アニプレックス 美樹さやか 舞妓ver. レビュー
アニプレックス 美樹さやか 佐倉杏子 舞妓ver.のレビューです。
P00_6961P00_6965
美樹さやか全身。これまでと同じく舞妓ver.ということでイラストを元にした着物姿に。
P00_6967P00_6972
スケールはいつも通り1/8。さやかの着物は白がメインでこれまでの中で一番さわやかな印象。
P00_6973P00_6977
ポーズは片足立ちで少し動きの付いた感じに。今回杏子と手を繋げるようになってるので台座はかなり小さめでした。
P00_6997
顔。元イラストに忠実に作られてるので目はアニメに比べると瞳が小さいなど少し印象が変化。
P00_6990P00_6992
ただ淡いタッチのアイプリなど雰囲気は損なわれず髪飾りなども精密で非常によく出来てました。
P00_7032
各部位など。衣装はいつも通り着物で柄など非常に凝ったデザイン。
P00_7034
帯などの立体的な造形も細かく塗装や柄のプリントも正確でした。
P00_7037
さやかの着物はイメージに合った水色の水玉と金魚の模様が入ってるのが特徴。
P00_7041
裾の柄なども徹底。履物はまどかと同じで片足が浮いてる点も同じ。
P00_7045
右手には傘。こちらも精密。
P00_7048
背中。ショートなのでうなじが見えた状態に。
P00_7052
後ろ側の帯なども手抜きなし。
P00_7054
金魚柄というのが子供っぽく他キャラより少し可愛さが強調されてる印象。
P00_7056
台座。
P00_6934P00_6937
続いて佐倉杏子。ポーズはさやかと対になっており片足立ちで手を振ってる状態。
P00_6948P00_6951
着物は髪の色と対照的な緑がメインで他キャラより少し大人っぽい雰囲気に。
P00_6953P00_6958
値段は同じですがこちらの方が髪が長い分少しボリュームは上の印象でした。
P00_7002
顔。こちらも元イラストに忠実。さやかと違ってアニメの印象からも特に離れず。
P00_6984P00_6981
こちらも髪飾りなど見事な出来。表情はウインクした笑顔で杏子のイメージにふさわしく非常に可愛らしかったです。
P00_7007
各部位など。さやかに比べると色は地味ですが柄の複雑さは負けず劣らず。
P00_7012
右手には包み。こういう小物も紐など凝った作りに。
P00_7014
着物の柄はこちらも非常に複雑で少し覗いてる裏地なども細かく再現。
P00_7015
こちらも片足立ち。履物は茶色でした。
P00_7020
背中、髪の流れるような造形やグラデ塗装なども凝ってました。
P00_7022
こちらも背面まで徹底。
P00_7024
影になるような部分の柄まできっちり作り込まれてました。
P00_7027
台座。
P00_6925
美樹さやかには手つなぎパーツが付属。こちらは単品、セットどちらにも付くそうです。
P00_7061
さやかの左腕、杏子の右腕と交換することで手を繋いだ状態にすることが。目線もばっちり。
P00_7062
後ろ。
P00_7091
適当に何枚か。
P00_7094

P00_7100

P00_7106

P00_7109

P00_7115

P00_7118

P00_7132

P00_7133

P00_7141

P00_7080

P00_7071

P00_7076

アニプレックス 佐倉杏子 舞妓ver. レビュー
集合写真で終わり。以上、アニプレックス 美樹さやか 佐倉杏子 舞妓ver.のレビューでした。

最初のまどかが2013年の9月だったので2年以上かかりましたが最後は2体同時と言う特殊な売り方で無事コンプリート。
出来の方はこれまで通り元イラストの再現度が非常に高く、顔だけじゃなく着物の柄や立体感なども徹底してこだわった作りになっており芸術的な要素も濃く、また手つなぎパーツも付くなどスケールフィギュアでは珍しいギミックもあったりして満足度の高い内容になってました。
アニプレックスの和服シリーズは今後もFateと冴えカノが出るのが決まってるそうですが、それ以降も色々続いていったりするのかも気になるところです。