ROBOT魂 ストライクノワール レビュー
ROBOT魂 ストライクノワールのレビューです。
P00_5759P00_5760
全身。デザイン的にはストライクと共通部分もありますが見た所完全新規。プロポーションはいつも通りかなり細身。
P00_5775P00_5767
ノワールストライカーを付けた状態。
P00_5787
顔。マスクが若干面長気味ですがそこまで違和感はなく目つきも鋭く概ね格好よく仕上がってると思います。
P00_5784P00_5781
目はいつも通りメタリック塗装。頬のラインなども綺麗でした。
P00_5788
下からも。
P00_5791
各部位など。コクピット周りの形状が違うので胸部は新規造形。腹部はストライクより長めに。
P00_5793
腰回り。色は黒とグレーばかりなので質感も良好。
P00_5777P00_5778
腕や足。太腿なんかは同じに見えますが多分新規。これまでのSEEDシリーズ同様四肢はかなり細身。
P00_5796
背中。
P00_5799
ノワールストライカー。基部は数か所可動し向きや角度を調節可能。
P00_5803
ウイングを水平に展開することも可。2連装リニアガンは個別に可動しウイング上部もヒンジ可動。
P00_6129
ノワールストライカーを外した状態。背中の穴は一応ストライクとも共通。
P00_5754
オプション。
P00_5814P00_5811
フル装備状態。
P00_5819
高エネルギービームライフル。ギミックなどは特になし。
P00_5809
ビームライフルショーティー。
P00_5821
こちらはサイドアーマーにマウント可能。
P00_5807
またノワールストライカーのウイング外側を分離することでビームブレイドとして使用可。ビーム刃も付属。
P00_5825
アンカーランチャー。こちらは平手に取り付けて使用。ケーブルはリード線。
P00_5827
足の裏のつま先と踵、
P00_5831
バックパック上部にも使用可能でした。
P00_5839
パックは互換性があるのでIWSPを付けることも可。
P00_5842
後ろ。ただダボの形はピッタリと合わず少し緩かったです。
P00_5837
サイズはストライクとフリーダムの中間くらいでした。
P00_5851
適当に何枚か。
P00_5874
関節などはほぼストライクと同じなので可動もそちらと概ね変わりなし。
P00_6088
2連装リニアガン展開。ただ襟部分に干渉がありストライクほど上は向けなかったです。
P00_6098
腹部のフレームはだいぶ奥まで押し込めるようになり腰のスイング幅ストライクより増してました。
P00_5917
ビームライフルショーティーに交換。こちらの方がメインで使ってた印象。
P00_5918
肩はストライクほど上がらず若干引き出し幅も落ちてましたが交差などは可能。
P00_5925
宙返り射撃。
P00_5929
アンカーランチャー射出。
P00_5950
2つ付いてるので劇中通り両手で同時展開することも可。
P00_5980
接地性も高く足を大きく開いてもピッタリ地に足をつけることが可能でした。
P00_5988
背中のワイヤーでぶら下がりながら射撃。
P00_5990
足の方も。
P00_6012
ビームブレイド装備。
P00_6022
かなり大型なのでなかなかの迫力。
P00_6052
刀身は薄く軽いので手首や肩が負けたりといった心配はなし。
P00_6033
ただ持ち手が微妙に緩くて位置がずれやすかった点は残念。
P00_6080
投擲。
ROBOT魂 ノワール レビュー
終わり。以上、ROBOT魂 ストライクノワールのレビューでした。

サイズはストライクとフリーダムの中間くらいという中途半端な感じだったので人によってはその辺で多少評価は分かれそうですが、プロポーションやディテール造形などは申し分なく暗めの色なので質感も良好でストライクノワールの立体物単体としては十分よく出来てました。
関節は腰など一部良くなってる所はあるものの大体はストライクと同じなので今見ると多少見劣りする所があり、特に首や肩なんかはそちらより落ちてたのが惜しかったですが、武装などはノワールは独自の物が色々あるのでプレイバリューは高かったです。
イベントではブルデュエル、ヴェルデバスターなんかも展示されてたそうでその2体は流用が効くこともあって可能性は高そうなのでそちらにも期待です。

ROBOT魂 グライア、ビアレス、バーザム改、リック・ディアス(初期生産型)、ヴィルキス 最終決戦仕様など(魂ウェブ商店)



ROBOT魂〈SIDE MS〉 ストライクノワール

ROBOT魂 〈SIDE MS〉 ガンダムバルバトス

ROBOT魂 〈SIDE MS〉 ガンダムキマリス(あみあみ)