ROBOT魂 バイファム ツインムーバー装備 レビュー
ROBOT魂 バイファム (ツインムーバー装備)のレビューです。
P00_4696P00_4698
全身。基本的にツインムーバーが追加され番号シールが選べるようになっただけなので造形、色などは変わりなし。
P00_4708
顔。造形などは以前と同じでアンテナは硬質軟質の2種付属。
P00_4705P00_4704
バイザーのクリアから内部が透ける点なども同じ。
P00_4712
各部位など。胸のナンバーは選択式なので今回はパッケージの時点では何も貼られておらず無地。
P00_4713
腰回り。造形は以前と変わらず。
P00_4700P00_4701
腕や足。成型色、塗装などもほぼ同じでした。
P00_4717
バックパック。ここだけツインムーバー取付け用のダボ穴が付いたので造形が変化。
P00_4720
ギミックなどは変わらず引き上げると腰部にポッドが。
P00_4721
コクピットハッチも開閉可。
P00_4691
オプション。ツインムーバー以外ほぼ同じですがランディングギア付きのポッドだけなくなってました。
P00_4694
機体番号シール。
P00_4727P00_4730
新規のツインムーバーにビームガン装備状態。腹部のシールはケンツ機の8番を選択。
P00_4737
ツインムーバー。取付けはバックパックの上からはめ込むだけ。ギミックなどは特にかったです。
P00_4735
ビームガン。こちらは以前と共通。
P00_4743
スリング・パニアー、ビームガン、シールドを付けた状態でも。
P00_4744
後ろ。
P00_4748
スリング・パニアーも作りは以前と同じでサイドの折り畳みや羽の収納ギミックなども変わりなかったです。
P00_4751
基部の伸縮ギミックも変わらず。
P00_4747
シールド。こちらも同じ。
P00_4724
ポッド。今回はコクピット用の1種のみ付属。
P00_4739
ノーマル版、練習機と。これで一応ロディ、ケンツ、スコットの機体を並べられることに。
P00_4760
適当に何枚か。
P00_4765
新規のツインムーバーを付けた状態から。
P00_4788
本体は同じなので当然可動なども変わりなし。
P00_4803
ツインムーバーはただの増槽なので劇中でも戦闘になるとすぐ捨てられてましたが一応このままでも射撃。
P00_4812
肩は元々大きく引き出せる作りになってるのでビームガンの両手持ちなど余裕。
P00_4821
スリング・パニアーも付いてるのでこちらでも一応。
P00_4837
再販的な意味も込めて付いてるんでしょうが前の持ってると特に必要ないオプション。
P00_4847
8番を選んだのでケンツ機らしい動きも何枚か。
P00_4852
逃げ惑うケンツ。序盤は相当なウザキャラだった思い出が。
P00_4879
味方に撃たれかかるケンツ。
P00_4873
慌てるケンツ。
ロボット魂 バイファム ツインムーバー レビュー
終わり。以上、ROBOT魂 バイファム (ツインムーバー装備)のレビューでした。

基本的に以前の物にツインムーバーが付き、番号シールが選択出来るようになっただけなので出来に関しては変わりなし。
ノーマル版が出たのは今から2年近く前ですが造形塗装などは今でも見劣りすることはなく肩の引き出しなど可動も良好、前回付属したオプションもランディングギア付きのポッド以外は全て付くのでそちらを買い逃してた人でも安心して買える内容になってると思います。
最初のバイファムからはえらく時間が開きましたがネオファムの発売も決まったそうなのでそちらにも期待です。

ROBOT魂 グライア、ビアレス、バーザム改、リック・ディアス(初期生産型)、ヴィルキス 最終決戦仕様など(魂ウェブ商店)



ROBOT魂〈SIDE RV〉 バイファム (ツインムーバー装備)

ROBOT魂 〈SIDE MS〉 RX-78-2 ガンダム ver. A.N.I.M.E.

ROBOT魂 〈SIDE MS〉 MS-06 量産型ザク ver. A.N.I.M.E.(あみあみ)