フィギュアーツ ソー レビュー
S.H.フィギュアーツ ソーのレビューです。
P00_6537P00_6540
全身。AOUでの袖のないライトアーマー版での姿。胸板やごつい四肢など体型も忠実に再現。
P00_6559
顔。骨格やしわ、肌の質感などはよく出来てますが目線が下向き気味だったのがちょっと残念。
P00_6558P00_6553
髪はホットトイズなどと同じく肩の形に被さる形状で固定。造形塗装ともにかなりこだわった感じの仕上がり。
P00_6575
なるだけ目線の合う角度で。他のは全く見てないので個体差なのか仕様なのかは謎。
P00_6564
キャプテンアメリカと同じく別の目線パーツが付属
P00_6566
こちらは左目線。こちらもやや下向きだったのが惜しかったです。
P00_6568
こちらは右目線。
P00_6571
こちらは普通に横を向いてるだけでまとも。消去法でこれが一番見栄えする目線に。
P00_6576
各部位など。ディテールなども細かく造形され衣装の再現度も高かったです。
P00_6580
腰回り。前に垂れてる布は軟質素材。
P00_6545P00_6548
腕や足。肩は付け根の見栄えが少し悪いですが筋肉造形や皮膚の質感は良好。脚部も力強さのある造形になってました。
P00_6583
背中。後頭部なども手抜きなし。
P00_6585
マントは基部が可動し跳ね上げることが可能。
P00_6588
また3パーツ構成になっており左右に広げることも。
P00_6589
背中も手抜きなし。
P00_6536
オプション。
P00_6592
ムジョルニア。こちらも細かなディテールまできっちり再現。
P00_6596
ムジョルニアに引っ張られた形状になってる柄と手首が一体化したパーツも付属。
P00_6643
figma版と。figmaはアベンジャーズ1仕様の衣装でマントも布製など色々違いが。
P00_6615
これで当初から予定された4人が勢揃い。スケールも揃ってて統一感あります。
P00_6656
適当に何枚か。
P00_6669
関節はほぼ全てキャプテンアメリカと同じなので可動もほぼそちらと変わらず。股関節は引き出し式で接地性も完璧。
P00_6673
肩の引き出しも同じで厚い胸板が干渉しはするもののかなり内側まで曲げることが。
P00_6688
ムジョルニア投擲。動きをつける時に正面目線が下向きなのがやはりネックになる印象。
P00_6709
ムジョルニアを使って飛行。
P00_6702
上向きの目線はないので顔は隠して。
P00_6726
そのまま振りかぶって、
P00_6736
攻撃。エフェクトは同時発売の魂EFFECTサンダーのBlue Ver.を使用。
P00_6739
同時発売ということからもソーに使うことを想定されてるのか色など相性もぴったり。
P00_6758
ムジョルニアを使った電撃。
P00_6770
キャップの盾を殴って周りに衝撃。冒頭の戦闘っぽくハルクとマーク43も配置。
P00_6807
キャップの盾飛ばし。肩の引き出し機構のおかげでこれだけ胸板の厚い体型ながら両手持ちも可能でした。
SHF ウルトロン ソー レビュー
最後は集合写真で終わり。以上、S.H.フィギュアーツ ソーのレビューでした。

正面と左目線が下向きで普通に素立ちで飾る時は右目線にするしかない点は惜しかったですが顔の造形や皮膚、髪の質感の再現などはかなり頑張っておりこのサイズでもソーらしさが出ててこれまでのアベンジャーズシリーズ同様よく出来てました。
プロポーションや衣装の再現度なども高くスケールも統一されてるのでこれまでのメンバーと並べた時も違和感なく、また可動もキャップと同じ関節と軟質素材のおかげで見た目のわりによく動き劇中での動きも大体は再現出来ると思います。
AOUのフィギュアーツはかなり先ですが戦わせられる敵キャラのウルトロン・プライムも決まったのでそちらも楽しみです。

S.H.フィギュアーツ ウルトロン・プライム、アイアンマン マーク44 ハルクバスターなど(魂ウェブ商店)



S.H.フィギュアーツ ソー

S.H.フィギュアーツ アイアンマン マーク45

ムービー・マスターピース アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン 1/6スケールフィギュア ソー(あみあみ)