フィギュアーツ キャプテンファズマ レビュー
S.H.フィギュアーツ キャプテン・ファズマのレビューです。
P00_1252P00_1256
全身。デザイン的にはストームトルーパーと大体同じで銀のカラーリングとマントが特徴。
P00_1272
顔。異なるのは頭のラインと色くらいで形状などはほぼストームトルーパーと同じ。
P00_1269P00_1265
見本では汚しが加えられてるように見えましたが実物は多少滲んでるような部分はあるもののほぼ普通の銀一色。
P00_1276
各部位など。この辺のフォルムやディテールなどもトルーパーと同じで女性キャラですが体型などの差もなかったです。
P00_1278
腰回り。股間部分の形など若干変化。ポーチ類の可動などは変わらず。
P00_1259P00_1263
腕や足。腕部や太腿などは大体似た感じですが脛部分は若干形が変わってました。
P00_1280
背中。
P00_1282
マントのディテールもきっちり。
P00_1284
可動もストームトルーパーと変わりないですがマントがあるので左肩が上がるのはここまで。マントは一応軟質素材。
P00_1245
オプション。
P00_1286
ブラスター・ライフル。ストームトルーパーの物より大型で色も変更。
P00_1288
銃身下のパーツが可動する点は同じでした。
P00_1296P00_1297
頭を外せばマント無し状態にすることも可能でマント着用時は付けてない左の肩当ても付属。
P00_1292
サイズはストームトルーパーよりほんの少し大きめでした。
P00_1315
適当に何枚か。
P00_1318
左肩はマントで動きが制限されますが普通にブラスターを両手持ちするくらいなら特に影響なし。
P00_1347
しっかり構えることも可。接地性もファーストオーダーのトルーパーと同じく高めでした。
P00_1359
そちらと同じくスコープを覗くような動きも可能。
P00_1375
腰はトルーパーと同じく引き出し可能。細かな動きが付けられるので立ち方も色々変化を付けることが。
P00_1366
マントは首に引っ掛けてるだけで固定はされておらず軟質素材でもあるので膝立ちなんかも可。
P00_1389
映画ではあの有り様で特にやることがないので無理矢理格闘。
P00_1383
可動自体はかなり良好。エピソード8では活躍するらしいですが…
P00_1303
マントを外した状態でも。ファズマはこういうネタキャラみたいになってる感が。
P00_1399
ストームトルーパーを従えて。見た目だけは貫禄あります。
P00_1412
指揮。左腕もこれくらいなら上げることが可能。
P00_1440
カイロレンから指示。
P00_1428
実行。一応指揮官なのでトルーパーと並べた時もメリハリが付く感じに。
P00_1443
勝手にマスクを脱ぐな。
P00_1459
相手はトルーパーで代用してくっ殺シーン。
フィギュアーツ キャプテン・ファズマ レビュー
最後は格好つけて終わり。以上、S.H.フィギュアーツ キャプテン・ファズマのレビューでした。

本体の造形はストームトルーパーとほとんど同じですが特徴的な銀のカラーリングが丁寧なメタリック塗装で再現され安っぽさなどもなく、マントの造形なんかもよく出来ておりなかなかの格好良さに仕上がってました。
可動も他のトルーパーより優秀だったファーストオーダー版が元になってるので股関節や接地性など申し分なく、左肩はマントである程度動きが制限されますがブラスター両手持ちなどは自然に出来るのでそれほど気になることもなかったです。
スターウォーズのEP7のフィギュアーツはあとはシールド&バトン装備のトルーパーくらいしか決まってないようですが、最近は人間キャラの質もぐっと上がったのでレイやフィンなど主要人物も続けて出して欲しいところです。

S.H.フィギュアーツ ウルトロン・プライム、ファースト・オーダー ストームトルーパー(シールド&バトンセット)など(魂ウェブ商店)



S.H.フィギュアーツ キャプテン・ファズマ

S.H.フィギュアーツ メイス・ウィンドゥ

S.H.フィギュアーツ アイアンマン マーク46(あみあみ)