フィギュアーツ ダース・モール レビュー
S.H.フィギュアーツ ダース・モールのレビューです。
P00_7485P00_7486
全身。ルークと同じく真っ黒な衣装ですが造形など緻密で質感も落ち着いておりリアルな雰囲気。
P00_7506
顔。今回もルークと同じデジタル技術が使われてるということで小さめながら実写に近い雰囲気を再現。
P00_7501P00_7496
ただ骨格や角の造形などは良いですが塗装が若干ずれてたり角の付け根が滲んでたりと見本よりは少し劣化。
P00_7508
歯をくいしばった状態の別頭部も付属。
P00_7515
こちらも表情が笑ってるように見えたり歯が汚れてたりで見本より劣化。
P00_7518
各部位など。衣装はSWに多い道着っぽいデザインで色は真っ黒。しわ造形や生地の質感などこだわった作りに。
P00_7521
腰回り。帯から下の布は軟質素材。
P00_7491P00_7493
腕や足。生地のゆったり具合も自然に再現され関節部なども目立たずリアル。
P00_7525
背中。
P00_7539
関節はサイズは違いますが作りルークに近く首回りや腰のスイング、肘膝の曲がり具合などはほぼ同じ。
P00_7543
ただ今回は衣装がゆったりめで多少余裕があるので肩周りや股関節の可動は良くなってました。接地性はあまり変わらず。
P00_7476
オプション。
P00_7531
ライトセイバー。ダースモール特有の両刃型でかなりの長さ。
P00_7528
初登場時や斬られてからの片刃状態も再現可能。
P00_7536
サイズはルークとほぼ同じ。小さく感じたので調べてみたらダースモールの身長は175なので大体合ってるようです。
P00_7548
適当に何枚か。
P00_7555
可動はルークと大差ないですが今回は衣装がゆったりしてるのでそちらより動かしやすい印象。
P00_7598
腰回りのパーツは軟質素材なのでキックなども再現可。ただ限度があるので180度開いたりは不可。
P00_7584
肩は若干引き出せるようになっており両手持ちも可能。
P00_7573
接地性もそこまでは良くはないものの足首が硬いので不意に倒れたりはなかったです。
P00_7611
足を広げてのジャンプなども問題なし。
P00_7624
戦いつつドアロック解除。
P00_7637
ルークと同じで全体がつや消し処理されてるので派手に動かす時はパーツが擦れないように注意した方が良さそう。
P00_7657
斬り下ろし。
P00_7662
クワイガンを刺した時の。
P00_7687
片刃状態でも。この歯を見るとガキ使の我が田中を連想。
P00_7698
片刃も使うシーンはありますがダースモールは両刃のイメージが強いのであまり似合わない印象。
SHF ダース・モール レビュー
終わり。以上、S.H.フィギュアーツ ダース・モールのレビューでした。

見本に比べると塗装のずれやにじみがあり特に別頭部は微妙でしたが、今回もルークと同じデジタル技術が使われてるそうで小さめサイズながら実写に近い雰囲気は再現されており、衣装のしわ造形や生地の質感などもリアルで概ね良く出来てました。
関節なども最近のフィギュアーツらしい見栄えと可動性を両立させた作りで衣装も一部軟質素材が使われてるので足なども大きく開くことが出来、劇中そのままとまではいかなくても近い動きは再現出来るようになってると思います。
スターウォーズのフィギュアーツはどれくらいのラインまで出していくのか不明ですが今回のダースモールと戦ったオビワンは既に決まってるのでもう1人の相手のクワイガンも出るのかも気になるところです。

S.H.フィギュアーツ スカウト・トルーパー&スピーダー・バイク、ウルトロン・プライムなど(魂ウェブ商店)



S.H.フィギュアーツ ダース・モール

S.H.フィギュアーツ オビ=ワン・ケノービ(Episode I)

S.H.フィギュアーツ バトル・ドロイド(あみあみ)