レジェンドBB バーサルナイト レビュー
レジェンドBB バーサル騎士ガンダムのレビューです。
P00_0895
全身。いつものBBと同じく大まかに色分けして細かい部分はシールで補完する仕様。今回は全体的にメッキが多め。
P00_0900
後ろ。色数はそんなに多くないのでFAよりシールの量は少し控えめでした。
P00_0941
顔。本体は同じなので曲線的な造形や目の大きさのバランスなどはこれまでの騎士と変わらず。
P00_0949P00_0945
バイザー部分は金銀すべてメッキで額の玉はクリアパーツ。白い部分と奥の額の赤だけシールを貼る方式に。
P00_0954
中身は同じなのでいつも通り目のパーツを裏返すギミックも。目のシールも通常騎士と共通で左目線
P00_0951
右目線。
P00_0958
笑ってる状態の物が付属。
P00_0919
バイザーは上下に可動。
P00_0902
鎧はフロントアーマーの銀だけシールで他は色分け。元々シンプルなデザインなのでシールも僅か。
P00_0907
肩鎧は全てメッキで青い部分だけシール。上の方が曲面で貼りにくいのが難点。
P00_0910
背中。マントは通常の騎士からの流用でナイトフライヤーと組み合わせて装着。
P00_0935
可動などは特に変わらず。ナイトフライヤーは基部が前後に動くのみで広げたりは不可。
P00_0970
フライヤーやマントの位置を変え背部パーツを付け替えればケンタウロスモードも再現可能。
P00_0969
ただ通常の騎士と違って本体の足を変えたりはしないので変化はあまり目立たず。
P00_0964
後ろ。
P00_0891
オプション。
P00_0938
フル装備状態。見本では右にスピアを持たせてましたがカードダス的には右に剣のイメージ。
P00_0927
バーサルソード。こちらは金部分はシールで柄の赤だけは色分け。
P00_0934
鞘も付属し腰裏に取り付け可能。収納する時はシールの剥がれに注意。
P00_0932
電磁ランス。こちらも金部分がシール。
P00_0885P00_0889
軽装状態。
P00_0925
同じレジェンドBBの騎士、フルアーマーと。本体は共通なのでバランスなどは概ね変わらず。
P00_0924
SDXと比べると顔の造形や体のバランスなどかなり違ってました。
P00_1003
適当に何枚か。
P00_1033
本体は共通なので可動もこれまでの騎士ガンダム2つと大体同じ。
P00_1011
肩はBB共通の引き出し構造でかなり引き出すことが。腰の回転も問題なし。
P00_0994
ただ肩鎧が大きいので基部はボールジョイント可動はするものの動きによってはフライヤーに干渉。
P00_1015
また腰裏の鞘も干渉するので動かす時は外した方が良さそう。
P00_1013
目パーツの互換性もあるのでこれまでと違うパターンにすればシールを貼り変える必要なく色々選べて便利。
P00_0999
ナイトガンダム物語2イラスト風に。
P00_0977
ケンタウロスモード。
P00_0982
見慣れないせいかバーサルナイトにはあんまり似合わないですが。
LEGED BB バーサル騎士ガンダム レビュー
終わり。以上、レジェンドBB バーサル騎士ガンダムのレビューでした。

メッキパーツの量が多いからかこれまでのレジェンドBBの中でも値段は少し高めでしたがその分金銀2色がメッキで見栄え良く、FAなどに比べると色数も少なめなのでシールもそんなには目立たずボリュームもあって豪華な見た目に仕上がってました。
可動はこれまでの騎士ガンダムと中身が同じなので特に目新しさはなかったですがレジェンドシリーズ共通の堅実な作りで体形のわりによく動きケンタウロスなどのギミックもきっちり再現されてて遊びの面でも不満を感じるような所はなかったです。
SDXのように同じシリーズのスペリオルドラゴンやアルガス騎士団に続いていくのか魔竜剣士ゼロなどのように他シリーズの主役を出していったりするのか気になるところです。

MG アルトロンガンダムEW、ジェスタ・キャノン、ガンダムフェニーチェリナーシタアルバなど(プレミアムバンダイ)



BB戦士399 LEGEND BB バーサル騎士ガンダム

NXEDGE STYLE [MS UNIT] ダブルオークアンタ

FW GUNDAM CONVERGE EX07 デンドロビウム(食玩)(あみあみ)