎなどバランスの良いプロポーション。足のシリンダーはHGと違って可動式。
P00_0613
シールド。
P00_0650
裏側。前部分のバルカンも色分け。
P00_0720
背中。肩部バーニアユニットはHGと同じく単独可動。バックパックのバーニアもボールジョイント可動。
P00_0609
武器用アームはHGより可動箇所が増えて使い勝手が向上。
P00_0973
バックパックを外すと胸部ミサイルを押し出すスイッチ。
P00_0727P00_0726
腰が引き出してスイング出来るようになっており前後にかなり動くのが特徴。
P00_0563
オプション。
P00_0565
メイジンカワグチのミニフィギュアも付属。
P00_0557
マーキングシール。
P00_0693P00_0688
フル装備状態。
P00_0638
ハイパーバズーカ。一番基本の武器。アームに接続したまま前方へ展開出来グリップを起こして使用。
P00_0644
ガンブレイド(ショート)。バックパック左側に装備されてる武器。MGでは刀身も色分け。
P00_0643
ロング用の刃パーツも付属。
P00_0653
刃を外せばハンドガンとして使用可。また中央のパーツを回転させればマウント用の穴が露出。こちらは全ての武器で共通。
P00_0649
外した刃パーツのみを保持することも可。こちらもちゃんと手首のピンで保持することが。
P00_0658
ショートライフル。こちらはビームガトリング、ビームライフル甲の基部となるパーツで、
P00_0661
ガトリング砲身、E-PACを付ければビームガトリングに、
P00_0665
砲身とセンサーカメラを付ければビームライフル甲にすることが可能。E-PACとセンサーカメラは選択式でどちらでも使用可。
P00_0666
またビームライフル甲にはスーパーナパームも取付可能。
P00_0668
ビームライフル乙。こちらは特に付け替えなどのギミックはなし。
P00_0670
ビームライフル甲と乙が連結できるギミックはHGと同じ。
P00_0672
ガトリング状態でも変わらず。
P00_0674
各武装はパーツを回転させることで穴を露出出来るので全て背部のアームに取り付け可能。
P00_0680
またグリップに固定するジョイントを使って腰横のラッチにマウントしたりも可能でした。
P00_0681
あまり使い所はなさそうですがジョイントを使って武器の横への連結や、
P00_0884
グリップ同士を繋げるジョイントを使って連結したりも可能でした。
P00_0684
ショートとロングの刃のみを繋げたりも可。
P00_0687
サーベル刃はHGと同じく腕に取り付けて使用。長短2種が付属。
P00_0699
MG2.0とはフレームが共通なので一部関節などが同じ。成型色はHGと変わってなかったです。
P00_0738
適当に何枚か。
P00_0751
可動は少し古めのMGガンダム2.0が流用されてますが肩は70度くらい引き出せ最近の物と比べても全く見劣りせず。
P00_0762
ハイパーバズーカも展開。接地性も高くかなり足を開いても安定して自立。
P00_0784
ビームガトリングも持たせてミサイルハッチも展開。武器は全てピン形式なので保持も安定。
P00_0802
ビームライフル甲乙装備。腰の可動が優れてるのでHGでは出来ないような角度をつけられるのが独特。
P00_0806
ミサイルハッチも展開して全弾発射。アームもHGより動かしやすく。
P00_0832
武器連結。膝立ちも問題なく両武器のグリップを握らせたりも可。
P00_0822
甲の先端にはガンダム2.0から流用のスーパーナパームを装備可。
P00_0841
ソードの刃同士を合体。肘膝も二重関節で180度近く曲がりますが腰の回転だけ干渉があり30度程度だったのが残念。
P00_0846
ビームサーベルはHGと同じく長短2種付属。
P00_0850
長短の差はHGの時より大きくなってました。
MG レッドウォーリア レビュー
指可動のおかげでちゃんと再現出来るようになった降臨で終わり。以上、MG アメイジングレッドウォーリアのレビューでした。

一部MGガンダム2.0のフレームが流用されてますが大半は新規なので最近の物同様プロポーションなどバランス良く、色分けも胴体内部のミサイルハッチなどまで完璧で完成度の高い出来に仕上がってました。
可動も流用元のMGガンダム2.0は少し古めですが可動に特化したモデルだったので今でも劣ることはなく、腰の回転だけいまいちだったもののそこ以外は完璧で、武装もHGと同じく劇中未登場の物も大量に付属しそれぞれ連結出来たりなど遊びの幅もかなり広かったです。
ビルドファイターズのMGは最近になってリナーシタが出たりHGに比べるとかなりゆったりしたペースですが今回は初のトライからのラインナップということで主役機のビルドバーニングかトライバーニングなんかも出るのかも気になるところです。

MG アルトロンガンダムEW、ジェスタ・キャノン、ガンダムフェニーチェリナーシタアルバなど(プレミアムバンダイ)



MG 1/100 ガンダムアメイジングレッドウォーリア

PG 1/60 RX-0[N] ユニコーンガンダム2号機 バンシィ・ノルン

1/100 ガンダムバルバトス プラモデル(仮称)