ネクスエッジ バルバトス レビュー
ネクスエッジスタイル ガンダムバルバトスのレビューです。
P00_6133P00_6135
全身。頭身バランスやモールドのアレンジなどはいつも通り。ただ今回塗装の省略が目立ち見栄えはいまいちな印象。
P00_6149
顔。バルバトスらしいシャープさが強調されて目つきなども鋭く頭部に関しては格好良かったです。
P00_6144P00_6142
目はメタリック塗装。アンテナは金一色でグレーのラインは省略。
P00_6151
下からも。
P00_6152
各部位など。デフォルメになっても腰部がフレーム剥き出しなデザインは変わらず。胸の赤マークが省略されてたのは残念。
P00_6138P00_6141
腕や足。デフォルメでも四肢はかなり細身。こちらも肩の黄色や肩膝の赤が省略されてるのが惜しかったです。
P00_6155
背中。
P00_6176
バックパックの外装は外すことが可能。なお肘なども含めすべての穴は3mm径で統一されてました。
P00_6131
オプション。
P00_6162P00_6159
メイス、太刀装備状態。背中に付けられるのはダボのあるメイスのみでした。
P00_6164
太刀。こちらは特にギミックなどはなかったです。柄は塗装されており刀身には彫りが。
P00_6173
最近このシリーズによく付くエフェクトが付属。今回は下部の穴の支柱を使う他直接被せて使うことも可。
P00_6167
メイス。こちらは本体と変わらない長さでなかなかの迫力。
P00_6169
差し替えで先端の展開ギミックも再現。
P00_6170
サイズなどはこれまでと変化なし。
P00_6186
適当に何枚か。
P00_6190
メイスは軽いので片手でも両手でも保持可能。
P00_6197
腰も回転可。接地性も高いので大きく足を開いても安定してました。
P00_6211
ただ関節が硬すぎて肘を曲げようとしたら二の腕が抜けるなんてこともしばしば。
P00_6221
差し替えですが先端の展開も再現出来るので決闘時の決着シーンなども再現可。
P00_6225
その後もコクピット潰し技として活躍。
P00_6227
太刀に持ち替え。
P00_6253
今回もエフェクトが付属。今回は刀身に被せるようにして使用。
P00_6259
斬り上げ。こちらも両手持ちが可能でした。
P00_6274
頭が大きいので流石に大上段は無理でした。
P00_6288
手を真っ直ぐ伸ばしたままの斬り下ろしも問題なし。
P00_6303
太刀の決め技っぽくなってるコクピット狙いの突き刺しなんかも再現可。
ネクスエッジ バルバトス レビュー
終わり。以上、ネクスエッジスタイル ガンダムバルバトスのレビューでした。

いつも通りモールドなど適度にアレンジを入れつつシャープにデフォルメされており造形自体は特に悪くなかったです。
可動もシリーズ共通の関節でデフォルメ物ながらアニメに出てきたような柔軟なポージングが可能で十分でした。
ただ今回肩の黄色はまだいいとしてもバルバトスの大きな特徴である各部の赤の塗装が全て省略されてたのが残念。
鉄血シリーズはこれまでと違ってライバル機や量産機なども展開していく予定みたいなので主人公機くらいは普段以上に頑張って欲しかったところです。

ROBOT魂 グライア、ビアレス、METAL BUILD ストライクフリーダムガンダム 光の翼オプションセットなど(魂ウェブ商店)



NXEDGE STYLE [MS UNIT] ガンダムバルバトス

NXEDGE STYLE [MS UNIT] ガンダムキマリス

NXEDGE STYLE [MS UNIT] ユニコーンガンダム(デストロイモード)(あみあみ)