HI-METAL R リガード レビュー
HI-METAL R リガードのレビューです。
P00_4696P00_4694
全身。ディテールは多いですが雑魚メカらしくシルエットなどは足の生えたポッドという感じで非常にシンプル。
P00_4699
各部位など。正面には目玉のようなセンサー。赤はクリアパーツで下にはマーキングもあったり凝った作りに。
P00_4701
上部のビーム砲は基部がボールジョイント接続で前後左右に可動。
P00_4704
機体左右にはロケットエンジン。こちらは軸形式で一回転可能。
P00_4708
股関節周りには対人レーザー機銃。こちらは角度など固定。自分で取り付ける方式で予備も付属。
P00_4711
背中。
P00_4713
上部には対空レーザー機銃。こちらは基部が回転式。
P00_4715
コクピットハッチは開閉可能。内部の操縦スロットルなども再現。
P00_4721
脚部は逆関節で生物的なフォルムに。股関節や膝、足首など一部関節はダイキャスト。
P00_4723
こちらもディテールはアニメのイメージ以上に凝ってました。
P00_4738
続いて可動。股関節は引き出し式で引き出せば開脚幅などが向上。腰部分も僅かに回すことが。
P00_4740
足の開き幅はこれくらい。足首は横への可動はそこそこですが太腿と膝の2か所ロールするので接地性も問題なかったです。
P00_4744
膝は非常に深く曲がり足首も前後には物凄く可動。足首は飛行ポーズ再現用に縦によく動くようになってるようです。
P00_4869
また飛行ポーズ時などに足を真っすぐ伸ばせるように膝は若干引き出し可能になってました。
P00_4749P00_4752
腰のスイングはないですが股関節が前後によく動くので胴体もかなり動きをつけることが。クリック関節なので保持力も十分。
P00_4670
オプション。対人機銃の予備と台座とジョイントのみ。
P00_4725
アーマードバルキリーのアーマーを外した状態と。劇中のイメージ通りバルキリーよりかなり大きめ。
P00_4757
適当に何枚か。
P00_4761
頭も腕もないので基本的に出来ることはビーム砲の向きを変えるか足に動きをつけるだけ。
P00_4769
ジャンプ。スタンドジョイントがあるので浮遊姿勢は手軽にとらせることが可能。
P00_4778
ダッシュ。片足だけ地に付けた状態もスタンドを使えば楽に再現可能。
P00_4787
脚部は膝や足首などかなり表情を付けることが。
P00_4825
踏みつぶし攻撃。スタンドは付属のact5の物だと支柱が短いので別売りのact4の方が使いやすいと思います。
P00_4800
股関節はあまり横へは開けないですが太腿と膝ロール2か所を使えば足をかなり開くことも可。
P00_4808
宇宙での完全浮遊状態。ミサイル装備型などバリエーションもありましたがそちらも出るのかは謎。
P00_4813
敵基地脱走シーンなどで出てきた膝を曲げての駐機姿勢。この状態だとちょっと愛嬌のある感じに。
P00_4821
コックピットの開閉も再現。
P00_4839
バルキリーと対決。
P00_4850
コックピット狙い撃ち。
P00_4866
やってたのは劇場版のマックスですがパンチで吹っ飛ばし。雑魚メカなのでやられポーズも似合う印象。
HI-METAL R リガード レビュー
終わり。以上、HI-METAL R リガードのレビューでした。

足の生えたポッドといったかなり奇抜なデザインのメカですが、今の技術で作られ値段も比較的高めなだけあり、マーキングなどディテールは劇中のイメージ以上に凝っており、これまでのHI-METAL Rシリーズと同じスケールなので迫力もあってなかなかの格好良さに仕上がってました。
遊びの面では動くのがビーム砲と脚部くらいなので出来ることは限られてますが元々そういうメカなので特に気にならずバルキリーと並べると雰囲気も出て満足度は高かったです。
リガードに続き初代マクロスでは特に印象に残る敵のカムジンの乗機グラージまで発売されるということでそちらにも期待です。

元祖SDガンダムワールド ガンキラー、ROBOT魂 ネオファム、グライア、バーザム改など(魂ウェブ商店)



HI-METAL R リガード

HI-METAL R グラージ

コスモフリート スペシャル 超時空要塞マクロス SDF-1 マクロス(TV Ver.)(あみあみ)