フィギュアーツ ディケイド 真骨頂 レビュー
S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーディケイド 真骨彫のレビューです。
P00_4266P00_4270
全身。デザイン的な違いもありフォルムは他の真骨頂よりシンプルですが旧版より大きく進歩し劇中のイメージほぼそのまま。
P00_4294
顔。非常に複雑な頭部デザインも忠実に再現され輪郭なども以前より自然になってました。
P00_4281P00_4279
額のOシグナルはクリアパーツで再現。複眼も以前より明るめの色になり劇中に近いイメージに。
P00_4290
激情態頭部も付属。
P00_4285P00_4287
こちらも複眼の違いなど忠実に再現され激情態独特の凶悪な感じが上手く表現されてました。
P00_4297
各部位など。胴体のバランスも旧版より自然になり黒も質感も胸部は光沢だったりこだわった作りで見栄え良くなってました。
P00_4299
腰回り。ベルトもディテールアップされより劇中に近く。
P00_4301
左にはライドブッカー(ブックモード)。
P00_4273P00_4277
腕や足。元々筋肉造形などは目立たないデザインなので過去の真骨頂に比べるとフォルムはシンプルな印象。
P00_4305
背中。
P00_4348
関節は大体他の真骨頂と同じ作りで肩当ての構造なども同じ。腰はこれまでほどではないですが若干引き出し可能。
P00_4349
肩や肘膝、足首なども同じですがデザイン的な違いもあってか股関節周りはクウガなどに比べると縦横共に狭まってました。
P00_4256
オプション。
P00_4259
カードは自分でシートから剥がす方式に。
P00_4260
裏面。紛失しやすそうなので使わない物はそのままにしておいた方が良いかも。
P00_4322
カード用の持ち手も付属。
P00_4318
裏側。カードのプリントは非常に綺麗でした。
P00_4450
ベルトのバックルは取り外し可能で展開状態の物も付属。スリットもあるので実際にカードを入れることが。
P00_4337
入れた状態。中央がクリアなので一応透けて見えますがほとんど目立たず。
P00_4325
ライドブッカー(ブックモード)は展開可能。こちらはスリットなどは無くカードの収納は不可。
P00_4312
ライドブッカー(ソードモード)。こちらは専用の穴が角ばった持ち手で保持。
P00_4316
ライドブッカー(ガンモード)。どちらも両方裏にはダボがあるので腰に取り付けることも可能でした。
P00_4311
旧版と並べるとサイズが大きくなり全体的にふっくらして実際のスーツに近い印象に。
P00_4307
サイズは他の真骨頂より気持ち大きめで体格も少しごつかったです。
P00_4362
適当に何枚か。
P00_4368
平手の指の形も自然で立ち姿もかなり劇中に近い雰囲気に。
P00_4381
パンチ。肩や股関節の処理なども旧版より綺麗になって動かしても自然。
P00_4385
キック。足は他ほどは上がらないですが特には問題なし。頭部はちょくちょく激情態に変更。
P00_4412
ライドブッカー(ソードモード)。
P00_4401
両手持ちもいけますが肩の引き出しなどはないのでギリギリ。
P00_4411
関節も硬く不安定な姿勢でも倒れたりすることはなかったです。
P00_4430
ライドブッカー(ガンモード)。
P00_4436
膝立ちも問題なし。
P00_4682
ファイナルアタックライド。展開状態のベルトが付くのでカード装填シーンも忠実に再現可能。
P00_4456
ベルトを閉じて、
P00_4468
ディメンションキック。
P00_4495
着地。かなり前傾姿勢をとれますがあまりやりすぎると腰が抜けます。
P00_4479
激情態にしてスカイライダーにキック。
P00_4488
ディケイドのキックの餌食としては特に印象に残るライダー。
P00_4500
手をパンパン。
P00_4509
サイズは結構違いますがマシンディケイダーにも一応搭乗可能。普通の握り手も付くのでハンドルも握れました。
P00_4521
G4のギガントも装備可。
P00_4527
ただ持ち手は隙間の空いた物がないので平手を使うしかなし。
P00_4536
旧版用のキバアローも同様。
P00_4561
ちょっとくすぐったいぞ。
P00_4551
ブレイドブレードも使用可。途中で気づきましたが旧版の持ち手が今回の物にも使えるのでそちらを使えば保持が可能でした。
P00_4559
こちらは当時は買ってなかったんですが今でも未開封中古が安かったので決定版も出たということで今更購入。
P00_4584
クウガと対決。キャラ的に他のライダーと戦わせたり並べたりも最適。
P00_4594
龍騎の世界。今回の物ならアビスと戦わせても見劣りせず。
P00_4600
ブラックの世界。ブラックと並べるとサイズ差が目立つ印象。ディエンドの方は近々真骨頂になるとか。
P00_4618
最近出たキバーラと。
P00_4612
こちらも最近出たばかりで出来が良いので主人公、ヒロインで並べるのも良さそう。
P00_4638
劇場版の並びで。
P00_4650
最後は最終話のライダーリンチ。大半は今のクオリティで揃えられますがキバだけはどうしようもなし。
フィギュアーツ ディケイド 真骨彫 レビュー
終わり。以上、S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーディケイド 真骨彫のレビューでした。

元々筋肉造形などは目立たないデザインなのでこれまでの真骨頂シリーズとは少し雰囲気が異なりますが再現度はいつも通り非常に高く頭部やスーツ全体のフォルム、ディテールなど完成度の高い仕上がりになってました。
ベルトのカード装填などギミック面も進化し関節も最新の見栄えと可動性を考慮した作りになってるのでどちらも申し分なく、キャラ的に他のライダーともいくらでも絡められるので遊びの幅も広かったです。
次の真骨頂はバリエーションのライジングマイティでしかも6月とかなりスローペースですがとりあえず未だに基本フォームが出たことないキバを早めに出して欲しいところです。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダークウガ アルティメットフォーム、仮面ライダーゴースト ムサシ魂など(魂ウェブ商店)



S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーディケイド

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダークウガ ライジングマイティ

S.H.フィギュアーツ マシンゴーストライカー(あみあみ)