シュヴァルベグレイズ レビュー
HG シュヴァルベグレイズ (マクギリス機)のレビューです。
P00_2032P00_2038
全身。同じグレイズではあるのでノーマルと共通箇所もありますがシルエットが変わり色も別物なので印象は大きく変化。
P00_2313
顔。ノーマルグレイズとは異なり目の部分がバイザー状に。こちらもクリアパーツなどは使われずシール。
P00_2049P00_2046
頭頂部の形などはノーマルとほぼ同じ。エースパイロットの専用機なので中央にはアンテナ。
P00_2053
頭部カバー開閉ギミックと内部メカも同じでした。
P00_2056
各部位など。胸部はノーマルグレイズと同じ。フレームが共通なので露出部も変わらず。
P00_2059
腰回り。ここは大きく変わっておりフロントアーマーが跳ね上がった形に。サイドアーマーは同じでした。
P00_2040P00_2044
腕や足。二の腕と前腕前面、膝から下はノーマルと共通。肩アーマーや太腿にはバーニアが付いて高機動型っぽい見た目に。
P00_2061
左腕にはワイヤーユニット。
P00_2063
太腿横にはフライトユニットを装備。こちらは軸形式で角度調節が可能。
P00_2065
背中。
P00_2068
左右のブースターはボールジョイント接続で上下と若干左右にも可動。バーニアも個別可動。
P00_2027
オプション。
P00_2069P00_2072
フル装備状態。
P00_2075
ライフル。こちらはノーマルグレイズの物と同じ。
P00_2080
アックス。こちらも変わらず。
P00_2077
サイドアーマーに装備出来る点も同じ。
P00_2093
ワイヤーユニット用のリード線も付くので射出状態も再現することが。
P00_2104
オプションセット1のランスを持たせた状態。
P00_2108
ノーマルグレイズではきっちり取り付けられなかったですがこちらは前腕裏の装甲が変わってるのできっちり装備可能。
P00_2318P00_2320
フレームはグレイズとほぼ同じですが頭部は新規に。
P00_2102
また今回のシュヴァルベグレイズのクローをバルバトスに移植することも可能でした。
P00_2083
ノーマルグレイズと。共通部分は多いですが目立つ場所が変わり色も違ってるので印象は大きく変化。
P00_2086
後ろ。
P00_2130
適当に何枚か。
P00_2142
フレームが共通なので可動はグレイズとほぼ変わらず。
P00_2169
胸部左右が可動するので肩周りなどはよく動きますが腰があまり回らない点も同じ。
P00_2146
クローが干渉するので両手持ちなんかは少しやりにくくなってました。
P00_2170
武装もライフルとアックスは共通なのでこの辺は特に目新しさはなし。
P00_2188
ワイヤークローは新規でちゃんとリード線も付属。
P00_2192
ただクローの角度などは固定で何かを挟んだりは出来ず。
P00_2271
頭を開きつつオプションセットのランスも装備。
P00_2251
OPや設定画を見るにランスはマクギリスではなくお供のガエリオが主に使うようです。
P00_2277
本編で動くのはまだ先のようですがとりあえず発売済みの物と組み合わせて。
P00_2292
三日月の宿敵ポジになるのかは謎。
シュヴァルベグレイズ レビュー
HG シュヴァルベグレイズ (マクギリス機)のレビューでした。

フレームが共通で外装も半分くらいはノーマルグレイズと同じなので作りはそこまで変わってないですが高機動型っぽい各部のバーニアやカラーリングなどノーマル機とは一味違ったエース機らしい格好良さに仕上がってました。
可動もノーマルと同じく腰の回転はいまいちですが他はよく動き、ノーマルと同じ武器一通りに新しくワイヤークローも追加されて遊びの面でも特に不満などは無かったです。
OPなどを見るとマクギリスのお供っぽいガエリオの方も専用のシュヴァルベグレイズに乗るみたいですが、そちらは今の所予定にないのでちゃんと発売されるのか気になる所です。

HGBF ターンエーガンダムシン、MG 量産型百式改、PG 拡張ユニット アームド・アーマーVN/BS、など(プレミアムバンダイ)



HG 1/144 シュヴァルベグレイズ(マクギリス機)
HG 1/144 グレイズ改

HG 1/144 百錬(アミダ機)(あみあみ)