ROBOT魂 ガンダム アニメ レビュー
ROBOT魂 RX-78-2 ガンダム ver. A.N.I.M.E.のレビューです。
P00_2761P00_2766
全身。ver. A.N.I.M.E.と銘打ってるだけありプロポーションや色使いなど初期のアニメに近い仕上がりになってました。
P00_2782
顔。こちらも目など大きく最近のガンダムとは少しバランスの異なる当時のアニメのイメージを重視した物に。
P00_2779P00_2778
目はいつも通りメタリック塗装。ダクトやバルカンなども綺麗に塗装されてました。ただ頬のモールドはなくてよかった気が。
P00_2783
各部位など。胴体のバランスもロボット魂特有のアレンジなどはなくアニメに忠実で青の色味などもそちらに近い感じに。
P00_2786
腰回り。
P00_2768P00_2772
腕や足。こちらも最近のガンダムとは違ったメリハリの少ない古さを感じるバランスに。穴のない握り手が無かったのは残念。
P00_3142
足裏ディテールもきっちり。つま先は可動。
P00_2792
背中。サーベルラックは左右に可動。
P00_2795
腰裏のカバーを開くとバズーカマウント用のジョイントとスタンドを差せる穴が。
P00_2798
可動も特別こだわってるらしく首周りや腰のスイングなどこれまでの平均的な物より広く可動。肩も高く上がり肘膝なども完璧。
P00_2799
股関節も前後左右広く動き接地性も高かったです。ただリアアーマーは固定。
P00_2803
また首は真上を向けるよう独自の構造になってたり、
P00_2850
腰は横に捻れる他、肩が真上にしか引き出せないので代わりに胸部左右が押し込めるようになってたり、
P00_2809
股関節も前方向へスライド出来るなど独自のギミックが取り入れられてました。
P00_2757
オプション。
P00_2816P00_2818
フル装備状態。
P00_2823
ビームライフル。こちらは特別目立った特徴はなし。スコープ、フォアグリップは可動式。
P00_2828
シールド。アニメを意識してか若干曲線的で野暮ったい造形になってるのが特徴。
P00_2831
裏側。いつも通りジョイントで腕に取り付ける他、
P00_2843
グリップのみで保持することも可能でした。なお両方同時使用は位置的に難しかったです。
P00_2845
ジョイントを使いビームライフルをマウントすることも可。
P00_2840
またシールドは腕用のジョイントでガンダムの背中にマウントすることも。
P00_2812
ハイパー・バズーカ。グリップは最近の物と同じく可動式。弾倉の上のパーツも可動。
P00_2814
ジョイントを使って腰にマウントすることも可。
P00_2864
ビームサーベルは通常の物の他に湾曲した形状の物が付属。柄もこちら用に長い物が付いてました。
P00_2862
figmaのように手首をまとめておけるパーツも付属。
P00_2854
バルカンエフェクト。今回は様々なエフェクトも付属。こちらはアンテナを交換して使う方式。
P00_2856
バーニアエフェクト。こちらはバックパックと、
P00_2860
足裏にも取り付けることが可能でした。差し込む角度によって向きもある程度調節することが。
P00_2826
ビームライフル用のビームエフェクト。こちらは銃口に取り付け。
P00_2833
同じROBOT魂で先に出ていたRX-78と。プロポーションだけでなくサイズも少し変わってました。
P00_2834
後ろ。
P00_2836
ついでに最近リニューアルされたHGUCとも。こちらとほぼ同じなのでスケールは1/144と言って差し障りないと思います。
P00_2880
適当に何枚か。
P00_2899
普通の射撃。可動は前述の通り優秀で関節の硬さなども申し分なかったです。
P00_2912
奴が来たんだ!の時などの膝立ち。こういう動きも大体そのまま再現可能。
P00_2906
ビームライフルは両手持ち可能。
P00_2956
エフェクトも使って。アニメVer.ということで何となくこういう微妙にもっさりした動きの方が雰囲気出る気が。
P00_2936
腰も回るのでニュータイプ撃ちなども問題なし。
P00_2908
シールドの窓から覗いて撃つことなども可能でした。
P00_2961
バルカン発射。
P00_2970
バズーカは最近の物と同じくグリップが動くので扱いが楽。
P00_2984
バーニアを噴射させつつ発射。
P00_2992
昔のアニメっぽい地味な出撃ポーズ。
P00_3004
敵戦艦の下に潜り込む時などに使ってた足裏スラスター。
P00_3024
突き刺し。ビームサーベル用の角度付きの持ち手も付いてました。
P00_3038
肩周りや肘の可動が優秀なのでサーベルもそのまま引き抜く時の動きが可能。
P00_3047
ジャンプ。
P00_3060
斬り下ろし。湾曲ビーム刃はかなり大きめ。
P00_3067
サーベルの両手持ちも可。両手持ちさせる時は長い方の柄を使った方が便利。ザクは旧版を使用。
P00_3178
グフ、ビグザム戦などでの大上段や、グフ、ビグザム戦などでの大上段や、
P00_3084
グフの腕切りの時の動きなども大体そのまま可能でした。
P00_3123
実際はこんなに足は上げてないですがドップを撃墜する時などにやってた蹴りなんかも。
P00_3094
大きく上を向くことが出来るので大気圏突破の姿勢も自然に。ただあまり上を向くと首の隙間が目立つかも。
P00_3140
旧版のガンダムがあればジャベリンやガンダムハンマーを装備させることも可能でした。
P00_3127
旧版のバズーカを借りてなんちゃって最終決戦仕様。ただ前のとは成型色が違うので微妙。
P00_3110
肩が真上まで上がるのでラストシューティングのポーズもほぼそのまま再現可。
ROBOT魂 RX-78-2 ver. A.N.I.M.E. レビュー
終わり。以上、ROBOT魂 RX-78-2 ガンダム ver. A.N.I.M.E.のレビューでした。

完成品プラモ問わず色んなバリエーションで発売されるRX-78ですが今回ははっきりver. A.N.I.M.E.と銘打ってるだけありプロポーションや頭部のバランス、カラーリングなどかなり初期のアニメに忠実な仕上がりになってました。
可動も公式で売りの1つとして掲げられてるだけあり首などこれまでにないギミックが取り入れられててよく動き他の部分も申し分なく、オプションも穴の無い握り手が無いのは惜しかったですがエフェクトなどかなり豊富で遊びの幅も広かったです。
主役級のMS以外はそんなに出ないSIDE MSで既にドム、グフ、ガンキャノンまで決まってるという気合の入りっぷりなのでガンタンクやジム、敵ならゲルググ、ジオングなどあまり完成品で出ない1年戦争の有名MSもこの機会に色々出して欲しい所です。

ROBOT魂 ネオファム、グライア、ビアレス、バーザム改、リック・ディアス(初期生産型)など(魂ウェブ商店)



ROBOT魂 〈SIDE MS〉 RX-78-2 ガンダム ver. A.N.I.M.E.

ROBOT魂 〈SIDE MS〉 MS-06S シャア専用ザク ver. A.N.I.M.E.

ROBOT魂 〈SIDE MS〉 MS-06 量産型ザク ver. A.N.I.M.E.(あみあみ)