フィギュアーツ ハート レビュー
S.H.フィギュアーツ ハートロイミュードのレビューです。
P00_1330P00_1335
全身。久々の怪人系フィギュアーツで造形は完全新規。怪人らしい精密かつグロテスクな意匠が忠実に再現されてました。
P00_1352
顔。ヒトの姿をしてる時の面影は全くなく完全な化け物。髑髏のようなマスク部分が特に不気味。
P00_1348P00_1345
ライダーよりも情報量の多いデザインですが塗装などは正確で角部分はグラデになってるなど非常に凝った作りに。
P00_1356
各部位など。体も非常に精密で開いた胸部には機械的な意匠が。モールドもきっちり塗装されてるので立体感もばっちり。
P00_1359
腰回り。腰布は前後左右全て軟質素材でした。
P00_1336P00_1340
腕や足。体格は劇中通り少しごつめでどこもディテールがびっしり。
P00_1362
背中。
P00_1327
オプション。何故か持ち手が付属。
P00_1366
サイズはドライブなどと変わりなし。劇中だと少し大きいイメージがあるのでやや縮んでる印象。
P00_1377
適当に何枚か。
P00_1388
パンチ。肘や膝など関節の一部はライダーからの流用ですが周りの造形が違いすぎるのでそちらほどは動かず。
P00_1404
ただ肘膝は90度以上は動くので特に問題なし。肩当てはBJ接続ですが肩当て自体が大きく肩は水平以上上げるのは厳しめ。
P00_1391
蹴り。股関節は引き出し式で腰回りのパーツも全て軟質素材なので足は見た目のわりにかなり動かすことが。
P00_1414
超重加速パンチ。腰はしっかりと回転可能で首も基部ごと動くので柔軟。
P00_1419
龍王丸のエフェクトを使って角からの光弾。接地性も特別良くはないものの特に問題なかったです。
P00_1431
殴って光弾飛ばし。
P00_1439
タイプスピードと。
P00_1449
背中合わせからの対決。ハートは超進化した後より元々の赤の方が断然格好良かった印象。
P00_1523
敵のトップながら序盤から戦闘に参加して中間フォームのデッドヒートにボコられたりするのが独特。
P00_1469
タイプテクニックに心臓を掴まれピンチ。
SHF ハートロイミュード レビュー
終わり。以上、S.H.フィギュアーツ ハートロイミュードのレビューでした。

鎧武の時は一切出なかったのでかなり久々の怪人系アーツでしたがライダー以上の精密な造形や丁寧な塗装などは昔と変わらず非常の存在感のある仕上がりになってました。
可動は肩当てが大きいので腕を水平に上げたりは苦手だったものの他は特に問題なく干渉する箇所は軟質素材になってるなど作りも配慮されててよく動き、オプションが手首のみなので単体での遊びの幅はあまりないですが他のライダーとの絡みなどにも使えるキャラなので特に不満もなかったです。
ドライブのフィギュアーツはチェイサーですらWEB限定になるくらいなので厳しそうですが敵が1体だけというのも寂しく劇中でもかなり良いキャラだったので出来ればブレンも続けて出して欲しい所です。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーチェイサー、仮面ライダー超デッドヒートドライブ、デッドヒートマッハなど(魂ウェブ商店)



S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー3号
S.H.フィギュアーツ ライドロン

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー旧2号&サイクロン号(改造Ver.)セット(あみあみ)