HI-METAL R アーマードバルキリー レビュー
HI-METAL R VF-1J アーマードバルキリーのレビューです。
P00_6350P00_6347
バトロイド形態。変形にアーマードパックと多数のギミックがありますがプロポーションなど自然でこのままでも十分な格好良さ。
P00_6328
顔。バイザー部分はメタリック塗装。赤のラインなども正確でした。
P00_6331P00_6330
レーザー機銃は硬質と軟質の2種が付属。基部は回転可能。
P00_6336
各部位など。モールドなどのディテールも適度に入っており精密感もありこちらもラインの塗装なども綺麗。
P00_6337
腰回り。肩や腰のフレームなど一部金属が使われてますが股関節はDX超合金と異なり普通のプラ。
P00_6321P00_6351
腕や足。四肢のバランスも自然。足はダイキャストなので安定感も十分。
P00_6341
可動もデザイン状腰は固定ですが肩や腰などボールジョイントで柔軟に動き肘も深く曲げることが。
P00_6534
ただ膝は90度程度で接地性もやや低め。股関節は引き出し式で開脚幅を広げられるようになってました。
P00_6073
オプション。軟質機銃はランナー形式。スタンドジョイントは各形態別々の物が付属。
P00_6076
アーマードパックとアーマード時に使うパーツ一式。
P00_6357
ガンポッド。グリップは引き抜けるようになっておりこちらの持ち手に差し込むタイプと、
P00_6355
手首とグリップが一体化した物も付属。
P00_6532
またグリップを抜いて砲身を縮めればファイター時の要領で腕にマウントすることも。
P00_6397
ガウォークへの変形はウイングを開いてランドセルを開き頭部を回転させ背中に収納。
P00_6399
機首と胸部を持ち上げ胸部を背中に接続しロック。
P00_6401
機首も真っすぐ接続し次に両足を持ち上げ。
P00_6403
腰フレームを畳んで太腿付け根を本体に接続。
P00_6406
そのままランドセルを起こし膝を前に曲げればガウォーク形態完成。キャノピーはクリアパーツに差し替え。
P00_6413
DX超合金と同じように足を外向きに開けるので立ち姿の見栄えも上々。ただ接地はそんなに良くないので足の端は浮きます。
P00_6415
キャノピーの一条輝はかなり小さいサイズながら塗装されてました。
P00_6441
続いてファイター形態への変形。まず手首を収納し腕を内側へ畳み両腕を接続。
P00_6444
これで一旦腕を収納した状態のガウォーク形態に。
P00_6448
そしてランドセルを起こして尾翼を展開。
P00_6473
次に脚部を腕の横に持ってくるように折り畳み
P00_6516
脚部のダボを本体側の穴に差し込んでロックすればファイター形態完成。
P00_6520
こちらも違和感のない綺麗なシルエットに。
P00_6480
横から。
P00_6521
裏側。
P00_6484
エアインテークはシャッターを開いた状態の物に交換可能。DX超合金とは異なり差し替え式。
P00_6492
ガンポッドは腕の間に取り付け、各ランディングギアやミサイルは差し替え形式。
P00_6494
ランディングギア状態にすれば置いた状態でも綺麗に飾れるように。
P00_6499
またスタンドジョイントはガンポッドを取り付けたままでも使えるようになってました。
P00_6176P00_6173
続いてアーマードパーツを付けてアーマードバルキリーに。こちらもプロポーションなど崩れずほぼ劇中のイメージ通り。
P00_6185
頭部はそのまま。胸のアーマーはかなりごつめで通常時とは全く違った見た目に。
P00_6189
腰回り。ここは機首の先端を取り外してからアーマーを被せるようになってました。
P00_6178P00_6181
腕や足。アーマーは基本的には上から被せていくだけなので取り付けは楽。
P00_6192
背中。
P00_6194
ガンポッドは手首に合わせてグリップも大きい物に交換。
P00_6199
各ミサイルハッチを展開した状態。完成品なので弾頭などは全てきっちり塗り分け。
P00_6202
脚部左右も。
P00_6204
後方にも発射するのが独特。
P00_6207
またミサイル発射後を再現するパーツも付いてました。
P00_6210
脚部などはミサイルパーツを引き抜くだけ。
P00_6211
細かい部分までパーツが付属し完全な全弾発射後状態を再現出来るように。
P00_6214
腕アーマーのミサイルも取り外し可能。
P00_6196
サイズはROBOT魂より少し大きめくらい。一緒に並べてもそこまでは違和感ないと思います。
P00_6495
適当に何枚か。
P00_6502
発進。各形態ロックがしっかりしてるので不意に形が崩れるストレスなどは全くなかったです。
P00_6529
DX超合金委に比べるとかなり小さいですがディテールはしっかりしてて特に見劣りもせず。
P00_6512
パイロットフィギュアも綺麗に塗装されててクリアもよく透け見栄え良好。
P00_6429
ガウォーク形態に変形。
P00_6421
着地。接地性はそんなに良くないですが足首がダイキャストなので倒れたりすることはほぼなかったです。
P00_6435
パンチ。
P00_6372
バトロイド形態に変形。各形態への変形もサイズが小さい分DX超合金よりはだいぶ楽でした。
P00_6370
腰は回らないですが可動も上々でガンポッドの両手持ちも問題なし。添える左手も付属。
P00_6385
ただバトロイド時のスタンドは3mm穴形式ではなく魂ステージact5の延長支柱に対応したピン形式なので若干面倒でした。
P00_6387
バトロイド時ならしっかり足を開いて立たせても概ね接地。
P00_6225
アーマードパーツ装着。通常時とは全く異なる仰々しい見た目に。
P00_6251
アーマーの干渉で可動性は落ちますがギリギリガンポッドの両手持ちも可。
P00_6237
また太腿は少ししか上がらなくなりますが膝を逆に曲げられるので足からジェット噴射するシーンも再現出来たり。
P00_6279
各ミサイルハッチ展開。肩アーマーの接続だけ少し緩めでしたが逆さ向けたりして遊ぶような物ではないのでほぼ影響はなし。
P00_6265
TV劇場版ともに僅かな出番しかないのに人気があるのも頷ける格好良さ。
P00_6300
後ろからも。
ハイメタルR VF-1J アーマードバルキリー レビュー
劇場版での撃ち方で終わり。以上、HI-METAL R VF-1J アーマードバルキリーのレビューでした。

三段変形にアーマードパーツの装着とギミックてんこ盛りの仕様ですが各形態シルエットなども崩れずそれぞれが格好良く、特にメインであるアーマードはボリュームによる迫力に加えアーマーの色形などもイメージ通りで個人的には完璧と言っていい出来に仕上がってました。
またバトロイド時の可動なども良く普通に動かすだけでもかなり遊べ、更に各形態への変形もサイズ的に手軽、アーマードパーツの着脱もシンプルと遊びの面でも申し分なかったです。
若干大きめですがROBOT魂など他の標準的なサイズのロボット玩具ともそれほど違和感なく並べて飾ることも出来て満足度はかなり高かったので次のストライクバルキリーにも期待です。

SDX スペリオルドラゴンEx-AS、超合金×S.H.Figuarts アイアンマン マーク44 ハルクバスターなど(魂ウェブ商店)



HI-METAL R VF-1J アーマードバルキリー

HI-METAL R VF-1Sストライクバルキリー(一条輝機)

ROBOT魂〈SIDE RV〉 バイファム (ツインムーバー装備)(あみあみ)