ネクスエッジ シュヴァルベグレイズ レビュー
ネクスエッジスタイル シュヴァルベグレイズ (マクギリス機)のレビューです。
P00_2608P00_2609
全身。MS系ではシリーズ初の非ガンダム。体のバランスは他と大体同じですが頭部は若干小さいのでリアル寄りな印象に。
P00_2623
顔。ガンダム系と同じく頭部はそんなにデフォルメされておらず鋭い顔つき。アンテナもシャープ。
P00_2620P00_2619
バイザーはメタリック塗装。劇中より若干オレンジが強めの色になってました。なお頭部カバー開閉ギミックはなし。
P00_2625
下からも。
P00_2627
各部位など。本来はフレーム形式ですがデフォルメなのであまり目立たず。フレームの色は省略気味。
P00_2613P00_2615
腕や足。肩はごついですが四肢は細め。肩正面のグレーは省略されてますが他の色はきっちり再現されてました。
P00_2628
左腕にはワイヤーユニット。刃はメタリック塗装で再現。着脱は可能ですがワイヤーでの射出ギミックはなかったです。
P00_2636
太腿横のフライトユニットはボールジョイント可動。
P00_2632
背中。
P00_2634
ブースターもボールジョイント可動。
P00_2603
オプション。
P00_2640
ライフル。武器はこれのみでアックスは付属せず。
P00_2643
銃身を分離してショートバレルにすることも可。
P00_2659P00_2658
バルバトス用の肩パーツとワイヤーユニット取り付けパーツも付属。こちらを使えば第3形態にすることが。
P00_2662
ワイヤークローはキマリス付属の腕パーツのガントレットを外し今回付属のジョイントにマクギリス機のクローを付ける仕様。
P00_2652P00_2655
ワイヤークローなしの第2形態でも。キマリスの腕がないと第2も第3も再現出来ない点は要注意。
P00_2647
バルバトス、キマリスと。一応主要キャラの機体ですがマクギリスは今後シュヴァルベグレイズで戦うことがあるのか謎。
P00_2679
適当に何枚か。
P00_2690
関節は他と共通なので可動お特に変わりなし。フライトユニットも動くので邪魔にならず。
P00_2716
ライフルのフォアグリップは固定なので劇中やってたような自然な両手持ち姿勢は無理でした。
P00_2730
一応無理にフォアグリップを握らせることも出来ますがちょっと不格好。
P00_2735
ワイヤークロー構え。
P00_2741
ワイヤーなしで射出。一応取り外しは出来ますがクローと腕の装甲が一体してるので見た目は不自然。
P00_3190
バルバトスを捕捉して射撃。テイワズ組も結局仲間になったので敵で未だに格を保ててるのはマクギリス1人に。
P00_3204
ぶつかり合い。劇中未使用とは言え近接武器が一切ないのは残念。
P00_3220
柄の径は同じなので一応HGのアックスを使わせたりすることは可能でした。
P00_3266
第3形態が再現出来るようになったのでこちらでもバルバトスの方も少し。
P00_3232
正式な色の付いたグレイズの肩は何気に初な気がするのでこの点は有難かったです。
P00_3248
ただバルバトスの第2と第3を再現するにはキマリス付属の腕が必要と記載されてないのはちょっと問題ある気も…
ネクスエッジ シュヴァルベグレイズ レビュー
終わり。以上、ネクスエッジスタイル シュヴァルベグレイズ (マクギリス機)のレビューでした。

MS系ではシリーズ初の非ガンダム機体ですがデフォルメ具合などはこれまでと共通で他と並べた時の違和感も特になく、全体の造形などもシャープで格好良く仕上がってました。
可動もいつも通り概ね良好で、オプションもアックスが付かない点は惜しかったですが珍しい正式な色が再現されたバルバトス用の第2、第3形態用の肩パーツが付く辺りは良かったです。
鉄血シリーズは主役以外も色々出すみたいで百錬なんかのサンプルも展示されてたみたいですが、6月までは他の機体の予定はなく、その先百錬出しても…みたいな感があるので実際どうなるのか気になる所です。

ROBOT魂 ネオファム、グライア、ビアレス、バーザム改、リック・ディアス(初期生産型)など(魂ウェブ商店)



NXEDGE STYLE [MS UNIT] シュヴァルベグレイズ (マクギリス機)

NXEDGE STYLE [MS UNIT] ユニコーンガンダム(デストロイモード)

NXEDGE STYLE [MS UNIT] バンシィ(デストロイモード)(あみあみ)